GJ > 競馬ニュース > 川田将雅、武豊へ謝罪!?  > 2ページ目
NEW

JRA川田将雅「変な競馬になって」武豊へ謝罪!? みやこS(G3)1番人気インティ最下位大敗に“疑惑”の声……

【この記事のキーワード】, , ,

JRA川田将雅「変な競馬になって」武豊へ謝罪!? みやこS(G3)1番人気インティ最下位大敗に“疑惑”の声……の画像2

「今年の安田記念(G1)で2番人気のダノンプレミアムに騎乗していた川田騎手ですが、スタート直後に不利を受け、ほぼ何もせずに最下位でゴール。レース直後には下馬するシーンもありましたが、結果的に異状なし。関係者の間でも『一体、なんだったたんだ?』と話題になりました。

そういったこともあって、今回の大敗にも“疑惑の目”が……。

関西の某騎手が『あれはインティ(の暴走)を抑えきれなかった照れ隠し。たまたま不利を受けたから、これ見よがしに大袈裟に下げただけ』と言えば、『もともとスミヨンと仲悪いから、ちょうどよかったんじゃない?』『昔から、そういう癖(オーバーアクション)あるな』という声も」(同)

 また、記者によると今年4月に四位洋文騎手も似たようなケースで激怒していたという。

「1番人気のダノンディーヴァに騎乗して、レースを勝った四位騎手でしたが、ゴール前で斜行したとして騎乗停止に。その時の被害馬が川田騎手のアバルラータだったんですが、どうやら川田騎手が後ろにいることをアピールしていなかったようで……。

騎手は普通、レース中の事故を避けるために、自分の馬に手応えが残っていれば声を出してアピールするんですが、四位騎手には川田騎手の声がまったく聞こえなかったそうです。四位騎手からすれば、ハメられたようなものと思っているでしょうね」(同)

 レース後、四位騎手は川田騎手から「気をつけてくださいよ」と忠告されたらしいが、相当頭に来ていたという。先週のみやこSでJRAから制裁を受けたスミヨン騎手の騎乗を擁護するつもりはないが、川田騎手の方にも色々と問題がありそうだ。

JRA川田将雅「変な競馬になって」武豊へ謝罪!? みやこS(G3)1番人気インティ最下位大敗に“疑惑”の声……のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活