GJ > 競馬ニュース > 川田将雅、C.ルメールを凌駕する150%超えの回収率! キタウイングとともに大きな飛躍を狙う“ミルファーム主戦”杉原誠人騎手は隠れた芝の名手
NEW

川田将雅、C.ルメールを凌駕する150%超えの回収率! キタウイングとともに大きな飛躍を狙う“ミルファーム主戦”杉原誠人騎手は隠れた芝の名手

【この記事のキーワード】, ,
川田将雅、C.ルメールを凌駕する150%超えの回収率! キタウイングとともに大きな飛躍を狙うミルファーム主戦杉原誠人騎手は隠れた芝の名手の画像1
キタウイング 撮影:Ruriko.I

 春のクラシック戦線に向け、今週から桜花賞(G1)、皐月賞(G1)のトライアルレースが始まる。

 4日のチューリップ賞(G2)で上位人気が予想されるキタウイング(牝3、美浦・小島茂之厩舎)には、杉原誠人騎手が騎乗する。まずは前哨戦で好勝負をして、本番へ弾みをつけたいところだろう。

 杉原騎手といえば、個性派集団ミルファームの主戦騎手であり、あの赤白の格子柄の勝負服でおなじみの存在だ。昨年には自身初の重賞制覇を果たし、今年のフェアリーS(G3)で早くも重賞2勝目をあげた勢いのあるジョッキーである。

 純粋に成績だけを見れば、昨年は12勝、一昨年は9勝で全国リーディングは67位、81位と決して目立つ存在ではない。以前は年間20勝以上をあげることもあったが、ここ数年は10勝前後で推移しており、競馬ファンからしたら関東の中堅騎手の1人という印象に過ぎないかもしれない。

 だが、杉原騎手の騎乗成績を分析してみると、実はC.ルメール騎手や川田将雅騎手といった超一流ジョッキーを上回るほどの高回収率を誇る“隠れた芝の名手”であることがわかる。

川田将雅騎手、C.ルメール騎手を凌駕する150%超えの回収率!

川田将雅、C.ルメールを凌駕する150%超えの回収率! キタウイングとともに大きな飛躍を狙うミルファーム主戦杉原誠人騎手は隠れた芝の名手の画像2
杉原誠人騎手 撮影:Ruriko.I

 2020年から先週まで、杉原騎手は1054レースに騎乗。成績は38-38-56-922(勝率3.6%、連対率7.2%、複勝率12.5%)であり、決して優秀とは言えない。ただし、騎乗回数のうちおよそ半分(計480レース)は単勝100倍以上で、ほぼノーチャンスの馬に乗る機会も多く、トータル成績が上がらないのは無理もないだろう。

 しかし、単勝100倍未満の馬に限れば、成績は勝率6.4%、連対率12.5%、複勝率21.6%までに上昇する。その単勝回収率はなんと120%であり、単勝ベタ買いでも十分な数値だ。ルメール騎手の単勝回収率は70%、川田騎手の単勝回収率は87%であるから、両者と比較してもはるかに高い数値を残している。

 また、杉原騎手はダートより芝の方が好成績なジョッキーであり、2020年以降の全38勝のうち26勝を芝のレースであげている。そこで、芝のレースで単勝100倍未満の馬に騎乗したときの成績を調べてみると、単勝回収率は155%という驚異的な数字を記録していた。また、同条件であれば今年を含めて4年連続で複勝回収率が100%を超えており、安定感も抜群だ。

 さらに補足すると、騎乗数の少ない関西の競馬場を除けば、どの競馬場でも高い回収率を残している。特にマイル前後の距離(芝1400m~芝1800m)で成績が良いので、該当するレースに騎乗していた際には見過ごし厳禁と言えるだろう。

 この成績を見れば腕のある騎手なのは確実だが、名前だけで馬券が売れる存在とまでは至っていない。まだ“バレていない”お得な騎手として、馬券購入の際に注目してみるのはいかがだろうか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

川田将雅、C.ルメールを凌駕する150%超えの回収率! キタウイングとともに大きな飛躍を狙う“ミルファーム主戦”杉原誠人騎手は隠れた芝の名手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  3. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  4. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  5. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  6. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分
  9. 「レベルが違う」「楽勝する」新種牡馬の産駒を調教師が大絶賛!兄はサウジダービーにも挑戦、「超大物候補」のデビューに注目
  10. 「推しの子」アロンズロッド退治に難敵が名乗り!?母アーモンドアイも屈した「因縁の相手」と直接対決濃厚か