GJ > 競馬ニュース > もしも…。JRA「夢の大阪杯」に最強メンバー。イクイノックス、スターズオンアース、ドウデュースらG1馬16頭集結でフルゲート!
NEW

もしも…。JRA「夢の大阪杯」に現役最強メンバー。イクイノックス、スターズオンアース、ドウデュースらG1馬16頭集結でフルゲート!

【この記事のキーワード】, ,

もしも…。JRA「夢の大阪杯」に現役最強メンバー。イクイノックス、スターズオンアース、ドウデュースらG1馬16頭集結でフルゲート!の画像1

 いよいよ今週末、春の中距離王者を決める大一番・第67回大阪杯(G1)が行われる。G1に昇格して今年で7回目となるこのレース、過去にキタサンブラックやレイパパレなどが勝利しつつ、コントレイルやエフフォーリアといった断然の人気馬も敗退した難解なレースだ。

 今年はG1馬5頭を筆頭になかなかの好メンバーが揃った。しかし、ファンの中にはこう考える方もいるのではなかろうか。

『もしもドバイワールドカップデーがなく、イクイノックスやシャフリヤール、ドウデュースたちが大阪杯に出走していれば……。怪我で戦列を離れていた馬たちが万全の状態で出走していれば……。すべての現役馬が揃えば、果たしてどんなメンバーになったのだろうか』

 今回は「夢の大阪杯」と題し、最高の大阪杯出走馬を検証してみた。

 まず、昨年の3歳クラシックを制した3頭は外せない。皐月賞(G1)を勝利したジオグリフ、日本ダービー(G1)を勝利したドウデュース、菊花賞(G1)を勝利したアスクビクターモアだ。さらに3歳馬ながら天皇賞・秋(G1)と有馬記念(G1)を制し、2022年のJRA年度代表馬に選出されたイクイノックスも出れば1番人気が見込まれるほどの馬、当然外せない。

 また2021年のグランアレグリアがそうだったように、最強マイラーの参戦は大阪杯を大きく盛り上げる。そういった意味でも、3歳馬ながら昨年のマイルCS(G1)を制したセリフォスの存在は大きい。同馬もまたドバイに遠征していた一頭だからだ。もちろん桜花賞(G1)とオークス(G1)を制した二冠牝馬のスターズオンアース、秋華賞(G1)を制したスタニングローズも注目の存在。4歳馬だけでよだれが出そうな顔ぶれだ。

 これら明け4歳馬に加え、5歳以上のベテラン勢からは、天皇賞・春(G1)と宝塚記念(G1)を制したタイトルホルダー、2021年の日本ダービー馬シャフリヤール、昨年のジャパンC(G1)を制したヴェラアズール、そしてジェンティルドンナの娘でエリザベス女王杯(G1)を制し、有馬記念でも3着に好走したジェラルディーナも出走すれば大いに盛り上がるところ。

 さらに昨年のドバイターフ(G1)と今年のサウジC(G1)を制した世界の逃げ馬パンサラッサ、昨年の優勝馬ポタジェ、無敗の牝馬三冠を成し遂げたデアリングタクト、昨年の香港ヴァーズ(G1)を制したウインマリリン。最後に2000mは札幌記念(G2)の勝利しかないものの、阪神ではG1・2勝と阪神コースを得意としているソダシも加えたい。

 するとどうだろう。ここまででフルゲートの16頭が埋まってしまったのである。これほどのメンバーが集結すれば、馬券の売り上げも世間の関心もかなりのものとなるだろう。とはいえ、ファンとしては予想を絞り込むのにかなり苦戦しそうだが…。

 

■2023夢の大阪杯(G1)

ジオグリフ     デムーロ(2022皐月賞)
ドウデュース     武豊 (2022東京優駿)
アスクビクターモア 田辺裕信(2022菊花賞)
イクイノックス   ルメール(2022天皇賞・秋、有馬記念)
セリフォス     藤岡佑介(2022マイルCS)
スターズオンアース 石橋 脩(2022桜花賞、優駿牝馬)
スタニングローズ  坂井瑠星(2022秋華賞)
ポタジェ      西村淳也(2022大阪杯)
タイトルホルダー  横山和生(2022天皇賞・春、宝塚記念)
ジェラルディーナ  岩田康誠(2022エリザベス女王杯)
ヴェラアズール   岩田望来(2022ジャパンC)
シャフリヤール   川田将雅(2022ドバイシーマクラシック)
デアリングタクト  松山弘平(2020牝馬三冠)
ソダシ       吉田隼人(2022ヴィクトリアマイル)
ウインマリリン   松岡正海(2022香港ヴァーズ)
パンサラッサ    吉田 豊(2022ドバイターフ)

※騎手は過去の騎乗実績から(ジオグリフのみ想定)

 G1馬16頭が揃うことは容易ではないが、そんな「夢の大阪杯」を思い描くのも悪くはないだろう。そして願わくば、出走馬すべてがG1馬という歴史的なレースを見てみたいものだ。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

もしも…。JRA「夢の大阪杯」に現役最強メンバー。イクイノックス、スターズオンアース、ドウデュースらG1馬16頭集結でフルゲート!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 川田将雅、C.ルメールも認めた「9戦連続」1番人気の大物がカムバック。新進気鋭の指揮官に託された超新星の復活はホンモノか、フロックか
  2. 「2連勝中」武豊の秘密兵器候補VS「逆襲」のギャンブルルーム! 秋の大舞台を見据え、好調3歳牡馬の素質馬が激突!
  3. 「3000万円級」の大波乱演出に本人もビックリ!確勝期した敗戦に戸崎圭太はガックリ…「ルメールロス」嘆くファンも
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊、55歳でも「鉄人ぶり」証明した函館開催…ドウデュース敗戦もヤマニンウルスとG1視野、「レジェンド超え」の伏兵陣も要注意
  6. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  7. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  8. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星