GJ > 競馬ニュース > 7年目若武者「消極的騎乗」でブービー大惨敗…「第二の師匠」とタイトル初奪取のチャンスも無念の一戦に
NEW

7年目若武者「消極的騎乗」でブービー大惨敗…「第二の師匠」とタイトル初奪取のチャンスも無念の一戦に

【この記事のキーワード】, ,
7年目若武者「消極的騎乗」でブービー大惨敗…「第二の師匠」とタイトル初奪取のチャンスも無念の一戦にの画像1
富田暁騎手

 6日に行われたダート重賞・エルムS(G3)は、武豊騎手のセキフウが優勝。最後方から徐々にポジションを押し上げてレースを進め、最後の直線で末脚が爆発。管理する武幸四郎調教師との兄弟タッグで重賞Vを決めた。

 武豊騎手はレース後「前が速くなりそうだったので、マイペースで行こうと思ってた」「いい脚を使ってくれました」と、してやったりのコメント。この日、3勝の固め打ちとなったレジェンドの手綱が実に冴えわたった格好である。

 セキフウは今後、昨年3着に敗れたコリアC(韓G3)への再戦も視野に入れているようだ。同レースは来月10日、ソウル競馬場で開催される。隣国の首都でも、武兄弟の重賞制覇が見られるかもしれない。

 一方で、富田暁騎手が騎乗した1番人気ペプチドナイル(牡5歳、栗東・武英智厩舎)は直線で早々に失速。14頭立てのブービー13着に終わっている。

 前哨戦のマリーンS(OP)を、3馬身半差で逃げ切っていた同馬。北海道のダート1700mで連勝中だっただけに、高い評価を受けることとなったのも頷ける。ここ2戦と同様に先手を奪い、堂々と押し切る競馬をファンは期待していたことだろう。

 だが、人馬は1コーナーでタイセイサムソンにハナを譲ると、好位のインに控える競馬を選択。終始砂を被る展開になったことが堪えたのか、4コーナー手前で早くも追っ付け通しとなる。直線に入るとすでに手応えが残っていなかったようで、ズルズルと後退していってしまった。

 自分の形に持ち込めず大惨敗を喫してしまっただけに、富田騎手はレース後「無理をさせてでも、強気にハナに行くべきだった。1番人気に支持して貰って申し訳ない。馬の状態が良かっただけに悔しい」と、無念の言葉を並べ立てていた。

「第二の師匠」とタイトル初奪取のチャンスも…

 だが、同騎手がレース後にこれほどまで悔やんだ理由は、消極的騎乗で人気を裏切ってしまったこと以外にもありそうだ。

「ペプチドナイルを管理する武英調教師が、富田騎手にとっては“第二の師匠”のような存在なんです。ここはタッグで重賞初制覇のチャンスだったのですが、悔しい結果となってしまいました」(競馬誌ライター)

 2017年のデビュー以来、栗東の木原一良厩舎に所属している富田騎手だが、同厩舎で調教助手を務めていたのが調教師になる以前の武英師だ。

 26歳の若武者・富田騎手は馬乗りの基礎などを、元騎手でもある武英調教師から教わったとのこと。『デイリースポーツ』の取材に対し「ヒデさん(武英調教師)がいなければ今の僕もいないです」とまで語ったほどの存在である。また武英調教師も富田騎手のことを、実の弟子のように接してきたようだ。

 今回のエルムSは富田騎手にとって、武英調教師に恩返しをする絶好のチャンスだった。意気込みが相当のものであったことは想像に難くないが、先述の通り後手の競馬でペプチドナイルの持ち味をまったく引き出せず、悔いの残るレースとなってしまった。

 残念ながら結果を出せなかった富田騎手だが、ペプチドナイルが控えると力を存分に発揮できないと明確になったことは、収穫の1つだったに違いない。この敗戦を糧に、次は攻めの騎乗で最高の結果を出してくれることを期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

7年目若武者「消極的騎乗」でブービー大惨敗…「第二の師匠」とタイトル初奪取のチャンスも無念の一戦にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