GJ > 競馬ニュース > きさらぎ賞(G3)を勝ったばかりの調教師が「代打オレ」で騎手デビュー!? JRA発表の2024年「新人騎手」が話題に
NEW

先週重賞を勝った調教師が「代打オレ」で騎手デビュー!? JRA発表の2024年「新人騎手」が話題に

【この記事のキーワード】, ,
先週重賞を勝った調教師が「代打オレ」で騎手デビュー!?  JRA発表の2024年「新人騎手」が話題にの画像1
撮影:Ruriko.I

「アリガトウゴザイマス!」

 先週のきさらぎ賞(G3)は、1番人気のビザンチンドリームが勝利。鞍上のR.ピーヒュレク騎手は、これが日本の重賞初勝利となった。今年、初の短期免許で日本競馬に参戦したが、これが3勝目と苦戦を強いられている。それだけに「実は『負けた』と思っていました。勝つことができたのは、関係者の皆さまのおかげ。本当にうれしいです」と喜びもひとしおだったようだ。

 その一方、「うれしいです」と素直に喜びを表した坂口智康調教師は、2022年にエイシンクリックで阪神スプリングジャンプ(G2)を勝利しているが、これがJRAの平地初重賞。厩舎にとってもメモリアルな勝利となった。

 この勝利で管理馬と共にクラシックの大舞台を目指すことになった坂口調教師だが、そのわずか2日後に「思わぬ形」で話題になることを予想していただろうか。

JRA発表の2024年「新人騎手」が話題に

 坂口調教師がきさらぎ賞を勝った2日後の6日、JRAが2024年度の新規騎手免許試験合格者8人を発表。この8名は3月から新人騎手としてデビューを果たすことになるのだが、その中に「坂口智康」の名があったのだ。

 現役調教師が、まさかの騎手転向か。いや、調教師を引退していないのだから、騎手と調教師の兼業ということになるのか……。

 実際に現在こそいなくなったが、戦前の競馬界では自らの手で仕上げた馬に乗ってレースに出走するという騎手と調教師の兼業が当たり前の時代だった。代表的な稲葉幸夫騎手兼調教師は、日本ダービーや有馬記念などの八大競走を13勝もした名手兼名伯楽である。

 現在で挙げれば、例えば今週の共同通信杯(G3)と京都記念(G2)をベラジオボンドとベラジオオペラでW獲りを目指す上村洋行調教師は、サイレンススズカやスリープレスナイトなどに騎乗した元ジョッキーで、厩舎開業後も管理馬の追い切りに騎乗している。

 様々な物事が物凄いスピードで進化し続けている現代、坂口調教師は新たな調教師のスタイルに挑戦しようとしているのだろうか。まさに元ヤクルトスワローズの選手兼任監督だった古田敦也氏の「代打オレ」である。新人の「坂口智康」騎手が平地に比べて体重制限の優しい障害専門でデビューすることも、なんだか真実味に拍車を掛けていると言えなくもない。

 だが、そんなはずはない。何故なら、1939年にJRAが騎手・調教師免許の二重所持を禁止する「調騎分離」を打ち出しているからだ。

 よくよく調べてみると、どうやら新人の「坂口智康」騎手は、坂口智康調教師とはまったく同姓同名だそうだ。2020年から尾形和幸厩舎で調教助手をしており、そこから騎手デビューという異例の経歴の持ち主。『東スポ競馬』の取材によると、本人も同姓同名の調教師がいることを知っており、「夢が叶うといいな」とコンビ結成の時を楽しみにしているという。

 騎手が坂口智康、調教師も坂口智康。果たして、コンビ結成の暁にはJRAの公式ホームページなどでは、どのように表記されるのだろうか。「調教師って、騎手もやっていいの?」と誤解を招くファンが出るかもしれないが、今から楽しみだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

2016年3月にオープンした「真剣勝負の裏にある真実に切り込む」ニュースサイト。娯楽業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

先週重賞を勝った調教師が「代打オレ」で騎手デビュー!? JRA発表の2024年「新人騎手」が話題にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. M.デムーロ「バケモノ感がある」デビュー5連勝を飾った重賞ウイナーの弟が豪快なまくり勝ち! ダービー馬輩出の出世レース制し春クラシックに急浮上
  2. 武豊と初勝利のキタサンブラック弟に早くも「種牡馬入り」を望む声!? ドゥラメンテの血を継ぐ魅力的血統背景…半兄は「中央未勝利」でスタッドイン
  3. 戸崎圭太に新たな「出会い」の予感!? 出世レース快勝のクラシック有力馬に続きイクイノックス、ドウデュース一蹴の「実力馬」が復調を予感させる走り
  4. 横山典弘不在でも「例のプール調教」は効果抜群!好走光る穴馬は高松宮記念で不気味な存在…「まともな追い切り」なしでも成績安定
  5. 【弥生賞】武豊の「ゴールポスト」を動かす戦友が刺激! 同一重賞6勝のライバル凌ぐ得意舞台…サンライズジパングに「大物撃破」の可能性十分
  6. 【弥生賞】競馬界のタブーを破る陣営の本音を公開!絶好調レジェンド武豊騎手が9勝目を狙うサンライズジパングの勝機は?
  7. 【弥生賞】「ウマ娘」で話題のオーナーが国内外で存在感!海外重賞制覇にオルフェーヴル、ジェンティルドンナの実装…川田将雅とシンエンペラーにも注目
  8. 武豊「心の声が漏れ過ぎましたね」に松島オーナーは動揺!?「生きた心地がしなかった」主戦不在のドウデュース…フランスの“アレ”や宝塚記念も視野
  9. 10万馬券を演出した今村聖奈、C.ルメール「勝ち馬は驚くくらい強かった」超大物誕生の予感? エピファネイア産駒の「早熟説」はもはや過去? アーモンドアイ初仔アロンズロッドに朗報か【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 岩田望来「大役」果たせずJ.モレイラに乗り替わりへ…明暗分けた4コーナーからのコース取りに指揮官は「さばきの差が出た」