GJ > 競馬ニュース > タイムトゥヘヴン「8馬身差」圧勝!
NEW

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とは

【この記事のキーワード】,

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とはの画像1

 桜の女王の血が、ついに目覚めた。

 26日、中山競馬場で行われた3R・2歳未勝利は、3番人気のタイムトゥヘヴン(牡2歳、美浦・戸田博文厩舎)が圧勝。2006年の桜花賞馬キストゥヘヴンの仔が、母仔クラシック制覇へ大きく名乗りを上げた。

 18頭立てで行われた芝2000mのレース。課題のスタートを決めたタイムトゥヘヴンは、積極的に前へ。ハナを主張したシックセーラーを行かせる形の2番手をキープすると、1000m通過62秒の流れを楽に追走した。

 4角先頭を決めてからは、まさに独壇場だった。ロングスパート合戦にライバルたちが次々と脱落する中、後続をぶっちぎっていくタイムトゥヘヴン。最後は2着馬に8馬身差をつける圧勝劇だった。

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とはの画像2

「強い競馬でしたね。レース後に鞍上の北村友一騎手が『3回目のレースで、道中はすごくリズム良く集中して走ってくれた』と振り返った通り、今回は課題のスタートも決まりましたし、道中の折り合いも抜群でした。

母が桜花賞馬のキストゥヘヴンで、父がロードカナロアなので、マイル辺りが良さそうなイメージでしたが、タイムトゥヘヴンはスタミナがありそうな印象。時計のかかるこの時期の中山で、レースも消耗戦になりましたが、1頭だけ次元の違う走りでした。

皐月賞と同じ中山2000mで強い勝ち方をしましたし、来年のクラシックが楽しみな存在になりそうです」(競馬記者)

 一方で桜花賞馬の仔として、来年のクラシックで注目される存在になりそうなタイムトゥヘヴンだが、まだまだ幼い面もあるようだ。

「レースは8馬身差の圧勝とド派手でしたが、北村友騎手が『まだ直線などは遊んでいる気がして、馬自身にすごく余裕がある』と話した通り、後続を突き放した最後の直線でムチを入れられた際は、右へ左へとヨレるシーンも。まだ幼い感じですし、この辺りが解消すれば、さらに良くなりそうです。

距離をこなせるロードカナロア産駒といえば、先日引退したアーモンドアイが有名ですよね。あの馬もお母さんはエリザベス女王杯(G1)を勝ったフサイチパンドラと、血統面でもファンの多い馬だっただけに、タイムトゥヘヴンも今後ますます人気を集めるかもしれません」(別の記者)

 レース後、「能力を感じました」と評価した北村友騎手は、翌日の有馬記念(G1)でファン投票1位を獲得したクロノジェネシスの主戦騎手でもある。勢いに乗る若手騎手が、またもクラシック候補を手に入れたのかもしれない。

桜花賞馬キストゥヘヴンの仔タイムトゥヘヴンが「8馬身差」圧勝でクラシック候補に名乗り! 北村友一「能力を感じた」最強女王アーモンドアイとの「共通点」とはのページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?