GJ > 競馬ニュース > 大物オーナー落札のハーツクライ産駒に「ドウデュース2世」の声!? 武豊と初陣濃厚も引っかかる「55戦0勝」極度の不振
NEW

大物オーナー落札のハーツクライ産駒に「ドウデュース2世」の声!? 武豊と初陣濃厚も引っかかる「55戦0勝」極度の不振

【この記事のキーワード】, ,
大物オーナー落札のハーツクライ産駒に「ドウデュース2世」の声!? 武豊と初陣濃厚も引っかかる「55戦0勝」極度の不振の画像1
武豊騎手

 12日、船橋競馬場で2歳馬のトレーニングセール『千葉サラブレッドセール』が開催された。2020年はコロナ禍の影響で中止、一昨年と昨年はオンラインオークションの形式で行われたため、現地での開催は4年ぶりだ。

 58頭が上場され、最高落札価格となったのはロードカナロア産駒のダンサーデスティネイションの2021。今年のスプリングS(G2)をベラジオオペラで制した“ベラジオ”でおなじみの林田祥来オーナーが1億円(以下税抜)で購入した。

 そして同馬に次ぐ2位の9400万円でキーファーズが落札したのが、種牡馬ハーツクライのラストクロップとしても注目が集まったサラーシスの2021(牡)だ。

 同オーナーのハーツクライ産駒といえば、武豊騎手を背に昨年の日本ダービー(G1)を勝ったドウデュースが真っ先に思い浮かぶだろう。同馬とサラーシスの2021は、偶然にも誕生日が5月7日と同じである。

 そのためSNSやネットの掲示板などには、キーファーズがサラーシスの2021を購入した直後から「ハーツクライ産駒でドウデュースと誕生日が一緒なのはロマンを感じる」「ぜひドウデュース2世になってほしい」などのコメントが集まっていた。

「キーファーズ代表の松島正昭氏と武豊騎手が懇意の仲であることは、もはや周知の通り。この馬も同騎手の手綱でデビューを迎える確率はかなり高そうですし、そうなれば大いに注目が集まることになるでしょうね」(競馬誌ライター)

 関係者からの大きな期待を背に、早ければ今年中にもデビュー戦を迎えることになるだろうサラーシスの2021だが、やや引っかかる点も存在している。

 母サラーシスの産駒は、スクリーンヒーローとの間に生まれた初仔フィルモグラフィーが、中央・地方合わせて34戦未勝利で登録抹消。父ディープインパクトの2番仔のサラダダイエットも現時点で17戦0勝である。

 またイスラボニータ産駒で3歳牡馬のボールズピラミッドも、今のところ4戦0勝だ。これまで3頭の産駒がデビューを果たしているものの未だ白星なし、全馬合わせて55戦0勝という不振極まりない数字となっている。

「産駒の競走成績はここまであまり芳しくないようですが、サラーシス自体は現役時代にアメリカで重賞5勝を挙げるなど活躍しました。

社台ファームがYouTubeの公式チャンネルに投稿しているサラーシスの2021の映像では、472キロの好馬体で調教コースを軽快に駆けていく姿も確認できます。落札額からも期待の大きい馬ですし、『今度こそは』という思いも一際強いのではないでしょうか」(同)

 母の能力がしっかりと受け継がれているようであれば、ハーツクライ産駒最後の大物と呼ばれるような活躍も可能かもしれない。まずは無事にデビュー戦までこぎ着けてほしいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

大物オーナー落札のハーツクライ産駒に「ドウデュース2世」の声!? 武豊と初陣濃厚も引っかかる「55戦0勝」極度の不振のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. C.ルメール×木村哲也厩舎から新たな「大物」が登場! 追い切りでレガレイラと互角の動きを披露、ケタ違いの末脚でデビューVに「上まで行ける馬」
  2. JRA武豊「楽しみな馬がスタンバイ」函館開幕週に世界的良血デビュー! 母は凱旋門賞含む15冠ベビー、アスコリピチェーノと共通の即戦力候補
  3. C.ルメールの栄光とM.デムーロの絶望…1番人気の不完全燃焼に調教師も苦言。「中途半端が一番ヤダ」積極性の塊が身上を失った日
  4. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  5. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  6. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  7. 永島まなみ「夢のタッグ」がいよいよ実現! 先週は落馬で一瞬ヒヤリも…いざスウィープフィート乗り替わりのリベンジへ
  8. 【裏話】C.ルメール「新潟参戦」にノーザンファームの外国人事情も関係!? 代役は大物外国人騎手…夏の函館も熾烈なリーディング争い必至
  9. 横山典弘が日本ダービー勝利よりも喜んだこと。「目に見えない違和感」で栄誉を手放した騎手と、それを支持した調教師が手にしたJRA最高の勲章
  10. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは