GJ > 競馬ニュース > 【関屋記念(G3)展望】
NEW

【関屋記念(G3)展望】JRA・G1好走ケイデンスコールに期待大! 経験豊富な古馬との初対決

【この記事のキーワード】, ,

【関谷記念(G3)展望】JRA・G1好走ケイデンスコールに期待大! 経験豊富な古馬との初対決の画像1

 

 8月11日、新潟競馬場で開催されるサマーマイルシリーズ第2弾、関屋記念(G3、芝1600メートル)を展望しよう。

 昨年の関屋記念はNHKマイルC(G1、芝1600メートル)で5着だった3歳牝馬プリモシーンが1番人気に応えて見事優勝した。今年はNHKマイルCで2着だった3歳牡馬ケイデンスコール(牡3歳、栗東・安田隆行厩舎)が上位人気に支持されそうだ。2年連続で3歳馬が関屋記念を制覇できるのだろうか。

 ケイデンスコールはとにかく左回りに強い。新潟コースは未勝利戦(芝1600メートル)と新潟2歳S(G3、芝1600メートル)で2戦2勝。新潟以外の左回りコースも中京の新馬戦(芝1600メートル)で2着、東京のNHKマイルCで2着とオール連対。新潟2歳Sの後、阪神の朝日杯FS(G1、芝1600メートル)で13着、毎日杯(G3、芝1800メートル)で4着だったためNHKマイルCでは14番人気という低評価だった。競馬ファンは同馬の左回り巧者振りを見抜けなかったのだ。

 エンジンのかかりは遅いが直線の長い左回りであれば息の長い末脚を使える。これまで6戦して上がり3F最速は5回記録している。別定53キロは57キロの牡馬に比べればかなり有利だ。優勝候補の筆頭と言っていい。

 ミッキーグローリー(牡6歳、美浦・国枝栄厩舎)は昨年9月の京成杯AH(G3、芝1600メートル)で重賞を初制覇すると、続くマイルCS(G1、芝1600メートル)では0.2秒差の5着に好走した。すでに6歳馬だが、まだ13戦しかしていない。その内分けも【6・1・3・2】と安定。ここでは骨折明けの克服がカギとなる。鞍上予定はC.ルメール騎手なので人気になってしまうのは仕方あるまい

 昨年のローズS(G2、芝1800メートル)で2着だったサラキア(牝4歳、栗東・池添学厩舎)は、その後やや足踏みしたものの前走のエプソムC(G3、芝1800メートル)で7番人気ながら2着に好走した。父ディープインパクト、独オークス馬である母サロミナという良血が開花しつつあるようだ。東京と中京で結果を出しているので、初の新潟はプラスに働くと見る。

【関屋記念(G3)展望】JRA・G1好走ケイデンスコールに期待大! 経験豊富な古馬との初対決のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  2. C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声! G1・2連勝も昨夏「他界」した全兄の分まで…陣営が描く壮大な夢
  3. 関東の大ベテランが「205戦ぶり」の祝杯! ヴィクトリアマイルで「G1史上最高配当」を演出した稀代の穴男、JRA通算1000勝の大記録へ
  4. 千直女王・藤田菜七子「超高速スタート」で14番人気2着の激走!「すごく頑張ってくれました」不利な内枠を覆して16万馬券演出
  5. 「東京2400mで買うべき馬」これぞダービージョッキーの金言!オークス&日本ダービーのヒントが満載!ステレンボッシュ、ジャスティンミラノを上回る期待馬がいる!
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 【日本ダービー】ジャスティンミラノに立ちはだかる不吉な予兆!? ディープインパクト、コントレイルはクリアも…無敗の二冠馬が「1勝3敗」の落とし穴
  8. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  9. 武豊「幸四郎みたいな感じ」シュガークンにブラックジョーク!? レジェンドの“全弟”が騎手として「兄を圧倒」した意外性
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