GJ > 競馬ニュース > 武豊の最強馬はなぜ「不明」
NEW

武豊の最強馬はなぜ「不明」なのか? またも煙に巻かれた「今までで何が一番強かった?」あまり知られていない天才騎手の「タブー」とは

【この記事のキーワード】, ,
武豊の最強馬はなぜ「不明」なのか? またも煙に巻かれた「今までで何が一番強かった?」あまり知られていない天才騎手の「タブー」とはの画像1

 17日に大阪・阪急うめだギャラリーで開かれた『デビュー30周年記念・武豊展』で、競馬ファンにとっては垂涎ものの興味深い一幕があった。

 福島、名古屋、新潟、京都、東京、福岡と全国を回った武豊展も、今回の大阪(22日まで)で最後となる。この日は開催初日とあって、武豊騎手本人が登場。約300人の前でトークショーを行った。

 その中で、特別ゲストのシャンプーハットのてつじから「今までで何が一番強かった?」という質問が飛んだ。

 現役ながらすでに「競馬界のレジェンド」といわれている武豊騎手。今年でデビュー31年となるが、これまでに日本ではもちろん、世界中を見渡してもこの天才騎手ほど数多くの名馬に巡り合えた騎手はいないかもしれない。

 何故なら競馬の騎手は勝てば勝つほど、勝ちやすい馬が集まるシステムになっているからだ。

 例えばサッカーや野球でもトップの強豪チームは、勝って資金を得ることで優秀な選手がどんどん集まり、さらに勝ちやすくなる。これまで最多の優勝回数を誇り1度しか最下位の経験がない読売ジャイアンツ。サッカーでいえばリーガエスパニョーラのレアルマドリードやバルセロナなどは、確固たる「勝者の好循環」を築き上げた典型といえる。

 競馬の大きな特徴は、そういった「勝者の好循環」がチームではなく騎手個人に訪れることだ。ましてや武豊騎手は、世界一の賞金大国といわれている日本競馬の頂点に立った男。わずか数センチの差で数千万円単位の賞金の差が出るからこそ、必然的に「勝利至上主義」となる日本競馬。「勝てる騎手」には世界中のどこよりも「勝てる馬」が集中するというわけだ。

武豊の最強馬はなぜ「不明」なのか? またも煙に巻かれた「今までで何が一番強かった?」あまり知られていない天才騎手の「タブー」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  3. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「あまり信用されていない」武豊…「指示無視」常習M.デムーロに代打!? 日本ダービー(G1)でカギ握る18歳と21歳のホープ2人
  6. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  7. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  8. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  9. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 【東京ダービー】中央勢の2冠制覇に待った!? 合計「13戦13勝」の無敗コンビが最強パートナーと仕上がりを武器に殴り込み!