GJ > 競馬ニュース > 【マイルCS】3歳馬の活躍がエルトンバローズを後押し!「4戦全勝」西村淳也の急成長が快進撃をバックアップ
NEW

【マイルCS】3歳馬の活躍がエルトンバローズを後押し!「4戦全勝」西村淳也の急成長が快進撃をバックアップ

【マイルCS】3歳馬の活躍がエルトンバローズを後押し!「4戦全勝」西村淳也の急成長が快進撃をバックアップの画像1
エルトンバローズ 撮影:Ruriko.I

 19日に京都競馬場で行われるマイルCS(G1)。昨年優勝したセリフォスや2021年のNHKマイルC(G1)を制したシュネルマイスターなど、トップマイラーが淀の舞台に集結する。

 人気はセリフォスとシュネルマイスターに集中しそうだが、昨年に3歳馬のセリフォスが頂点を極めたように、今年のエルトンバローズ(牡3歳、栗東・杉山晴紀厩舎)も侮れない1頭だ。

 本馬はデビューから4戦未勝利と出遅れたが、西村淳也騎手と初コンビを組んでから4連勝と別馬のように出世。エルトンバローズに初めて乗った時、「未勝利にいる馬ではない」という感触を得た西村淳騎手の言葉通り、まるで別馬のような急成長を見せている。

 初重賞勝ちを決めたラジオNIKKEI賞(G3)でレーベンスティールに勝利し、同馬はその後のセントライト記念(G2)で皐月賞馬ソールオリエンスをも破った。2頭の実績を物差しにすると、エルトンバローズもまた世代トップレベルの実力馬と言えるだろう。

 中でも一際目を引いたのは、トップマイラーのソングラインやシュネルマイスターに勝利した前走の毎日王冠(G2)だ。敗れた2頭が、最後の直線でスムーズさを欠いたお陰という見方もあるが、運だけでG1馬2頭を相手にG2を勝利できるものではない。

 さらにマイルCSで3歳世代の健闘が目立っているのも好材料。過去10年で3歳馬の優勝が3回と、古馬混合G1の中で有馬記念に次いで3歳馬が好相性のレースでもある。このまま5連勝を決めてG1タイトルを獲得するようなら、今後のマイル路線を牽引していく存在となれるはずだ。

「4戦全勝」西村淳也騎手の急成長が快進撃をバックアップ

【マイルCS】3歳馬の活躍がエルトンバローズを後押し!「4戦全勝」西村淳也の急成長が快進撃をバックアップの画像2
西村淳也騎手 撮影:Ruriko.I

 ただ、エルトンバローズの快進撃と鞍上の西村淳騎手の手腕は切り離せないことも事実である。

 先週の開催終了時点で67勝を挙げて全国リーディング10位と好調。ローカル中心だった昨年から主開催へと活躍の場を広げ、今年のG1戦線ではガイアフォースとのコンビで人気を上回る着順に健闘した。

 先週12日に行われた日曜京都の10R室町S(OP)では、12番人気の超人気薄アイスリアンで大波乱を演出。乗れる若手騎手の注目株として好成績を残している。

 また、西村淳騎手が大波乱を起こしたレースとして有名なのは、10頭立ての最低人気だったギベオンで、大本命に推された三冠牝馬デアリングタクトを相手に大金星を挙げた21年の金鯱賞(G2)だろう。このときの単勝はなんと2万2730円、三連単78万3010円を演出した。騎乗馬の人気に関係なく、何かをやってくれそうな予感が持てる騎手である。

 西村淳騎手が「計り知れない能力を持っている」と期待を募らせるエルトンバローズ。田中調教助手も「右回りがいいし、京都も経験しているのは強み。能力が高い馬だし、G1メンバーでどこまでやれるか楽しみです」と前向きなコメントも出た。

 覚醒しつつある3歳馬&24歳ジョッキーの若武者コンビの一発に期待したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【マイルCS】3歳馬の活躍がエルトンバローズを後押し!「4戦全勝」西村淳也の急成長が快進撃をバックアップのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 「7馬身差」大楽勝の大器に第2のレモンポップの声!? ラムジェット凌駕の勝ちタイム…「7戦6勝」C.ルメールで連勝へ
  2. 名門の「結晶的」配合馬が武豊とデビュー! 調教師も騎手時代「G1初優勝」の縁…スピード自慢の父に初白星プレゼントへ
  3. 「警報級大雨のち傘マーク」はドウデュースに試練? 「重馬場濃厚」の宝塚記念(G1)で注目したい道悪巧者
  4. 密かに注目集める宝塚記念「前日」の新馬戦…C.ルメール絶賛もわずか「1戦」で生涯を終えたG1・6勝馬の全弟
  5. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  6. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス
  7. 「正直よく分からない」「今日は走らなかった」武豊すら戸惑った惨敗…7冠馬の父が勝てなかった宝塚記念、ドウデュースはライバルのリベンジに続けるか
  8. 【宝塚記念】ドウデュースとベラジオオペラ…人気馬を買えるか買えないか!?本命・対抗・穴馬の4頭ジャッジ
  9. 宝塚記念は「4分の1」の正解を引けたら当たる!? キャプテン渡辺の考える有力馬の序列【徒然なる神のくず競馬トーク】
  10. 「27キロ減」激やせがファンを翻弄した宝塚記念…C.ルメールも福永祐一も馬券圏外、「50万馬券」の波乱に一役買った香港の刺客