GJ > 競馬ニュース > ミッキーブリランテ、“苦手条件”克服するも
NEW

JRA 2番人気ミッキーブリランテ、“苦手条件”克服するも惨敗 “気難しい”馬を走らせるため騎手が懸命に「矯正」するも…

 29日の札幌競馬場で行われたキーンランドC(G3)は、亀田温心騎手騎乗のレイハリアが好位から抜け出して快勝。4連勝で前走の葵S(G)に続く重賞2連勝を達成し賞金加算に成功し、秋のスプリンターズS(G1)に向けて大きく前進した。

 一方、賞金加算に失敗してしまったのが、和田竜二騎手騎乗のミッキーブリランテ(牡5年、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 前走の函館スプリントS(G3)後、和田竜騎手は陣営に「気が勝っているタイプなので滞在はいい。洋芝の1200mが合うと思って。こっちから使ってください」と、キーンランドC出走を進言。3着に好走したことが、自信になったようだ。

 ただ、戦前にある不安を吐露していたことも事実。それは、「隣が牝馬だとゲートで後手に回ってしまう」ということだ。

「ミッキーブリランテは、いい意味でも悪い意味でも馬っ気のキツさが、ある種の闘争心に結びついていたかもしれません。前走は好走しましたが、ゲートの右隣にいたのは3歳牝馬リンゴアメ。和田竜騎手はミッキーブリランテがずっと右を気にしていたと話していましたよ」(競馬記者)

 レースでもゲート内でミッキーブリランテの顔を左へ向かせ、レースへ意識を高めるように工夫を試みたものの、その努力もむなしくミッキーブリランテは出遅れてしまった。

「函館スプリントSは逃げた馬と番手にいた馬のワンツーでした。それだけに、出遅れは痛かったですね。今回3度目のスプリント戦ということでペース慣れも見込めますから、牡馬に挟まれた枠順からスタートを決めていきたかったでしょう」(同)

 今回もゲート左隣に3歳牝馬レイハリアと枠順には恵まれなかったが、和田竜騎手がレイハリアのいない右を向かせるように矯正した。

 その甲斐があってか、ミッキーブリランテはまずまずのスタートを切ることに成功する。中団外目を追走し、直線では外に持ち出して前走の再現を狙ったが、末脚不発の10着に終わった。

「行きっぷりが良くありませんでした。前走と比べると、おとなしかったですね」とは、レース後に和田竜騎手が残したコメント。

 ミッキーブリランテの真意は分からないが、ひょっとしたら牝馬を見させてもらえなかったことで、機嫌を損ねたのかもしれない。

 将来的に種牡馬入りを期待される成績を残せれば、馬っ気を出すことは大いに歓迎である。力を発揮してもらうためにもそれに相応しい成績を残すことを期待したい。

(文=寺沢アリマ)

<著者プロフィール>
大手スポーツ新聞社勤務を経て、編集部所属のライターへ。サラ系・ばん馬のどちらも嗜む二刀流で「競馬界の大谷翔平」を目指すも収支はマイナス。好きな競走馬はホクショウマサル。目指すは馬券的中31連勝だが、自己ベストは6連勝と道は険しい…。

JRA 2番人気ミッキーブリランテ、“苦手条件”克服するも惨敗 “気難しい”馬を走らせるため騎手が懸命に「矯正」するも…のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  4. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  5. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  6. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  7. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. JRA武豊「繰り返された愚行」に安藤勝己氏も困惑……故・近藤利一さんを怒らせた敗戦から15年、またも追いかけたディープインパクトの幻想
  10. JRA M.デムーロは「何故」大舞台で勝てなくなったのか。安藤勝己氏が指摘した「無難さ」と「神」が降りた重賞9週間連続3着以内