GJ > 競馬ニュース > 元日本レコード保持者が歴代2位「超遅時計」で高松宮記念V!「カナロア×バクシンオー」究極スプリンターが7歳で遂げた進化
NEW

元日本レコード保持者が歴代2位「超遅」で高松宮記念V!「カナロア×バクシンオー」究極スプリンターが7歳で遂げた進化

【この記事のキーワード】, ,

元日本レコード保持者が歴代2位「超遅」で高松宮記念V!「カナロア×バクシンオー」究極スプリンターが7歳で遂げた進化の画像1

 26日、雨中の中京競馬場で行われた第53回高松宮記念(G1)は、団野大成騎手が騎乗したファストフォース(牡7歳、栗東・西村真幸厩舎)が優勝。12番人気の低評価を覆し、人馬ともに初のG1制覇を遂げた。

「こちらが思った以上に進みも良くて、どこかで一息入れたいと思っていたのですが、4コーナーまで上手いことその形になりました」

 レース後、団野騎手はそう語ったが、道中は終始ファストフォースを押っ付け気味で勝負所の手応えも決して良くは見えなかった。しかし、直線で馬場が一番いい真ん中に持ち出されると、残り1ハロンを過ぎたところで先頭に。最後はナムラクレアの追撃を1馬身差でしのぎきった。

 7歳にしてG1制覇を果たしたファストフォースだが、競走馬として歩んできた道のりは決して平坦ではない。

 デビューしたのは遅れに遅れて3歳の6月。同世代のライバルたちがすでに日本ダービー(G1)で死力を尽くした後だった。阪神のデビュー戦で13頭立ての12着に敗れたファストフォースは、6戦未勝利のまま地方に移籍することになった。

 脳裏には引退もちらつく中、陣営は地方・門別での出直しを決意。4歳春にダートで4戦3勝の好成績を残したファストフォースは、中央に再転入後は芝のスプリント路線に活路を見いだした。

 4歳の夏に自己条件を2連勝すると、5歳夏には3勝クラスからCBC賞(G3)に格上挑戦。全くのノーマークだったが、52kgの軽ハンデと高速馬場を味方に逃げて重賞勝利を飾ったのだ。

「この時のCBC賞は小倉で開催されたのですが、とんでもない高速馬場でした。前残りも顕著で、ハナを取り切った鞍上の作戦が見事に的中。1分6秒0の日本レコード(当時)というオマケ付きでした。当時は父ロードカナロア、母の父サクラバクシンオーという日本競馬を代表する名スプリンター2頭の血が日本レコード樹立を後押ししたともいわれましたね」(競馬誌ライター)

 次走の北九州記念(G3)でも2着に食い込んだファストフォース。その後もスプリント重賞で何度か馬券圏内に好走したが、G1では歯が立たなかった。

 そんなファストフォースに転機が訪れたのは昨年の秋。団野騎手とのコンビ結成がきっかけで、控える競馬を試すようになっていた。年齢から来るズブさもあって、それまで貫いていた先行押し切りのスタイルから徐々に脱却を図ったことも、高松宮記念激走の伏線だったといえるだろう。

 ちなみに極悪の不良馬場で記録した高松宮記念の走破タイムは1分11秒5。これは同じく不良馬場で行われた9年前の1分12秒2に次ぐレース史上2番目に遅い時計だ。2年前に自身がマークしたCBC賞の勝ち時計と比べると、なんと5秒5も遅かった。

 かつて超高速馬場で日本レコードを樹立したスピード馬が、極悪馬場でG1を制覇するとは誰が想像しただろうか。今年の高松宮記念は競馬の奥深さを教えてくれるレースでもあった。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

元日本レコード保持者が歴代2位「超遅」で高松宮記念V!「カナロア×バクシンオー」究極スプリンターが7歳で遂げた進化のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?