GJ > 競馬ニュース > 武豊、C.デムーロの“奇襲”に独自見解!?
NEW

JRA 武豊、C.デムーロの“奇襲”に独自見解!?度肝を抜いた逃走劇のルーツとは

 12日、フランスのパリロンシャン競馬場で行われたフォワ賞(G2)は日本のディープボンドが逃げ切り勝ちをおさめた。

 同馬の圧巻のレース内容もさることながら、鞍上のC.デムーロ騎手の手腕も光った一戦だった。

 スタート後、迷うことなくハナを奪ってレースの主導権を握ると、序盤をスローペースでまとめて、残り4ハロンからのロングスパート戦に持ち込んだ。残り4ハロンのラップ推移は11秒67、11秒26、11秒03、11秒55とゴールまで11秒台を連発。自分のリズムで運びながら、これだけ速い上がりを記録されては後続もなすすべがなかった。

 デムーロ騎手はレース前に「ディープボンドの過去のレース映像も見ていますし、スタミナが豊富な馬という印象があります。彼のスタミナを生かす展開になればチャンスがあると思っています。ベストを尽くしたいですね」と、意気込んでいたが、ディープボンドの強みである持久力を最大限発揮させた“有言実行”の騎乗だった。

 また、今回の逃げは陣営からの指示ではなくデムーロ騎手の独断というのも驚きだ。レース後、デムーロ騎手は「逃げたのは私のプラン」とも明かしている。

 テン乗りに加えて、今まで逃げたことがない馬で逃げる大胆な作戦であったため、「意外」と見る日本のファンも多いだろう。そして、現地フランスのファンからは「逃げ」という戦法自体が奇襲に見えるかもしれない。

 凱旋門賞(G1)に騎乗予定の武豊騎手は、自身のブログにて、「フランスでの逃げ切りは、最近でこそたまにありますが、以前は奇襲という見られ方でした」と、記している。

 武騎手によると、日本で活躍したオリビエ・ペリエ騎手が逃げ切り戦法を持ち帰り、立派な戦法の一つとして認めさせたとのこと。そして、デムーロ騎手の逃げ切りも日本仕込みということだ。

 しかし、デムーロ騎手は、日本へ何度も来日し騎乗しているが、重賞やG1といった舞台では逃げ切り勝ちを決めたことがない。

 一体、日本のどこで「逃げ切り」の技術を磨いたのか疑問に思われるが、「ここではないか」と、競馬誌ライターは語る。

JRA 武豊、C.デムーロの“奇襲”に独自見解!?度肝を抜いた逃走劇のルーツとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?