GJ > 競馬ニュース > 【共同通信杯】武豊「距離延長歓迎」もライバルに不安なし…エコロヴァルツは絶好追い切り、2歳チャンプ打倒のカギを握るのは「アドマイヤ」のアレ?
NEW

【共同通信杯】武豊「距離延長歓迎」もライバルに不安なし…エコロヴァルツは絶好追い切り、2歳チャンプ打倒のカギを握るのは「アドマイヤ」のアレ?

【この記事のキーワード】, ,
【共同通信杯】武豊「距離延長歓迎」もライバルに不安なし…エコロヴァルツは絶好追い切り、2歳チャンプ打倒のカギを握るのは「アドマイヤ」のアレ?の画像1
エコロヴァルツ 撮影:Ruriko.I

 朝日杯フューチュリティS(G1)の借りを返す時が早くもやってきた。

 昨年の2歳チャンプ決定戦を優勝したジャンタルマンタルと2着に敗れたエコロヴァルツによる2度目の直接対決が実現する共同通信杯(G3)。ライバルが出走する舞台にあえての参戦を決断したのは、陣営も前回の敗戦が力負けではなかったと証明したいという思いがあるだろう。

 振り返れば朝日杯FSのジャンタルマンタルは、何もかもが完璧なレース運び。デビューから2戦で結果を残していた鮫島克駿騎手には同情したくなるが、手綱を引き継いだ川田将雅騎手も前任者と同じく文句なしの好騎乗でパートナーを勝利に導いた。

 ただ、完璧超人かとツッコミを入れたくなる人馬に対し、敗れたエコロヴァルツが不完全燃焼に終わっていたことも覚えておきたい。

 17頭立てで行われた芝1600mのレース。最内1枠1番からまずまずのスタートを決めたエコロヴァルツだが、道中で隣枠のミルテンベルクにぶつけられたため、ズルズルと後退する不利を受けたことが響いた。

完璧過ぎたジャンタルマンタルと不完全燃焼のエコロヴァルツ

 しかし、そこは百戦錬磨のレジェンド武豊騎手である。後方待機策に作戦を切り替え、最終コーナーで最後方から直線だけ大外に持ち出す末脚勝負を敢行。上がり最速となる3F34秒1の末脚を炸裂させ、ジャンタルマンタルの1馬身1/4差まで迫ってゴールした。

「勝ち馬に騎乗していた川田騎手が、性格の穏やかさやセンスの良さを評価していたように、ジャンタルマンタルは操縦性に優れた馬という印象が残りました。優等生的なレース運びで勝利したため、逆に強さが見えにくかったかもしれませんが、不利なく競馬が出来るのは強いからこそ。そういう意味でもエコロヴァルツとの再戦は面白そうです。

そういった意味では、エコロヴァルツもセンスのある馬です。大味な競馬になった朝日杯FSは、内枠からのスタートで不利を受けてしまい、他に選択肢がなかった結果。デビューから連勝を決めた2戦は積極策からの押し切り勝ちでした。今回は力と力の勝負になりやすい直線の長い東京コースが舞台。武豊騎手もライバル打倒に向けて秘策を練っているでしょう」(競馬記者)

【共同通信杯】武豊「距離延長歓迎」もライバルに不安なし…エコロヴァルツは絶好追い切り、2歳チャンプ打倒のカギを握るのは「アドマイヤ」のアレ?の画像2
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 ちなみに武豊騎手は、自身の公式ホームページにて、「強敵はいますが、距離延長はこちらの利かなと、前向きに考えています。ご期待ください」と悪くない感触を伝えている。

 対するジャンタルマンタルも父Palace Maliceは弟に昨年の天皇賞・春(G1)を制したジャスティンパレス、ステイヤーズS(G2)を制したアイアンバローズといったステイヤーの血が入る種牡馬。こちらも距離延長に不安のない血統といえる。武豊騎手のニュアンスとしては、相手よりもエコロヴァルツの競馬がしやすくなるという意味合いかもしれない。

 また、2頭との直接的な関係はないものの、過去の共同通信杯で朝日杯を優勝した馬の勝利が1994年のナリタブライアンを最後に出現していない点は、エコロヴァルツにとって追い風となる傾向だ。

 その間に2頭の朝日杯優勝馬が出走して2着が2度あったのだが、1頭は2006年のフサイチリシャール(1着アドマイヤムーン)、もう1頭は19年のアドマイヤマーズ(1着ダノンキングリー)である。

 勘のいい読者はお気づきだろうが、勝った馬も負けた馬もアドマイヤ冠名のつく馬。レジェンドと因縁のある名物オーナーの所有馬。敗れたアドマイヤマーズに騎乗していたのはM.デムーロ騎手で、勝利したアドマイヤムーンに騎乗していたのは武豊騎手だった。

 当時は先に抜け出しを図った2歳チャンプを徹底マークしての差し切り勝ち。相棒のエコロヴァルツも7日の追い切りで、栗東の坂路を4F54秒7-12秒4(馬なり)と絶好の気配。今年のレジェンドが、どのような手綱捌きを見せてくれるのかにも注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【共同通信杯】武豊「距離延長歓迎」もライバルに不安なし…エコロヴァルツは絶好追い切り、2歳チャンプ打倒のカギを握るのは「アドマイヤ」のアレ?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今年6勝「大苦戦」M.デムーロにセラフィックコール主戦降板の悲報…「この馬は化け物」「モノが違う!」とベタ惚れもキャリア初の大敗から3か月
  2. 武豊「一発回答」チューリップ賞(G2)制覇に元主戦・永島まなみは何を思う?「またコンビを組ませていただける時は…」20年の時を経て巡り合ったスイープトウショウと武豊の不思議な関係
  3. 【弥生賞ディープインパクト記念(G2)予想】渾身の三連複「1点」勝負! シンエンペラーからの好配当狙い
  4. 永島まなみ「ゴルシワープ」で単勝115.6倍完勝に絶賛の嵐! スウィープフィート武豊に乗り替わりで勝たれるも…翌日最初のレースで超人気薄と大仕事
  5. 戸崎圭太も横山武史もヒヤリ…2ヶ月「16勝」関東リーディング3位「新女王」R.キング「5勝固め打ち」フィニッシュに別れを惜しむ声続々
  6. 武豊やC.ルメールでさえ「NGリスト」の個性派オーナーが存在感…お気に入りはG1前に「無念の降板」告げた若手騎手、過去に複数の関係者と行き違いも?
  7. 【金鯱賞(G2)展望】“低レベル疑惑”4歳牡馬最後の砦? 天皇賞・春(G1)へ向けてドゥレッツァがいよいよ始動!
  8. アドマイヤ軍団が「G1・45連敗」武豊と絶縁し「40億円」と引換えに日本競馬界フィクサーの”逆鱗”に触れた凋落の真相?
  9. JRA 武豊「忖度なし」乗り替わりにファンから同情の声!? 「踏み絵でも踏ませる気か……」蜜月厩舎との疎遠が影響か
  10. 【中山牝馬S(G3)展望】昨年はスルーセブンシーズがここから飛躍! 「今年のC.ルメール」は国枝栄厩舎×ゴドルフィンの遅れてきた好素材