GJ > 競馬ニュース > 【根岸S】エンペラーワケア、サンライズフレイムに不安ありあり? 昨年はレモンポップが本番を制するも…「最適距離」の穴馬に勝算十分!
NEW

【根岸S】エンペラーワケア、サンライズフレイムに不安ありあり? 昨年はレモンポップが本番を制するも…「最適距離」の穴馬に勝算十分!

【この記事のキーワード】, ,

【根岸S】エンペラーワケア、サンライズフレイムに不安ありあり? 昨年はレモンポップが本番を制するも…「最適距離」の穴馬に勝算十分!の画像1

 28日の東京競馬場では、1着馬にフェブラリーS(G1)の優先出走権が付与される根岸S(G3)が行われる。昨年は本レースを快勝したレモンポップが、フェブラリーSとチャンピオンズC(G1)を勝利。2023年度の最優秀ダート馬に選出された。今年の優勝馬もこのレースをステップに世界へと羽ばたけるだろうか。

 25日現在、『netkeiba.com』が公開している単勝予想オッズによると、前走の御影S(3勝クラス・ダート1400m)を圧勝したエンペラーワケアが1番人気。2番人気に4連勝中のサンライズフレイム、少し離れた3番人気にタガノビューティーが続き、4番手以降は混戦ムードとなっている。はたして、人気の3頭で順当な決着となるだろうか。

 やはり気になるのは、先述の上位人気馬たちがイクイノックスやリバティアイランドのような絶対的な主役と言い切れないことだろう。ここまでの戦歴を振り返ってみても、人気を鵜呑みにしてしまうには、危なっかしいところもありそうだ。

 まず、川田将雅騎手とのコンビで人気に拍車の掛かるエンペラーワケアだが、底を見せたことがないと言い切れない点は懸念材料である。

 というのも、3走前に敗れた2勝クラスの2着が完敗だった。ダート1400m戦を果敢に逃げ、押し切りを狙ったものの、すぐ後ろを追走していたヘンリーに交わされると、3馬身も離されてしまった。勝ち馬のヘンリーは、その後レースに出走をしていないが、2走前にユニコーンS(G3)で7着に敗れていた相手だった。

 また、エンペラーワケアの勝った御影Sの勝ちタイム1分23秒4(稍重)にしても、昨年12月の阪神開催で、そこまで抜けていたとはいえない。川田人気で過大評価となるようなら、疑ってみる価値はありそうだ。

人気のエンペラーワケアとサンライズフレイムに不安材料

 対抗格のサンライズフレイムは、藤岡康太騎手とのコンビで4連勝中。トップジョッキーとはいえないパートナーで快進撃を続けていることは評価できるが、6戦5勝のダートで唯一敗戦を喫したレースは、名手D.レーン騎手が騎乗して3着だった。

【根岸S】エンペラーワケア、サンライズフレイムに不安ありあり? 昨年はレモンポップが本番を制するも…「最適距離」の穴馬に勝算十分!の画像2
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 ちなみにこのレースの勝ち馬は、戸崎圭太騎手が騎乗を予定しているパライバトルマリン(牝4、美浦・林徹厩舎)。今回の根岸Sにも出走するライバルに約2馬身半差で完敗していたのだ。

 そこでひとつ注目したいのは、ブライアンセンスが両馬の物差しとして参考になりそうなこと。サンライズフレイムが敗れた相手のパライバトルマリンをハナ差まで追い詰めた2着馬が本馬であり、ブライアンセンスはヘンリーとも対戦経験があった。

 先述したヘンリーが7着に敗れたユニコーンSで3着に入っていたのが、このブライアンセンス。同馬は先週の東海S(G2)で4着に健闘していたように、ダートの中距離で頭角を現しているホープ的な存在でもある。

 単純に対戦成績を参考にした場合、ブライアンセンスの能力が間接的にエンペラーワケアやサンライズフレイムを上回っていたという見方も可能な訳だ。この比較に誤差があるとしたら、その後の成長を考慮していない点と距離がダート1600m戦という点か。

 とはいえ、物差しとなったブライアンセンスを破っているパライバトルマリンの評価が下がる訳でもない。仮にエンペラーワケア<ヘンリー<サンライズフレイム<ブライアンセンス<パライバトルマリンと考えれば、配当的な妙味はこちらに分があるはず。

 近走は中距離に使われているが、本馬は陣営も「前進気勢が強い」、過去に騎乗したC.ルメール騎手も「1600mより1400mが良さそう」と評していたのだから、1400mが条件となる根岸Sはむしろ最適の舞台設定となる。逃げる競馬でブライアンセンスを破った1600m戦のラスト1ハロンは13秒0。勝ちタイム1分36秒7(良)から引くと、1400mなら1分23秒7で走れた計算だ。

 24日の追い切りでも美浦Wで5F70秒0ーラスト1F11秒7の好タイムをマーク。併せた相手を1馬身半追走して1馬身先着を決めて好調をアピールした。一気の距離短縮で折り合いを気にすることなく走れるここは、十分に能力を発揮できるかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【根岸S】エンペラーワケア、サンライズフレイムに不安ありあり? 昨年はレモンポップが本番を制するも…「最適距離」の穴馬に勝算十分!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 「大躍進」のスワーヴリチャードに引けを取らない名種牡馬!?「海外制覇」フォーエバーヤングの活躍から見えるリアルスティール産駒の可能性
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. ドゥラメンテ産駒「ダート女王」がいよいよ戦列に復帰!「2度のすれ違い」を経て武豊と待望のコンビ実現へ