GJ > 競馬ニュース > 【札幌2歳S(G3)展望】武豊「G1完全制覇」へ超大物ガイアメンテ出陣! 5馬身圧勝デビュー「噂の大物」ギャンブルルームと激突!
NEW

【札幌2歳S(G3)展望】武豊「G1完全制覇」へ超大物ガイアメンテ出陣! 5馬身圧勝デビュー「噂の大物」ギャンブルルームと激突!

【札幌2歳S(G3)展望】武豊「G1完全制覇」へ超大物ガイアメンテ出陣! 5馬身圧勝デビュー「噂の大物」ギャンブルルームと激突!の画像1

 6月10日から始まった13週間に及ぶ夏の北海道シリーズもいよいよ最終週。9月2日(土)のメインに組まれているのは、出世レースの一つとしてすっかり定着した札幌2歳S(G3)だ。

 過去10年だけでも、後のG1馬が6頭(レッドリヴェール、レッツゴードンキ、ニシノデイジー、ソダシ、ユーバーレーベン、ジオグリフ)誕生している。今年も出走馬の中から来春のクラシックを狙える逸材は出現するのだろうか。

 既にデビュー勝ちを収めた2歳馬の中でも屈指の大物感を漂わせているのがガイアメンテ(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)だ。

 管理する須貝師がデビュー前から「能力は高そう」と評していた期待のドゥラメンテ産駒で、今月上旬のデビュー戦は、武豊騎手とサンデーレーシングのタッグでも大きな注目を浴びた。

 今回と同じ芝1800mを舞台に重馬場で行われた初戦は、前半3ハロン38秒2のスローな流れを2番手から抜け出し、最後は2馬身の差をつけた。2着に敗れたコルレオニスは女傑ハープスターの半弟として注目の存在だったが、そんな良血馬をまったく寄せ付けなかった。

 武騎手は「強かったですね。いい走りでした。ストライドが大きくて力強く、安心して乗っていられました。今後が楽しみになる素材です」と、ガイアメンテの走りをべた褒め。周囲からも、武騎手がG1レースで唯一勝てていないホープフルS(G1)を狙える、という声が上がるほどだ。

 武騎手が“G1コンプリート”を果たすためにも、ここはあくまでも通過点か。初戦の内容から、1番人気に支持されることは濃厚で、よほどの不利がなければアッサリの可能性は高いだろう。

 もし武騎手がサンデーR所有馬で重賞を勝てば、ローズキングダムとのコンビで制した2010年ジャパンC(G1)以来、13年ぶりとなる。年末には赤十字襷、袖黄縦縞の勝負服を身にまとい、スポットライトを浴びることになるのか。ガイアメンテと武騎手の2戦目に注目が集まる。


 ギャンブルルーム(牡2歳、栗東・大久保龍志厩舎)も将来の飛躍が期待される1頭だ。

 宝塚記念(G1)当日に阪神・芝1800mを舞台に行われる新馬戦は、将来有望な若駒が集結することで有名なレースだが、今年はギャンブルルームが衝撃的なデビューを飾っている。

 その勝ちっぷりは、まさに鮮やか。4角最後方からあっという間に6頭をごぼう抜きすると、上がり33秒7の末脚を繰り出し、最後は2着馬に5馬身の差をつけた。同レースの2着馬、5着馬、そして6着馬が次走で勝ち上がっており、レースレベルもかなり高かった。洋芝は初となるが、札幌入り後の追い切りではパワフルな動きを見せており、難なくこなす可能性は高いだろう。

 混戦になればウールデュボヌール(牡2歳、栗東・須貝尚介厩舎)の勝負根性がモノをいう。

 8月20日の札幌・芝2000mで川田将雅騎手を背にデビュー戦勝利を収め、今回は中1週での競馬となる。ウインマクシマムと人気を分け合った初戦は、最終的に2番人気に落ち着いたが、ライバル馬との一騎打ちをアタマ差で制した。

 好スタートを切り、押し出されるようにハナに立ったウールデュボヌール。3ハロン目から14秒3-14秒3-13秒6という超スローのラップを刻み、向正面では2番手に控える形となった。

 勝負所では、後方から一気に進出したウインマクシマムに交わされかけたが川田騎手が必死に押っ付けて抵抗。4角手前からは人気馬同士のデッドヒートとなり、直線でいったんは2番手に下がる場面もあったが、驚異の勝負根性を見せて最後は差し返した。

 結果的に勝利を手にしたものの、2000mでもズブい面を見せるなど課題も見せた。1ハロンの距離短縮はプラスとはいえなさそうだが、1度使われた上積みは見込める。C.ルメール騎手との新コンビで打倒ガイアメンテを狙う。


 門別で3戦目に勝ち上がったスクリーンヒーロー産駒の道営馬、カイコウ(セ2歳、北海道・田中正二厩舎)も侮れない存在だ。

 地元門別でも「1-1-2-0」と勝ち味に遅いが、先週末のクローバー賞(OP)では中央の強豪を相手に、初芝ながら7番人気で2着に食い込んだ。近親にはトウカイテイオーもいて、JRA勢をまとめて負かすようなら、その人気に火がつくかもしれない。


 この他には、良血馬が顔をそろえた新馬戦を逃げ切ったスワーヴリチャード産駒のパワーホール(牡2歳、栗東・昆貢厩舎)、兄に13年の目黒記念(G2)を勝ったムスカテールと、21年のダイヤモンドS(G3)を勝ったグロンディオーズがいるロジルーラー(牡2歳、美浦・稲垣幸雄厩舎)、初戦はレガレイラの2着に敗れたが、2戦目で順当勝ちしたセットアップ(牡2歳、美浦・鹿戸雄一厩舎)などにも注目したい。

 2歳馬には初の中距離重賞となる一戦でクラシック候補に名乗りを上げるのは武騎手のガイアメンテか、それとも……。発走は9月2日、15時25分を予定している。

【札幌2歳S(G3)展望】武豊「G1完全制覇」へ超大物ガイアメンテ出陣! 5馬身圧勝デビュー「噂の大物」ギャンブルルームと激突!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  5. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  8. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  9. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  10. NHKマイルCに「史上最高メンバー」集結!? 2歳女王アスコリピチェーノVS2歳王者ジャンタルマンタルに加え「あの大物」参戦も…役割を終えたマル外ダービーに脚光