GJ > 競馬ニュース > ダイワメジャー産駒「最後の大物」候補とは...
NEW

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏が“G1級”と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、セリフォスがなぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのか

【この記事のキーワード】, ,

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏がG1級と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、なぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのかの画像1

 もしかしたら相当な大物なのかもしれない。

 そう思わせる走りを見せたのは、29日の新潟2歳S(G3)を勝利したセリフォス(牡2、栗東・中内田充正厩舎)だ。

 6月の中京でデビュー勝ちを決めたダイワメジャー産駒は、前走から2か月半ぶりの休み明け。2戦目で見事に重賞勝利を飾り、2歳チャンプの座も視野に入る前進を見せた。

 ここまでなら例年と変わらないのだが、今年は異なるかもしれない。

「セリフォス。アドマイヤマーズなんかに似てて、走るダイワメジャー。今の馬場で内から併せてグッと来とるからね。オレが現役時代に好きやったタイプで、マイルならいいところまでいける」

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏がG1級と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、なぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのかの画像2

 能力の高さを感じるレースぶりに、元JRA騎手の安藤勝己氏は自身の公式Twitterで即座に反応。「現役時代に好きやったタイプ」と評し、香港マイル(G1)を含むG1・3勝馬アドマイヤマーズの名前も出すほどの大絶賛だった。

 では、セリフォスの走りがいかに目を引いたのか、安藤氏とは別の角度で振り返ってみたい。

 新潟2歳S(G3)は、2歳馬による新潟・芝1600mのマイル重賞。外回りの最後の直線659mは、ほぼ平坦となっている。長い直線で有名な東京競馬場をも凌ぐ日本最長を誇るだけに、差し馬が末脚を活かしやすいコース設定だ。逃げ馬が苦戦しやすい傾向も、このコースの特徴である。

 その一方、今年は谷川岳S(L)を逃げたシュリ。関屋記念(G3)を2番手からロータスランドが抜け出したように、むしろ前残りする馬場状態でもあった。内側が荒れていれば外差し馬場になるため、それほど内も悪くなかったということだ。

 そして、デビュー戦を2番手から押し切ったセリフォスは、父ダイワメジャー同様に先行抜け出しがベストの戦法と思われていた馬。イメージされたのは、父同様に早め先頭から押し切る形が勝ちパターンだっただろう。コンビを組む川田将雅騎手もおそらくそう考えていたのではないか。

 ところが、スタートしてすぐに3番人気に支持されたコンビを襲ったのは出負け。その結果、好位につけるどころか、中団前目とやや後ろのポジションでのレースを強いられることとなる。

 それでも冷静な手綱捌きを見せたのは、川田騎手がトップジョッキーたる所以か。1枠1番という最内枠を引いた幸運も味方した。パートナーをインピッタリに走らせ、ポジションを上げる。最後の直線でも安易に外へ出さず、最短距離を走れる最内を狙ったのは好判断だった。

 ただ、川田騎手の好騎乗が光ったにせよ、勝利したのはセリフォス自身の能力ということは間違いない。なぜなら、同馬が計時した上がり3ハロン32秒8というメンバー最速の切れ味を見せたからに他ならない。

 ここでもう一度ダイワメジャー産駒の特徴を思い出してみたい。

「オレが好きやったタイプ」元JRA安藤勝己氏が“G1級”と大絶賛!? 父のイメージ覆す走りに底知れぬ可能性、セリフォスがなぜダイワメジャー産駒「最後の大物」候補と呼べるのかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安