GJ > 競馬ニュース > パワーアップで「5馬身差」の圧勝決めても知名度は? AJCC4着モリアーナとも接戦…もはや知らないじゃすまされない「珍名馬」が実力証明
NEW

パワーアップで「5馬身差」の圧勝決めても知名度は? AJCC4着モリアーナとも接戦…もはや知らないじゃすまされない「珍名馬」が実力証明

【この記事のキーワード】, ,

パワーアップで「5馬身差」の圧勝決めても知名度は? AJCC4着モリアーナとも接戦…もはや知らないじゃすまされない「珍名馬」が実力証明の画像1

 これほどの強さを見せつけられては、もはや知らないではすまされない?

 先週土曜に小倉競馬場で行われた10Rの戸畑特別(1勝クラス・芝2000m)を楽勝したのは、シランケド(牝4、栗東・牧浦充徳厩舎)だ。

 馬名のシランケドは関西の方言。自身の主張した発言の最後に「知らんけど」を足すことによって、もし「話の内容が異なっていたとしても責任は持てない」というニュアンスで使われる言葉である。競馬で例えるなら「このレースは○○が勝ちそうやな。知らんけど」といった感じだろう。

その強さはもう「知らんけど」ではすまされない?

 ユニークな馬名ということもあり、珍名馬としても競馬ファンに知られているシランケドだが、戸畑特別の勝ちっぷりはなかなかのものだった。

 近4戦で国分恭介騎手とコンビを組んだシランケドは、前走から約4ヶ月半近くの休養明けでプラス14キロのグラマラスな馬体で復帰した。17頭立てで行われた稍重に渋った芝2000mのレースを後方からひとまくり。最後の直線で2番手までポジションを押し上げると、後続馬との差をアッという間に広げ、2着に5馬身差をつけてゴールした。

 大きくパワーアップした姿を見せたシランケドだが、やはりレース実況で名前を呼ばれるたびにフフフとなってしまう。このレースでも「外を回ってシランケド、シランケド先頭に立った」「抜けたシランケド!シランケド、ゴールイン!シランケド」と真剣な実況にもかかわらず、少しふざけているようにすら聞こえてくる。

「いやあ、強かったですよ!シランケド。渋った馬場も問題なく道中の手応えも楽でしたね。先頭にたってからは流すだけという感じで余裕がありました。メンバーも1勝クラスの馬が相手でしたし、1番人気だったように順当勝ちではありますね。昨秋の紫苑S(G2)でモリアーナと接戦をして3着に入った実力馬です。この勢いなら重賞戦線に顔を出すようになるのも、そう遠くないかもです」(競馬記者)

 紫苑Sを制したモリアーナは、秋華賞(G1)に出走して5着。日曜中山のアメリカジョッキークラブC(G2)で4番人気4着と、まずまずの走りを見せたばかり。同世代のシランケドは、秋華賞への参戦は夏場の疲れが抜けなかったため回避したものの、それからじっくりと立て直され成長した姿を披露した。

 名前こそ珍名馬のシランケドだが、その実力は重賞級かもしれない。このまま順調に勝ち進むようなら、もはや知らないではすまされない存在感を発揮するのではないか。そう感じられたほど強さを見せつけた復帰初戦だった。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

パワーアップで「5馬身差」の圧勝決めても知名度は? AJCC4着モリアーナとも接戦…もはや知らないじゃすまされない「珍名馬」が実力証明のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅の「同期」が固め打ちでリーディング射程圏!「複勝率7割超」ゴールドシップ産駒との組み合わせは今後も要注目?
  2. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  3. 【中山記念(G2)予想】ソールオリエンス&エルトンバローズよりも狙いたい中山巧者! 実力発揮なら逆転の可能性十分
  4. 【チューリップ賞(G2)展望】桜花賞に向けて「イクイノックス妹」が負けられない一戦!朝日杯FS3着タガノエルピーダ、2戦2勝ミラビリスマジックなど素質馬も虎視眈々
  5. ディープインパクト最終世代の「超良血馬」がついに覚醒!? 母はG1・3勝の名牝、豪脚を引き出した武豊の手腕にも絶賛の声
  6. 【弥生賞(G2)展望】シンエンペラー×川田将雅が新コンビ結成!レガレイラ撃破のダノンエアズロックと一騎打ち
  7. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  8. 年度代表馬の「1年ぶり復活劇」が誰の印象にも残らなかった理由…芸術的な神騎乗だった岡部幸雄×皐月賞馬に見事な逆転勝利も
  9. かつてのスプリント王がサウジで日本馬を返り討ち!? 3000mで圧倒的な強さを見せた「元快速馬」にファンも困惑
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」