GJ > 競馬ニュース >  1番人気「17戦3勝」に垣間見える波乱のクラシック…ドルチェモア、リバティアイランド筆頭も世代レベルに疑問符?
NEW

JRA 1番人気「17戦3勝」に垣間見える波乱のクラシック…ドルチェモア、リバティアイランド筆頭も世代レベルに疑問符?

【この記事のキーワード】, ,
JRA 1番人気「17戦3勝」に垣間見える波乱のクラシック…ドルチェモア、リバティアイランド筆頭も世代レベルに疑問符?の画像1
リバティアイランド 撮影:Ruriko.I

 今年に入り、3つの重賞が行われた3歳世代。シンザン記念(G3)を2番人気ライトクオンタム、フェアリーS(G3)を11番人気キタウイング、京成杯(G3)を2番人気ソールオリエンスが、それぞれ勝利した。

 時期的に初顔合わせの対決が珍しくないため、後のG1馬もいれば早熟な人気馬もいることだろう。ただ、今年のクラシック戦線において「主役」といえるほどの馬は、まだ出ていないようにも思える。

 一応、最優秀2歳牡馬のドルチェモアと最優秀2歳牝馬のリバティアイランドが、実績的に他馬をリードする格好となるものの、前者はマイル戦の朝日杯フューチュリティS(G1)を優勝と距離延長に懸念がある。後者は、血統的に距離延長も問題なさそうだが、走ってみないことには分からないことも事実だ。

 ではなぜ、すでに本番まで4カ月という段階で、いまだこれといった馬さえ現れていないのか。その理由を考えた際に思い当たるのは、戦前に下馬評の高かった馬が重賞で人気を裏切るケースが多かったことかもしれない。

 世代最初の重賞レースである函館2歳S(G3)を4番人気ブトンドールが制して以降、先週末の京成杯までの間に17の重賞が行われた訳だが、この中で1番人気馬が優勝したケースは3勝のみ。これに対し、二桁人気の穴馬は4勝を挙げた。

 波乱の続く世代重賞で特に目立ったのは、14番人気ドゥラエレーデの勝利に終わったホープフルS(G1)だ。中山の芝2000mという皐月賞(G1)と同じ舞台設定から、朝日杯FS以上に翌年のクラシックと繋がりの深いレースが大波乱の決着。1~3番人気に支持された馬が揃って馬券圏外へと消えている。

 とはいえ、主役不在の混戦=低レベルとは言い切れない。

 昨年の年度代表馬となったイクイノックスを筆頭にハイレベルの馬が揃っている現4歳世代だが、同時期を比較してみると、実はこちらも重賞1番人気馬の成績は「17戦4勝」と大きな差がなかったのだ。

 ただこちらの場合は、勝ち馬の中にセリフォスやジオグリフ、イクイノックスなど、後のG1馬がいたことは覚えておきたい。

 このまま主役不在の状況が続くのか、それとも三冠を意識させるような超大物の登場があるのか。春のクラシック開幕の足音が徐々に大きくなってきた。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA 1番人気「17戦3勝」に垣間見える波乱のクラシック…ドルチェモア、リバティアイランド筆頭も世代レベルに疑問符?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 無策? 武豊×ドウデュースは「何故」敗れたのか。単勝165倍の最低人気に絡まれた想定外の宝塚記念…最大最強の宿敵イクイノックスがもたらした意外な弱点とは
  2. 「ゴールドシップ再び?」宝塚記念デー大出遅れに場内どよめき…横山武史「約20馬身」のハンデ跳ね返せず
  3. 永島まなみ「もったいなかった」不完全燃焼のリベンジへ! スプリントG1馬近親の「古豪」と狙う藤田菜七子、今村聖奈超え
  4. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  5. ブローザホーン「牡馬初」古馬でG1制覇! 人気種牡馬の「早熟」イメージ完全払拭へ
  6. 「オーナーの逆鱗」に触れた原優介が突然のクビ宣告!? 帝王賞でウィルソンテソーロ降板も決定済み…気になる「鞍上交代」はやっぱりアノ人?
  7. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  8. 「単勝174.2倍」もJRA歴代最高配当演出! デビュー戦シンガリ負け「17馬身差」からの大逆転を決めたレーヴドロペラ
  9. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  10. 今村聖奈も「300鞍」争奪戦に参加!? 岩田望来&田口貫太「フランス武者修行」で絶好機迎える“5人の騎手”とは