GJ > 競馬ニュース > 【徹底考察】ビッグアーサー
NEW

【徹底考察】セントウルS(G2) ビッグアーサー「アーサー王にとって、実りの秋に向けた船出となるか。目指すは遥かなる『龍王』の後継」

【この記事のキーワード】, ,
biga-sa-.jpgビッグアーサー(JRA公式サイトより)

『考察』

 デビュー戦を完勝して以来、10戦連続で1番人気を背負い続けているビッグアーサーだが、G1馬として迎える今回で、その記録が11戦に伸びることはほぼ間違いないだろう。

 前走の高松宮記念は開催最終週にもかかわらず異常な好時計が連発し、後に大きな物議を呼ぶことになった「疑惑の馬場」だったが、すでに1分6秒7という高松宮記念出走馬No.1の持ち時計を持つ”高速馬場の申し子”には追い風でしかなかった。

 前半の3ハロンが32.7秒というハイペースも楽に4番手を追走したビッグアーサー。最後の直線で抜け出したミッキーアイルを3/4馬身捕らえ切ってゴールした。この週はすでに1000万下、500万下で中京芝1200mのレコードが塗り替えられていたが、最後はやはりG1の高松宮記念で1分6秒7というスーパーレコードが飛び出して幕を下ろした。

 11戦して7勝を挙げ、馬券圏外が1度しかないスプリント王が得意の1200m戦に出走しているのだから、特にケチを付けるところはない。強いて言えば、前に有利な開幕週の馬場と初めて背負う58㎏の斤量か。1週前追い切りでは軽快な動きを見せており「1週前にしっかりやるのがいつものパターン。狙い通り」と陣営にも抜かりはないようだ。

 また、得意の高速馬場という意味では、ビッグアーサーにとって開幕週は大きな味方になるといえるだろう。

【徹底考察】セントウルS(G2) ビッグアーサー「アーサー王にとって、実りの秋に向けた船出となるか。目指すは遥かなる『龍王』の後継」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは