GJ > 競馬ニュース > キャロット「屈辱」のG1未勝利!?
NEW

JRAキャロットファーム「屈辱」のG1未勝利!? ノーザンファーム主体クラブの「形勢逆転」巻き返しの鍵は「アワブラ」の存在か

【この記事のキーワード】,

JRAキャロットファーム「屈辱」のG1未勝利!? ノーザンファーム主体クラブの「形勢逆転」巻き返しの鍵は「アワブラ」の存在かの画像1

 今年も残すところ1カ月を切り、G1レースもあと5つ(障害レース含む)。

 三冠馬3頭の共演で大盛り上がりを見せたジャパンC(G1)を筆頭に、牡馬牝馬の三冠レースなど、見どころある一年であった今年。最強牝馬として現役を退いたアーモンドアイなど、シルクレーシングの勝負服(水色、赤玉霰、袖赤一本輪)が多くのG1で活躍した。

 近年、大きな躍進を見せたシルクレーシングだが、これに大きく関わっているのがノーザンファーム。2011年にノーザンファームと提携したシルクレーシングは、7年後の2018年から大ブレイクしている。

 それまで有馬記念(G1)のシルクジャスティス(1997年)、オークス(G1)のシルクプリマドンナ(2000年)、阪神JF(G1)のローブティサージュ(2012年)とG1で3勝しかしていなかったが、2018年にアーモンドアイが牝馬三冠を達成すると、勢いそのままにジャパンCも制覇。年末にはブラストワンピースが有馬記念を勝利し、中央競馬のG1を年間で5勝した。

 昨年のアーモンドアイは1勝(ドバイターフ除く)に留まったが、インディチャンプが春秋マイルG1を制覇し、サリオスも朝日杯FS(G1)勝利も加わり4勝。今年はラウダシオンのNHKマイルC(G1)勝利に始まり、再びアーモンドアイが3勝と勢いは止まらない。

・シルクレーシングのG1成績
2012年 1- 1- 0- 2/ 4
2013年 0- 0- 1-10/11
2014年 0- 0- 0-11/11
2015年 0- 1- 0-10/11
2016年 0- 0- 0- 5/ 5
2017年 0- 0- 0- 8/ 8
2018年 5- 0- 0-12/17
2019年 4- 3- 1-11/19
2020年 4- 5- 4-16/29

 近3年は4勝以上のG1勝ちをキープし続けるシルクレーシング。今年の有馬記念でも、グローリーヴェイズは出走未定なものの、オーソリティ、サラキア、ブラストワンピースと3頭以上の出走を予定しており、その勢いは飛ぶ鳥を落とす勢いだ。

 一方、先週行われたチャンピオンズC(G1)では、断然の1番人気クリソベリルが4着に沈んだキャロットファーム。シルクレーシングとは対照的に、今年は今だ勝ち星がない。

 1999年産までは出口牧場やグリーンヒルスタッド等が関連した外国産馬を多く扱っていたが、2000年産以降は経営者も代わりノーザンファーム生産馬が主体に。ここまで成績を伸ばしてきたが、今年は2012年以来となる「JRA・G1未勝利」のピンチを迎えている。

・キャロットファームG1成績
2012年 0- 1- 1-17/19
2013年 1- 3- 0-13/17
2014年 2- 3- 2-15/22
2015年 2- 3- 2-15/22
2016年 2- 2- 2-19/25
2017年 1- 4- 0-16/21
2018年 3- 2- 0-10/15
2019年 5- 1- 1-20/27
2020年 0- 2- 0-11/13

JRAキャロットファーム「屈辱」のG1未勝利!? ノーザンファーム主体クラブの「形勢逆転」巻き返しの鍵は「アワブラ」の存在かのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは