GJ > 競馬ニュース > 「レモンポップ放出」戸崎圭太に究極の選択再び!? 砂の「超大物候補」が3馬身半差圧勝も次戦で鞍上問題発生か
NEW

「レモンポップ放出」戸崎圭太に究極の選択再び!? 砂の「超大物候補」が3馬身半差圧勝も次戦で鞍上問題発生か

【この記事のキーワード】, ,
「レモンポップ放出」戸崎圭太に究極の選択再び!? 砂の「超大物候補」が3馬身半差圧勝も次戦で鞍上問題発生かの画像1
レモンポップ

 月曜日に盛岡競馬場で行われた南部杯(G1)。単勝1.5倍の圧倒的支持を集めたレモンポップと坂井瑠星騎手のコンビがスタートからハナを奪い、そのまま後続に大差をつけて圧勝した。

 ダート1600mの勝ちタイムは、芝並みともいえる1分33秒8。今年のフェブラリーS(G1)から同馬の手綱を取っている坂井騎手はレース後「最高にうれしいです。強いことはわかっていたので、レモンポップと一緒にレースを楽しみました」とG1制覇の喜びを顕にしている。

 東北の地で度肝を抜く強さを見せたレモンポップと坂井騎手だが、もともと同馬の主戦を務めていたのが関東の戸崎圭太騎手である。

 同騎手はレモンポップのデビューから10戦のうち8戦で騎乗し、7勝2着1回とほぼパーフェクトの成績。今年1月に開催されたフェブラリーSの前哨戦、根岸S(G3)でも勝利に導き、パートナーに初重賞のタイトルをもたらしている。

 ただ、本番ではもう1頭のお手馬であるドライスタウトに騎乗。結果はご存知の通りレモンポップが優勝し、戸崎騎手とドライスタウトは4着。本人にとっても難しい選択だったことは想像に難くない。手放したレモンポップはその後も手綱が戻ってきていないだけに、戸崎騎手にしても何かしら思うところもあるかもしれない。

 そんな戸崎騎手の元にまた新たなダートの超大物候補が現れた。それが南部杯と同日の東京競馬場で行われたグリーンチャンネルC(L)を快勝したオメガギネス(牡3歳、美浦・大和田成厩舎)である。

 ダート1600mで争われた一戦で、道中は3番手の外目を行きっぷりよく追走。直線に向いてからも抜群の手応えで抜け出すと、最後は後続に3馬身半差をつける快勝。戸崎騎手とはデビュー以来コンビを組み続けており、これで4戦3勝2着1回という成績となった。

 ちなみグリーンチャンネルCで1番人気に推されていたペリエールは、前走ユニコーンS(G3)を3馬身差で圧勝。勝ちタイムの1分35秒0は開催時期こそ違えど、レモンポップが勝ったフェブラリーSのそれを0秒6も上回るという価値の高いものである。

 そのためレース後には、手綱を取っていたC.ルメール騎手が「むちゃくちゃ強かった」「G1レベルで頑張ってくれると思う」と絶賛したのも当然だ。そんなペリエールをちぎり捨ててしまったのだから、オメガギネスが非常に楽しみな1頭となったことは間違いない。

砂の「超大物候補」が次戦で鞍上問題発生か

「レモンポップ放出」戸崎圭太に究極の選択再び!? 砂の「超大物候補」が3馬身半差圧勝も次戦で鞍上問題発生かの画像2
戸崎圭太騎手

 ただ、戸崎騎手にとってはまた新たに難しい問題が発生しそうだという。

「グリーンチャンネルCの後、オメガギネスを管理する大和田師が順調なら次は武蔵野S(G3)と話していましたが、ここにはドライスタウトも出走を予定しているんですよ。仮にバッティングすることになれば、戸崎騎手は再びフェブラリーSのときと同じように難しい判断を迫られることになりそうです」(競馬誌ライター)

 ドライスタウトも前走、浦和のオーバルスプリント(G3)を単勝1倍台で完勝している、ダート短距離界の有力馬の1頭。魅力の面ではオメガギネスに引けを取らない上、何よりフェブラリーSではレモンポップと苦渋の選択を強いられた馬である。

 戸崎騎手は先週終了時点で関東リーディング2位。売れっ子の宿命といえばそれまでだが、本人としては体が2つ欲しいところかもしれない。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

「レモンポップ放出」戸崎圭太に究極の選択再び!? 砂の「超大物候補」が3馬身半差圧勝も次戦で鞍上問題発生かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 日本ダービー「初騎乗」の陰で騎手免許「取消」申請…同期の間で分かれた明暗、ジョッキー界の過酷な生存競争
  2. ゴールドシップ繋養牧場でまた迷惑行為 わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! C.ルメール「単勝1.1倍」7馬身差の圧勝劇に「新しいレモンポップ」の声!【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. 【日本ダービー】シャフリヤールは無敗の皐月賞馬をなぜ逆転できたのか? 関係者が漏らした「裏話」に隠れたヒント…追い詰められた戸崎圭太に「未勝利」の不安も
  4. 【日本ダービー】戸崎圭太「今年は俺だったのになぁ」も12番人気の激走に戴冠スルリ…。C.ルメール騎乗停止と出遅れで歯車狂った大本命馬。「うれしいのと悲しいのと……」調教師すら苦笑いした200万馬券!
  5. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  6. わずか「1頭」の初年度産駒がデビュー戦8馬身差の大楽勝! 突如現れた「後継候補」はサウスヴィグラス希望の光となるか
  7. 【日本ダービー】「引っ越し代100万」を稼いでこそギャンブラー…キャプテン渡辺が考える人気馬を切ることよりも大事なこと【徒然なる神のくず競馬トーク】
  8. 【日本ダービー(G1)予想】ジャスティンミラノ2冠は困難と判断。実績の割に人気がないコスモキュランダがダービー馬に名乗りを上げる
  9. 【日本ダービー】キャプテン渡辺「本命」はジャスティンミラノ…ではなく、あの馬!? 「いや、この馬すげえわ」神の馬券術を操る男が早くも勝利宣言!?【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 【日本ダービー】女傑レガレイラが超えるべき壁。「64年ぶり」に歴史を変えた名牝ウオッカとの比較で見えた“ジャスティンミラノ超えの奇跡”