GJ > 競馬ニュース > 「フライング購入」したファンから悲鳴!? コントレイル、グランアレグリアにも勝った「重馬場の鬼」に期待のハズが……
NEW

JRA「フライング購入」したファンから悲鳴!? コントレイル、グランアレグリアにも勝った「重馬場の鬼」に期待のハズが……

【この記事のキーワード】, ,
JRA「フライング購入」したファンから悲鳴!? コントレイル、グランアレグリアにも勝った「重馬場の鬼」に期待のハズが……の画像1
モズベッロ 撮影:Ruriko.I

 3日、阪神競馬場では鳴尾記念(G3)が行われ、5番人気ボッケリーニが勝利。59.5kgの酷量を嫌って前週の目黒記念(G2)を回避していたが、陣営のこの判断が吉と出た。

 この日の阪神は、前日に降った大雨の影響が心配された。しかし、JRAの発表によると土曜午前6時半の時点で芝のコンディションは不良から重に回復。この日、最初の芝レース4R・3歳未勝利戦が行われる前には稍重にまで急回復を遂げていた。

 結局、午後の特別レースが始まる頃には良馬場に回復。強い日差しと水はけの良さ、そして強い風の後押しもあって、鳴尾記念はファンも驚く高速馬場で行われることになった。

 実際にレースは1分59秒1の高速決着。走破タイムは阪神で開催された過去2回の鳴尾記念(ともに良馬場)を上回っていた。

 一方で、馬場の急回復による煽りを受けたのが、モズベッロと同馬の馬券を買っていたファンではないだろうか。

 モズベッロといえば、現役屈指の道悪巧者で、2年前に重馬場で行われた大阪杯(G1)を2着に激走。コントレイルとグランアレグリアといった名馬にも先着しており、道悪が予想された今回も金曜の時点ではかなり人気を集めていた。

「モズベッロの単勝オッズは金曜夜から当日の昼前にかけて30倍台で推移していました。しかし、馬場の回復とともにオッズも上昇。早い段階でモズベッロの馬券を買っていたファンの悲鳴がSNSでも散見されました。

結局、単勝オッズ96.4倍でレースを迎えたモズベッロですが、道中は中団やや後方のインを追走。直線でジリジリと伸びて0秒3差の6着と健闘しました。ただ、良馬場でこれだけ走れたということは、道悪ならさらに上の着順があったかもしれません」(競馬誌ライター)

 馬場の回復力が優れているのは阪神競馬場だけではない。東京競馬場でも金曜から降り出した雨は土曜の午前中まで続いた。

 土曜を不良でスタートした東京の芝。ただ午後には晴れ間も見られ、14時すぎには重に回復。日曜は午前中から気温の上昇とともに強い南風も予想されている。土曜の阪神と同様に、メインレースまでには高速馬場になっている可能性は極めて高そうだ。

 安田記念(G1)の単勝オッズの動きを見ても、天気に左右されているファンは少なくないのかもしれない。

 前売りの早い段階で人気を集めていたのは、道悪で好走実績があるソウルラッシュだった。金曜の夜から土曜の早朝にかけて単勝オッズ6~7倍台で、一時は2番人気に推されていた。しかし、天気の回復とともに人気は急落。土曜17時半の前日最終オッズは、単勝11.3倍の6番人気まで評価を落としている。

JRA「フライング購入」したファンから悲鳴!? コントレイル、グランアレグリアにも勝った「重馬場の鬼」に期待のハズが……の画像2
ソウルラッシュ 撮影:Ruriko.I

 ただし、「高速馬場ならソウルラッシュは軽視」という考えは早計かもしれない。

 同馬は稍重で行われた昨年のマイラーズC(G2)を勝つなど、確かに道悪は歓迎のクチだが、パワーだけでなくスピードも兼備しているタイプ。実際に、京都競馬場の開幕週で高速決着になった前走・マイラーズCは3着に善戦している。勝ったシュネルマイスターと同斤量(58kg)を背負って、0秒1差なら同等の評価を与えてもいいはずだ。

 馬場の急回復で人気を大きく落とすようなら、逆に狙い目といえるかもしれない。いずれにしても馬券購入を待てるファンは、ギリギリまで馬場状態を見極めてから買うのが間違さそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

JRA「フライング購入」したファンから悲鳴!? コントレイル、グランアレグリアにも勝った「重馬場の鬼」に期待のハズが……のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「ルメールショック」が木村哲也厩舎に直撃?桜花賞に続き皐月賞も人気馬が凡走…主戦騎手不在で「13連敗」の急ブレーキ
  2. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  3. ついに発見「2024春G1全勝」の法則!? 大阪杯も桜花賞も、そして皐月賞も…次の天皇賞・春は「あの馬番」が確勝か
  4. 永島まなみに続く「2年目女性騎手」が復活の狼煙! 復帰後初白星を含む3勝の固め打ちで「ブレイク」は時間の問題?
  5. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  6. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  7. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  8. 「永遠のライバル」逆転も時間の問題?キズナ産駒が待望のクラシック初制覇、ジャスティンミラノ皐月賞優勝に大きな意味
  9. 【福島牝馬S】メジャーエンブレム撃破も1番人気が一度もなかった「重賞3勝牝馬」…混戦ムードの今年は一攫千金も?【東大式必勝馬券予想】
  10. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安