GJ > 競馬ニュース > なぜ武豊から若手騎手に乗り替わり…オールカマーから始動するジェラルディーナ、大舞台のステップレースに臨む陣営の「本音」とは
NEW

なぜ武豊から若手騎手に乗り替わり…オールカマーから始動するジェラルディーナ、大舞台のステップレースに臨む陣営の「本音」とは

【この記事のキーワード】, ,
なぜ武豊から若手騎手に乗り替わり…オールカマーから始動するジェラルディーナ、大舞台のステップレースに臨む陣営の「本音」とはの画像1
オールカマーに出走予定のタイトルホルダー。競走中止明けの一戦だけに取捨が難しい

 9月も後半に入り、本格的な秋のムードが漂い始めている。ビッグレースの足音も着実に近づいてくる中、24日には中山競馬場で古馬中長距離G1の前哨戦・オールカマー(G2)が行われる。

 出走予定馬の中で最も注目を集めるのが、G1・3勝の実績を誇るタイトルホルダーだ。今年初戦となった日経賞(G2)を8馬身差の大楽勝。しかし、連覇をかけて臨んだ天皇賞・春(G1)では2周目4コーナーでまさかの故障発症、競走中止となってしまった。

 幸いそこまで大事には至らなかったものの、その後、春は全休。今回のオールカマーは約5ヶ月ぶりの復帰戦となる。美浦に帰厩してからは順調に追い切りを消化しているようだが、いかんせん故障明けの一戦となるだけに、馬券的に勝負をしづらい馬であることは間違いない。

 となると、タイトルホルダーの次に支持を受けることが想定され、またディフェンディングチャンピオンでもあるジェラルディーナ(牝5歳、栗東・斉藤崇史厩舎)に本命候補の食指が動くのは当然だろう。

 昨年の本レースを1馬身半差で完勝すると、続くエリザベス女王杯(G1)も制して一気にG1馬に上り詰めた。前走の宝塚記念(G1)でも現役最強馬イクイノックスから0.2秒差の4着に好走するなど、まさに充実一途である。故障明けのタイトルホルダーよりも、今年のオールカマーはこちらを信頼の軸として据えるのがベターか。

 ただ、前走の宝塚記念で手綱を取った武豊騎手から、団野大成騎手に乗り替わりが発表されたことはジェラルディーナの気になる要素の1つだ。

 キャリア5年目23歳の団野騎手は、今年3月の高松宮記念(G1)をファストフォースで制してG1ジョッキーの仲間入り。乗れる若手騎手の1人であることは間違いない。しかし、それでも当然ながらレジェンドジョッキー・武豊騎手とはまだまだすべての面で大きな差がある。

 今回、もしも陣営が「本気で」オールカマーを勝ちたいと思っていたとしたら、鞍上には何が何でも武豊騎手を確保していたのではないだろうか。

 ここでジェラルディーナが昨年、オールカマーに出走したときの状況を思い出してみたい。

 同馬は当時まだ重賞タイトルもなく、主な勝ち鞍は西宮S(3勝クラス)だった。つまりオールカマーで勝ち負けできなければ、賞金面でその後に控えるG1レースに出走できるかどうか危うい状況だったのである。だからこそ鞍上に関東のトップジョッキーである横山武史騎手を据えるなど、必勝態勢を敷いてきたといえるだろう。

 それに対し、今年のジェラルディーナは状況が一変している。すでに賞金も十分に稼いでいることから、仮に前哨戦で敗れたとしても、秋の大一番で出走枠に入れるかどうかを心配する必要はなさそうだ。

 武豊騎手から若手騎手に乗り替わり、収得賞金は十分ある上、大目標はこの先……これらの要素から見えてくることは「ジェラルディーナは今回、果たしてオールカマーを本気で勝ちにくるのか」ということではないだろうか。

なぜ武豊から若手騎手に乗り替わり…オールカマーから始動するジェラルディーナ、大舞台のステップレースに臨む陣営の「本音」とはの画像2
ディフェンディングチャンピオンとして臨むジェラルディーナ。ビッグレースも控えるが……

