GJ > 競馬ニュース > 今村聖奈の馬券に優しくない一面も…競馬界のアイドルの買い時と消し時とは?
NEW

今村聖奈の馬券に優しくない一面も…競馬界のアイドルの買い時と消し時とは?

【この記事のキーワード】, ,
今村聖奈の馬券に優しくない一面も…競馬界のアイドルの買い時と消し時とは?の画像1
今村聖奈騎手

 19日に行われた阪神大賞典(G2)は、C.ルメール騎手騎乗の2番人気ジャスティンパレス(牡4、栗東・杉山晴紀厩舎)が優勝。神戸新聞杯(G2)以来となる重賞2勝目を飾った。

 このレースには、JRA最少体重記録を持つメロディーレーン(牝7、栗東・森田直行厩舎)も出走したことで話題となった。今村聖奈騎手が騎乗することもあり、注目を集めた競馬界のアイドル同士のコンビとなったものの、結果は11着と振るわなかった。

 今村騎手は、昨年にデビュー51勝(全国リーディング21位)をあげ、女性騎手として初めて最多勝利新人騎手賞を受賞、スーパールーキーとして競馬界の注目を集めた。また、その愛くるしい人柄から多方面のメディアで特集されるなど、人気実力ともに評価も高い。今年は既に14勝をあげ全国リーディング17位につけており、このまま順調に成績を伸ばしていけば、昨年以上の勝ち星が期待できそうだ。

 デビューした昨年の3月5日から先日19日までの期間で通算65勝を記録しており、これは騎手全体の中で18番目に多い勝ち鞍だが、馬券を購入するファンからすると、気にせざるを得ない側面もある。

 好成績を収めた一方で、その単勝回収率は51%という極めて低い数値。複勝回収率も59%で、どちらの数字もこの期間に50勝以上をあげた21名の騎手の中で最低なのだ。当然ながら今村騎手人気もあるため、騎乗馬の実力以上に馬券が売れているとも考えられる。

 その原因の一つとして考えられるのが,今村騎手の少し消極的にも映る騎乗スタイルだろう。

競馬界のアイドルの買い時と消し時とは?

 昨年、強気な逃げで初重賞制覇を飾ったテイエムスパーダのイメージからか、今村騎手には積極的なポジション取りで騎乗をするという印象が強いかもしれない。だが、デビューから今までに騎乗したレースでの今村騎手の位置取りを調べると、逃げ72回、先行156回、差し218回、追い込み300回(一部レース除く)となっている。

 これを踏まえると、真ん中より後ろの位置を取る方が多く、積極的に前目につけるケースは少ないのが実際のイメージに近いかもしれない。当然ながら馬の能力的に前に行けない場合もあるが、全体を通して見れば後ろから競馬をするケースの多さが目に付く。

 また、今村騎手がアドバイスを受けたという福永祐一騎手(現調教師)や川田将雅騎手は、その後の折り合いなどの懸念も含めて逃げるという選択肢には消極的なタイプ。そういった先輩騎手のスタイルも自身の騎乗に影響している可能性もあるか。

 とはいえ、レースではスローペースで前に行った馬が、そのまま粘り込むことも多い。斤量の軽い女性騎手なら、ある程度前目につけておいた方が着順は上がりやすいだろう。いずれにしても差し追い込み馬に騎乗した際は、逃げ先行馬に比して割引が必要といえそうだ。

 人気にかかわらず、逃げ先行馬なら買い、差し追い込みなら消し、くらいでちょうどいいのかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

今村聖奈の馬券に優しくない一面も…競馬界のアイドルの買い時と消し時とは?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「残り3戦」ドウデュースと史上3組目の快挙なるか。「4センチ差」で涙をのんだ25年前のラストラン
  2. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  3. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  4. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  5. サトノカルナバル重賞制覇で「ドウデュース弟」の期待値も上昇? 一昨年スタートした「新型セール」は初年度から重賞ウイナー輩出
  6. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  7. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬
  8. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 水沼元輝「異例」9ヶ月間の騎乗停止…後輩を殴打に道路交通法違反、他の騎手も過去には重い処分