GJ > 競馬ニュース > 【浦和記念(G2)展望】ケイアイパープル筆頭にJRA勢優勢も、今年は地方勢に逆転の目
NEW

【浦和記念(G2)展望】ケイアイパープル筆頭にJRA勢優勢も、今年は地方勢に逆転の目

【この記事のキーワード】,

【浦和記念(G2)展望】ケイアイパープル筆頭にJRA勢優勢も、今年は地方勢に逆転の目の画像1

 23日に浦和競馬場にて交流重賞・浦和記念(G2)が開催される。JRA勢から5頭が参戦するこのレース、暮れの大一番である東京大賞典(G1)も占う注目の一戦を展望していきたい。

 過去10年で8勝のJRA勢に対し、2勝の地方勢は劣勢とJRA勢に分のあるレース。今回出走を予定している5頭の筆頭格は、ケイアイパープル(牡6、栗東・村山明厩舎)だろう。昨年末から交流重賞に積極的な出走をはじめ、今年初戦の佐賀記念(G3)では4コーナー先頭から押し切り、5馬身差をつける圧勝で重賞初制覇を飾った。続く名古屋大賞典(G3)でも2着。その後も平安S(G3)2着があり、前走の白山大賞典(G3)でも佐賀記念と同様に3コーナーから先頭に立って押し切る競馬で交流重賞2勝目を挙げた。

 勢いのある同馬であるが、ここまで挙げた8勝はすべて右回りコース。対して舞台となる浦和競馬場は、苦手の左回りコースということで未勝利。果たしてこれがどう転ぶか。

 世代レベルの高さを見せつけている3歳勢からタイセイドレフォン(牡3、栗東・西村真幸厩舎)が参戦する。1番人気に推された初重賞のレパードS(G3)でカフジオクタゴンにクビ差2着に敗れ、古馬と重賞で初対戦となった前走のみやこS(G3)は、ダートの雄オメガパフューム(3着)から0.1秒差の5着と善戦している。

 勝ち切れないレースが続いているが、54kgと恵まれた斤量もあり、初の交流重賞出走で一変する可能性も秘めている。

 惜敗続きという意味ではクリノドラゴン(牡4、栗東・大橋勇樹厩舎)にも注目しておきたい。キャリア25戦目にしてようやくオープン入りを果たした遅咲きだが、次走のシリウスS(G3)で4着に食い込むと、JBCクラシック(G1)でも4着に入る勢いを見せた。

 どちらのレースでも上がり最速をマークした鋭い末脚を武器としており、展開がハマれば善戦マンからの脱出も見えてくるはず。

 メンバーが揃ったJRA勢ではあるが、今年は地方勢の逆転もありそうだ。大将格といえるのが、ランリョウオー(牡4、浦和・小久保智厩舎)だ。

 4月の川崎競馬場で勝ったオープン戦を皮切りに大井記念、東京記念とオープン重賞を含む4連勝をマーク。5連勝を狙った前走は8着に敗れてしまったが、再び56kgとなるだけに巻き返しの余地は十分にある。

 もう1頭、中央在籍時に重賞3勝を挙げている古豪のスワーヴアラミス(牡7、大井・荒山勝徳厩舎)が、地方所属馬として参戦する。

 今年1月の東海S(G2)を人気薄で勝利したものの、エルムS(G3)で9着に敗れたのを最後に地方へと転籍。川崎で行われた先月オープン戦で、地方馬としていきなりデビュー勝ちを決めた。

 実績だけならJRA勢も合わせたメンバー中トップと言える実力の持ち主でもある。中央在籍時に出走した交流重賞は、7着に敗れた帝王賞(G1)のみだったが、その実力に陰りはない。重賞4勝目の舞台がここだとしても不思議はない。

 その他、前走の白山大賞典で2着に入ったラーゴム(牡4、栗東・斉藤崇史厩舎)や、近走はもう一歩の競馬が続いているが、9歳を迎えても元気一杯のタービランス(牡9、浦和・水野貴史厩舎)など、好レースを期待できるメンバーが揃った。

 浦和記念は23日浦和10R、発走は15時25分を予定している。

【浦和記念(G2)展望】ケイアイパープル筆頭にJRA勢優勢も、今年は地方勢に逆転の目のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. あっさり日本ダービー制覇なら“ナリタブライアン級”の評価も?皐月賞馬ジャスティンミラノに立ちはだかる「2つの壁」とは
  3. コスモキュランダ次走ダービーも「鞍上未定」の怪…J.モレイラ続投が決まらない理由に「身元引受調教師」の影響も?
  4. 今年の皐月賞は本当に「ハイレベル」だったのか!? 最下位でもイクイノックス超えの違和感…超速馬場の「カラクリ」を見抜け
  5. 【フローラS】昨年激走のゴールデンハインド、桜花賞激走のライトバック。その道のプロが狙う牝馬の穴馬、今年狙うのは誰もが驚く意外な格下馬
  6. 今年のNHKマイルCに「豪華メンバー」集結?エルコンドルパサー、キングカメハメハ級は不在も…例年以上にハイレベルの激戦か
  7. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  8. 【NHKマイルC】川田将雅ジャンタルマンタル参戦で浮上した「鞍上問題」…陣営と繋がり強い「三冠騎手」が有力候補? その背中に跨るのは
  9. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  10. JRA横山典弘「再登板」もファンの胸中は複雑!?ソダシでも主戦騎手が降板の過去…「騎乗批判疑惑」で物議醸したコンビが復活