 もちろん競馬は、出走する全馬が「1着」を目指すことを大前提として成り立っている競技であることは言うまでもない。だが一方で、競馬界には目標前の、いわゆる「叩き台」としてのレースも当たり前のように存在する。

 これが予想を難しくしている要素の1つであることは間違いない。なぜなら競馬新聞のコメント欄などに「今回は叩き台です。買わないでください」などとは、まず掲載されないからだ。

 有力馬の前哨戦の厩舎コメントといえば、大抵は「目標はまだ先だが十分に走れる状態」といったところだろう。そして、その言葉を鵜呑みにして馬券を購入するとあっさりと馬券圏外に敗れ、痛い目を見たことのある競馬ファンは多いのではないだろうか。

 その後、期待を裏切られた腹いせに本番で軽視したところ、逆に激走される始末……。競馬新聞に記載された表面だけの情報を発端に、裏目の馬券を買い続け、負け続けるのが、残念ながらわれわれ素人のよくあるパターンなのである。

 そして、何も考えずにマスコミの情報を信じ続ける限り、負けはこれからも繰り返されることだろう。

 この無限ループに歯止めをかけたいのであれば、やはり競馬新聞やネット情報よりも、さらに「深く核心に迫った情報」を手に入れる必要があるのではないだろうか。

 今回、有力馬の取捨選択が非常に難しいオールカマーだが、業界の中でも創業27年を誇る老舗『競馬セブン』は現在キャンペーン中ということもあり、会員登録するだけでオールカマーの「勝負買い目馬連3点(隠れ穴馬含む)」を特別無料公開してくれるというのだ。

 競馬新聞は基本的に各陣営の「建前的なコメント」しか掲載されない。それに対し、プロは関係者から「本音」を引き出し、それをそのまま情報として提供してくれるのだから、まさに雲泥の差である。

 ではなぜ、そんな「本音」を関係者から聞き出すことが可能なのか。

 それは『競馬セブン』に名を連ねる面々が元JRA騎手で元JRA競馬学校の教官である徳吉一己を始め、元JRA調教師の小原伊佐美・嶋田潤・二本柳俊一、社台グループの礎を築いた林勲、競馬記者歴40年以上の古川幸弘など、その筋の「プロ中のプロ」であるからにほかならない。

 そんな重鎮たちが集めた情報を今回、無料で得ることができるというのである。もちろん登録料なども一切かからないというのだから太っ腹だ。

 また今回、私たちは『競馬セブン』の関係者から少しだけ話を聞くこともできた。

「今年のオールカマーで主役級の扱いを受けるタイトルホルダーやジェラルディーナは、弊社も長年見てきた馬だけに、関係者との独自の情報ルートには確固たるものがあります。特に今回は2頭とも状態面がカギを握っているだけに、早い段階から綿密な取材を行ってきたつもりです。

 また、この2頭だけでなく、他の出走馬に関してもすでに大方の調査は完了している状況。あとは今週の最終追い切りを待つばかりですが、すでに『特穴級』の注目馬もいるだけに、今年は配当面でも楽しみなレースになりそうです」(競馬セブン関係者)

 実際に『競馬セブン』はジェラルディーナが2着した昨年の鳴尾記念(G3)でも馬連1590円、三連複2470円、三連単1万2620円を完全的中。デビュー時からマークし続けてきた調査網は、対象を丸裸にしたも同然の状況とさえ言われている。古馬王道路線は、まさに十八番と言って良い得意分野だ。

 これまで通り競馬新聞を眺めているだけでは決して知ることのできなかった情報が現在、『競馬セブン』に登録するだけでゲットできるチャンス。ちなみに過去のオールカマーを何度も的中させてきたという『競馬セブン』だが、中でも会心の馬券だったのは一昨年だったという。

「この年のオールカマーはウインマリリンを本命に馬連1980円、三連複4340円、そして三連単2万1980円を完全的中させていだだいています。1番人気レイパパレを危険視する情報を諸々掴んでいましたので軽視し、非常に少ない点数で高配当を的中させることができました。

