GJ > 競馬ニュース > JRA2020ジョッキー!ニュースTOP5
NEW

【JRA2020ジョッキー!ニュースTOP5】川田将雅悲喜こもごも、武豊過去10年最多勝利、横山典弘の天才っぷりに翻弄!? 低迷デムーロ復活の鍵は? JRAレジェンドがSNSで活躍

【この記事のキーワード】, ,

【JRA2020ジョッキー!ニュースTOP5】川田将雅悲喜こもごも、武豊過去10年最多勝利、横山典弘の天才っぷりに翻弄!? 低迷デムーロ復活の鍵は? JRAレジェンドがSNSで活躍の画像1

 先週末で2020年のJRA競馬の全レースが終了。そこで今回は、今年印象に残った『ジョッキー』のニュースを振り返ってみた。暇つぶしがてらご笑覧いただけたら幸いだ。

【1位】川田将雅騎手悲喜こもごもな1年

 今年最も浮き沈みが激しかった騎手は、川田将雅騎手だったのではないだろうか。

 年始から順調に勝ち星を伸ばすと、1月末のアメリカジョッキーCC(G2)をブラストワンピースで勝ち、2020年重賞初制覇を達成。順風満帆なスタートを切ったかと思いきや、小倉大賞典(G3)で単勝1.4倍に支持されたヴェロックスで9着、阪神大賞典(G2)で単勝1.6倍に支持されたキセキで10着など、前半はとりわけ人気馬での取りこぼしが目立った。

 またG1では、昨年から負けが止まらず19連敗。そのまま12月に入り、G1勝利数0で2020年を終えるかと思いきや、朝日杯FS(G1)を7番人気グレナディアガーズで勝利すると、翌週のホープフルS(G1)もダノンザキッドで完勝。あれほど勝てなかったG1を2週連続で優勝する偉業を成し遂げた。

 誰よりもG1で結果を出せないことを気にかけていたのは、川田騎手本人だったのだろう。レース後のインタビューでは、ダノンザキッドがかつて所属していた安田隆行厩舎の管理馬だっただけに、師匠への恩返しができて感極まった様子で漢泣きする姿も見せている。

 終わりよければ全て良し、を体現したような川田騎手。2021年もさらなる活躍に期待したい。

【関連記事】
JRA川田将雅「ポツン」で単勝2.1倍タガノディアマンテ惨敗……ダイヤモンドS(G3)1番人気も「競馬になってない」


JRA通算1500勝達成も、問われる川田将雅の“詰めの甘さ”!? 小倉2歳S(G3)モントライゼ2着で、泥沼状態を抜け出せず……


JRA川田将雅「G1勝てない」ジンクスに終止符! 7番人気グレナディアガーズで朝日杯FS(G1)勝利…… 屈辱の「20連敗」阻止に破顔一笑

【2位】武豊騎手の熟練した手綱さばき、人心掌握術が冴え渡る

 齢50を超えてもその手腕は衰えるところを知らず。それどころか、今年は115勝を挙げ、過去10年で最多の勝ち星を挙げた武豊騎手。

 そしてその活動範囲は日本だけにとどまらず、2020年も果敢に凱旋門賞(仏G1)に挑戦。だがスプリンターズSや秋華賞など、JRAのG1をキャンセルし、不退転の決意で挑んだもの、騎乗予定だったジャパンの飼料に禁止薬物が含まれていたため、出走取消の憂き目にあってしまう。

 レース前日に下された、あまりにも無慈悲な決定。武豊騎手には計り知れないほどのショックが襲ったはずだ。しかし、凱旋門賞当日にはそれをおくびにもだすことなく、レースを観戦し、さらに関係者たちのフォローにも回っていたというから驚きだ。

 残念ながら今年はG1競走未勝利に終わった武豊騎手だが、今後も大舞台で存在感を示してくれるはずだ。

【関連記事】
有馬記念(G1)「武豊の法則」でワールドプレミアに1着なし!? 4243勝レジェンドが「特に面白みのない魅力に欠ける存在」と言われ続ける理由

JRA武豊、凱旋門賞(G1)不参戦「裏話」を語る。L.デットーリから「心配メール」クールモアグループ「VIPルーム」で生観戦

武豊「前人未踏」のJRA全G1制覇。ホープフルS(G1)でリーチならず、迫りくる「引退」へのタイムリミット

【JRA2020ジョッキー!ニュースTOP5】川田将雅悲喜こもごも、武豊過去10年最多勝利、横山典弘の天才っぷりに翻弄!? 低迷デムーロ復活の鍵は? JRAレジェンドがSNSで活躍のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着
  2. 菊花賞を前に「無念のリタイア」から約2年…イクイノックス&ドウデュース世代の「元クラシック候補」が待望の復帰!
  3. 「コンビ復活」C.ルメールと負けられない戦い!ジャスティンミラノ、ダノンデサイルに引けを取らない素質馬が登場
  4. C.ルメール「恒例のアレ」でリーディング争いも一休み? 酷暑予想の新潟参戦もノーザンファームがバックアップ
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  7. D.レーン「緊急登板」で宝塚記念に参戦濃厚! 3連勝中のパートナーにダービー馬以上の手応えも…武豊ドウデュースに「思わぬ難敵」登場か
  8. レイデオロ「期待の星」が今週末デビュー!晩成かそれとも早熟か…2年目の巻き返しへ勝負の夏
  9. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  10. C.ルメール「定位置」返り咲きは時間の問題?川田将雅を圧倒した5月の快進撃… 「コンビ4戦4勝」ジャスティンパレスと宝塚記念参戦!