GJ > 競馬ニュース > 元JRA騎手2人の見解が完全一致!? 安田記念(G1)4着ガイアフォースに「〇〇でG1を狙えそう」「〇〇ならもっと無敵」
NEW

元JRA騎手2人の見解が完全一致!? 安田記念(G1)4着ガイアフォースに「〇〇でG1を狙えそう」「〇〇ならもっと無敵」

【この記事のキーワード】, ,
元JRA騎手2人の見解が完全一致!? 安田記念(G1)4着ガイアフォースに「〇〇でG1を狙えそう」「〇〇ならもっと無敵」の画像1
ガイアフォース 撮影:Ruriko.I

 4日、東京競馬場で開催された安田記念(G1)は、4番人気ソングラインが連覇を達成。前走のヴィクトリアマイル(G1)に次ぐ勝利で東京マイルG1・3勝目を飾った。

 1馬身1/4差の2着にセリフォス、さらにアタマ差の3着にはシュネルマイスターが入り、いずれもマイルG1の勝ち馬が上位3着まで占める結果となった。

祖んな強豪マイラーに交じって大健闘の4着に食い込んだのが、8番人気のガイアフォース(牡4歳、栗東・杉山晴紀厩舎)だ。

 2着に好走した前走のマイラーズC(G2)に続き、西村淳也騎手とのタッグで臨んだガイアフォース。道中はちょうど中団の9番手を追走し、ソングラインと並ぶように直線を向いたときは手応えも抜群に映った。

 外を通ったソングラインに対し、ガイアフォースは馬場の2~3分どころから馬群の真ん中を突いた。しかし、前のダノンスコーピオンが壁になり、抜け出すのにやや手間取る場面もあった。それでも前が開いてからは鋭く差し脚を伸ばして4着に入線。豪華メンバーが集まったマイルG1でも十分通用するところを見せた。

「思い返せば、2歳夏に小倉の1800m(2歳新馬)でドウデュースとクビ差の接戦を演じた馬ですからね。その後は2000m以上の距離を使われて、3歳秋にはセントライト記念(G2)を勝利。菊花賞(G1)では1番人気の支持を集めて8着。好調のキタサンブラック産駒ということも注目されました。

ただ、その馬体は母の父クロフネを彷彿とさせる芦毛で、本来は中距離の馬なのかもしれません。西村騎手も『最後まで良い伸びでしたし、マイルのG1で差もなかったですからね』と手応えを感じ取った様子でした。『いつかこの馬と大きい舞台で勝ちたい』ともコメントしていたように、秋にはマイルCS(G1)で有力馬の1頭になっていてもおかしくないですよ」(競馬誌ライター)

 そんなガイアフォースの距離適性に関して興味深い見解を示した2人の元大物ジョッキーがいる。

元JRA騎手2人の見解が完全一致!?

 1人目は現役時代に通算4464勝、JRAで1111勝を挙げた元騎手の安藤勝己氏だ。レース後、自身のTwitterで安田記念を回顧。ガイアフォースに関して「中距離でG1を狙えそう」とツイートした。

 そしてもう一人、ガイアフォースを中距離馬と評したのは、安藤氏より1つ多いJRA通算1112勝を挙げた田原成貴氏だ。

 現在『東京スポーツ』に所属する田原氏はレース後、『東スポレースチャンネル』の動画に生出演。1時間以上にわたって安田記念を振り返った。動画内では視聴者からガイアフォースの適性距離について聞かれると、「マイルでもいいと思う。でも1800、2000の方がもっと無敵じゃないかな」と回答。マイルよりも1~2ハロン長い中距離により高い適性があるという見方を披露した。

 マイルにも一定のメドをつけたガイアフォース。陣営の考えが安藤氏と田原氏と同じ見解なら、秋は1800mの毎日王冠(G2)から2000mの天皇賞・秋(G1)に進む可能性もあるだろう。

 果たしてガイアフォースは今後どんなローテーションを歩むのか。次走に要注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

元JRA騎手2人の見解が完全一致!? 安田記念(G1)4着ガイアフォースに「〇〇でG1を狙えそう」「〇〇ならもっと無敵」のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  4. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  5. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  6. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  7. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為…ビッグレッドファームが来年GWの見学を休止。過去にあった非常識行為と、SNSやYouTubeの無断アップが後を絶たない問題