 そして今年のオールカマーなのですが、実は私たちはその一昨年に引けを取らないほどの自信を持っています。だからこそキャンペーンとして今回、登録していただいたお客様に馬連3点(隠れ穴馬含む)を無料公開させていただくことを決定させていただきました」(同関係者)

 オールカマーは昨年、1,2、3番人気が揃って馬券圏外に敗れるなど難解なレースである。それをわずか3点まで絞り込んだ上に的中させる自信があるとは、他の追随を許さないほどの人脈と、数々の的中実績があるからこそなせる業なのだろう。

 逆に言うならば、競馬ないし馬券は関係者の「本音」さえ分かってしまえば案外簡単なものであると言えるかもしれない。それを引き出す能力に最も長けているだろう『競馬セブン』が今日まで勝ち続けているのが、その何よりの証左といえるのではないだろうか。

なぜ武豊から若手騎手に乗り替わり…オールカマーから始動するジェラルディーナ、大舞台のステップレースに臨む陣営の「本音」とはの画像3
関係者の「本音」さえ知ることができれば、帯ゲットもそう難しいことではない!?

 なお『競馬セブン』に登録して得られる情報は、なにもオールカマーの「勝負買い目馬連3点(隠れ穴馬含む)」だけではないというのだから驚きだ。

 “オモテに出ないような”本物の関係者情報を知ることができる「週刊セブン砲」に、馬券派必見のマル秘情報である「今週の一攫千金ネタ」、東西のトレセンに太いパイプを持つ『競馬セブン』だからこそ提供できる「栗東&美浦レポート」といった、まさに垂涎といえる情報が「毎週無料」で得られるのである。

 さらに「今週の買いジョッキー」、「今週の目イチ馬主」、「社台軍団の本音」、「重賞情報袋とじ」など、充実のコンテンツが満載だ。ちなみにこれらは競馬ファンのみならず、関係者も愛読しているというのだから、その信頼性は間違いないだろう。

 これから始まる秋競馬、そしてG1シリーズには『競馬セブン』の情報と共に臨んでみるのはいかがだろうか。これまで見てきた景色がまさに一変するかもしれない。

CLICK→【オールカマーの勝負買い目「馬連3点(隠れ穴馬含む)」を特別無料公開!】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

なぜ武豊から若手騎手に乗り替わり…オールカマーから始動するジェラルディーナ、大舞台のステップレースに臨む陣営の「本音」とはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. G1ホース3頭輩出「名繁殖牝馬」最後の仔が勝ち上がり! 佐々木主浩氏がすべて所有、産駒は8頭中7頭が白星
  2. ダノンデサイルにも先着した「実力馬」が5馬身差の圧逃劇!シンガリ惨敗から一気の変わり身で見えた菊花賞への道
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 安藤勝己氏も称賛「展開の読み」ズバリ!岩田康誠、半年ぶり重賞Vに“控えめ”ガッツポーズ…函館記念(G3)圧勝劇に「もっと大きい舞台に行ける」
  5. キャプテン渡辺「秘策」で14番人気アウスヴァールから大的中!オッズ逆転現象に苦しむも「素晴らしい!」とまさかの大絶賛…その狙いとは
  6. 物議醸した池添謙一の「粗暴行為」に新情報…同情集めた富田暁にもよからぬ噂、若手騎手が漏らした「ヤンチャ騒ぎ」の舞台裏
  7. 大井の帝王・的場文男「騎手間のトラブル」で騎乗変更命令…「見習いたくないところ」過去には後輩ジョッキーからもクレーム?
  8. 「106戦1勝」ジョッキーに22鞍の騎乗依頼!? 「トップ10入り」うかがう中堅騎手が地元でよもやの低迷……函館記念(G3)で大どんでん返しあるか
  9. アーモンドアイに食い下がった「実力馬」の初仔がノーステッキ初陣V!「能力は確かです」母と同舞台で初白星、ラスト一冠の惑星に急浮上?
  10. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは