GJ > 競馬ニュース > 横山武史、マイルCS「見学」の妙!? エリ女「元相棒」ワンツーの屈辱も
NEW

横山武史、マイルCS「見学」の妙!? エリ女「元相棒」ワンツーの屈辱も

横山武史、マイルCS「見学」の妙!? エリ女「元相棒」ワンツーの屈辱もの画像1
横山武史騎手/撮影:Ruriko.I

「横山武史君が返し馬の段階で1200mを意識した返し馬をしてくれました。こちらがびっくりするくらいのいいスタートをしてくれて……」

 20日に迫ったマイルCS(G1)の共同会見で、有力馬の1頭シュネルマイスターを出走させる手塚貴久調教師が前走のスプリンターズS(G1)を振り返っている。

 前走は本馬にとって初の1200mだった。それもいきなりG1という厳しい状況もあって、結果は9着。それでも手塚調教師は「着順は悪かったですけど、初めての1200mにしては走れた」と鞍上の横山武騎手の貢献を称えている。

 だが、今回のシュネルマイスターの鞍上に元相棒の姿はない。主戦のC.ルメール騎手が戻ってきたからだ。

 横山武騎手にとっては、グランアレグリアの2着に終わった昨年の借りを同コンビで返したかったはずだが、この騎乗もルメール騎手が勝ち馬に騎乗したために回ってきた代役。シュネルマイスターとは“代役”として付かず離れずの関係が続いているため、今回も仕方がない乗り替わりといえるだろう。

 しかし、この降板によって代わりの馬が決まらなかった横山武騎手は、今年のマイルCS不参戦が決定。レース当日は“裏開催”の東京で騎乗することが決まった。ちなみに今年のG1で騎乗馬がいなかったのは、春と秋の天皇賞に続いて3レース目になる。

「横山武騎手と言えば、先週のエリザベス女王杯(G1)では散々な結果でしたね……。騎乗したナミュールは5着でしたが、レース後には『3回もぶつけられた』とボヤいてました。

 それだけならまだよかったのですが、勝ったジェラルディーナと2着ウインマリリンは横山武騎手が騎乗していた馬。実は前走のオールカマー(G2)を勝ったジェラルディーナはもちろん、しばらく乗っていなかったウインマリリンの陣営からもオファーがあったそうですが、(ノーザンファーム)しがらきサイドと話し合ってナミュールに乗ることが決まったそうです。横山武騎手としては、勝って選択の正しさを証明したかったはずですが……」(競馬記者)

マイルCS不参戦は「今の横山武騎手にとってはプラス」!?

「G1の借りはG1で」というわけでもないが、横山武騎手としては今週こそ巻き返しの週末にしたいところだ。それだけにマイルCSの不参戦は本人にとっても残念に違いないが「今の横山武騎手にとってはプラスかも」という意見もある。

「一昨年、史上最年少で関東リーディングになった横山武騎手ですが、今年は戸崎圭太騎手の逆襲に苦しめられています。夏の函館と札幌を合わせて41勝の荒稼ぎで北海道リーディングを獲った時は3年連続濃厚と思われていました。ところが秋になって、戸崎騎手が猛ラッシュ。今では逆に8勝差をつけられる2位に甘んじています。

 その戸崎騎手の原動力になっているのが、有力騎手が集まるG1の裏開催。鬼の居ぬ間に……ではないですが、大レースの騎乗を捨ててでも勝ち星を獲りに行くスタイルが見事にハマっています。そういった意味で横山武騎手がG1の裏開催で騎乗するのは、勝ち星量産のチャンスになるはずです」(別の記者)

 今週末の東京に土日とも参戦する横山武騎手だが、そこには当然のように戸崎騎手も参戦している。上位人気同士で激突するであろうレースも多く、大詰めが迫った関東リーディング争いを占う1週間になるかもしれない。

横山武史、マイルCS「見学」の妙!? エリ女「元相棒」ワンツーの屈辱ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  5. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  6. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 武豊、横山武史が函館参戦の裏で「JRAの事情聴取」も関係?注目若手騎手の「グレーゾーン疑惑」がひっそりと決着