GJ > 競馬ニュース > 中日新聞杯「結婚」サイン馬券決着!
NEW

JRA CM出演の松坂桃李「結婚」サイン馬券決着! 中日新聞杯(G3)上位入線、唯一の人気薄は「戸田」ではなく……

【この記事のキーワード】,

JRA CM出演の松坂桃李「結婚」サイン馬券決着! 中日新聞杯(G3)上位入線、唯一の人気薄は「戸田」ではなく……の画像1

 12日、中京競馬場で行われた中日新聞杯(G3)は、2番人気のボッケリーニが勝利。2着に9番人気シゲルピンクダイヤ(牝4歳、栗東・渡辺薫彦厩舎)、3着には1番人気のヴェロックスが入線した。

 レースは18頭立てのフルゲート。まずまずのスタートを切ったタガノアスワドがかかり気味にハナを奪った。シゲルピンクダイヤが外から出していき先行。ボッケリーニはスタートを決めたが外を行かせて好位を追走し、それを見るようにヴェロックスも外から進めた。

 最後の直線では、先に抜け出したシゲルピンクダイヤに、外からヴェロックスが襲い掛かる。しかし、松山弘平騎手が「スタートを上手に出て、リズム良く脚を溜められました」とレース後に話したように、4列目のインでジックリと脚を溜めたボッケリーニがイン強襲。最後は前をいくシゲルピンクダイヤをクビ差交わしたところがゴールだった。

「直線は狭いところを突いて力強い競馬をしてくれましたね。明けてまだ5歳ですし、これからの馬。兄のラブリーデイのような活躍をしてほしいですね」と、G1・2勝の兄の名を挙げて今後の期待感を口にした松山騎手。兄弟としては、ラブリーデイ以来の大物感を漂わせる勝利となった。

 1番人気のヴェロックスは健闘するも3着。「ゲートはうるさかったけど、レース自体はスムーズでした。4角までの手応えは抜群でしたが、そこからが乗り切れなかった。これで変わってくれば……」と川田騎手。今回は9カ月半のリフレッシュ放牧明けだっただけに、こちらは次走の変わり目が期待できそうだ。

JRA CM出演の松坂桃李「結婚」サイン馬券決着! 中日新聞杯(G3)上位入線、唯一の人気薄は「戸田」ではなく……の画像2

 一方、馬券圏内で唯一人気薄だったのがシゲルピンクダイヤだ。チューリップ賞(G2)、桜花賞(G1)と2着し、秋華賞(G1)でも3着。牝馬クラシックを盛り上げた実力馬が、久々の好走で2強の間に割って入った。

 戦前「前走の敗因は馬場だと思う。稽古の動きも良く体調は申し分ないし、力を出し切れば……」と語っていた渡辺薫彦調教師。まさに力を出し切った競馬で、世代上位の力を見せつけたといえるだろう。

「調教師も話しているように前走は重馬場でしたし、枠も最内で道中は馬場の悪いところを走らされていました。3コーナー辺りから手応えも怪しかったですし、今回見せた走りが本当の実力でしょう。戦ってきた馬を考えれば、まだまだ上を目指せる馬だと思いますよ」(競馬記者)

 確かに、前走は1枠1番で道中は終始内々を追走。8頭立てのレースで、上位3頭が後方外目を追走した馬たちだった。

「流れが向いたし、プレッシャーもなく運べた。正攻法の競馬で走り切れたのは良かったね。それにメンコを着けたことで消耗もしていなかった。馬の中身も良かったし、まだまだやれるよ」とレース後に語ったのは戸田……ではなく、和田竜二騎手。

 10日に松坂桃李さんと戸田恵梨香さんが結婚したニュースが世間を騒がせたが、松坂桃李のシゲル “ピンク(桃色)” ダイヤ激走は、サイン派も大喜びの馬券になったのではないだろうか。

JRA CM出演の松坂桃李「結婚」サイン馬券決着! 中日新聞杯(G3)上位入線、唯一の人気薄は「戸田」ではなく……のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは