GJ > 競馬ニュース > 有馬記念(G1)ソールオリエンス×川田将雅「内定」か。ジャスティンパレス継続も危うい状況…若手No.1横山武史に試練の時
NEW

有馬記念(G1)ソールオリエンス×川田将雅「内定」か。ジャスティンパレス継続も危うい状況…若手No.1横山武史に試練の時

有馬記念(G1)ソールオリエンス×川田将雅「内定」か。ジャスティンパレス継続も危うい状況…若手No.1横山武史に試練の時の画像1
藤岡康太騎手 撮影:Ruriko.I

「期待に応えられてよかった。すごい声援を頂きましたし、嬉しかった」

 19日のマイルCS(G1)をナミュールで勝利し、見事な代打Vを決めた藤岡康太騎手。この日の2Rで騎乗予定だったR.ムーア騎手が落馬負傷し、急遽の依頼が舞い込んだのは本番が約3時間後に迫った昼休み過ぎという“緊急事態”だった。

 だが、G1有力馬の代打という大きなプレッシャーに打ち勝った騎乗ぶりは、ファンだけでなく関係者にも大きなインパクトを残したに違いない。これが14年ぶりのG1制覇となるなど大舞台から遠ざかっていた藤岡康騎手だが、これからは間違いなく状況が好転するはずだ。

 その一方で、この藤岡康騎手の勝利によって、より厳しい視線に晒されているのがナミュールの元主戦だった横山武史騎手のようだ。

 初コンビとなった昨年3月のチューリップ賞(G2)で結果を残し、今年6月の安田記念(G1)までナミュールと共に歩んできた横山武騎手。しかし、その後の桜花賞(G1)以降、約1年3か月で勝利を挙げることは叶わず……。

 特に、2番人気に支持されたヴィクトリアマイル(G1)で本人が「不完全燃焼」「あのような不利を食らっては力を発揮できない」と嘆くほどの不利を受け、さらに安田記念でも「直線でまた不利を受けてしまいました」とコメントするなど、期待された今春のマイルG1・2戦を不完全燃焼に終わると、ついに別れの時が来てしまった。

 主戦騎手として煮え切らないまま終わってしまった感があるが、その後、秋の始動戦・富士S(G2)で新コンビを組んだJ.モレイラ騎手が一発回答。レース後に「もっと大きなレースを勝てる」と絶賛すると、その約1か月後のマイルCSで藤岡康騎手が今度は代打V……。

 横山武騎手にとっては、かつての相棒が自分の手を離れた途端、スターダムにのし上がった格好だ。

「はっきり言って、ナミュールの春2戦は横山武騎手にとっても可哀想な面があったと思います。しかし、競馬は結果がすべて。結果だけを見ると、後にマイル王になったナミュールで1年以上勝てなかった横山武騎手というイメージが残ってしまいます。

特にナミュールは一口馬主クラブのキャロットファーム所属と、競馬界で絶対的な影響力を持つノーザンファーム関係の有力馬。近年の社台・ノーザン絡みの乗り替わり事情は本当にシビアですし、それは横山武騎手のようなトップジョッキーでも例外ではありません」(競馬記者)

 記者がそう話すのも、今後の横山武騎手に「さらに大きな主戦降板」が囁かれているからだという。

ソールオリエンス×川田将雅騎手「内定」か…

有馬記念(G1)ソールオリエンス×川田将雅「内定」か。ジャスティンパレス継続も危うい状況…若手No.1横山武史に試練の時の画像2
ソールオリエンス 撮影:Ruriko.I

「実は今年の皐月賞(G1)を横山武騎手とのコンビで勝ったソールオリエンスですが、有馬記念(G1)に向かった場合、川田将雅騎手と新コンビを組むことが内定しているそうです。

そうなってくると、横山武騎手は天皇賞・秋(G1)で2着したジャスティンパレスとのコンビが濃厚ですが、それも『C.ルメール騎手次第』と確定ではないとのこと。現状は凱旋門賞(G1)で4着に健闘したスルーセブンシーズに騎乗する予定のルメール騎手ですが、仮に本馬が回避ということになれば、ジャスティンパレスの鞍上がスライドする可能性が高そうです」(同)

 ソールオリエンスといえば、今年になって横山武騎手とコンビを結成。京成杯(G3)、皐月賞を連勝して世代の中心に躍り出た。

 その後も日本ダービー(G1)2着、セントライト記念(G2)2着、菊花賞(G1)3着と勝ち切れないまでも堂々たる戦いを見せているようにも見えたが、強いて挙げれば3戦とも1番人気を裏切ってしまっていることが響いたのかもしれない。

 奇しくも現在のリーディングはルメール騎手が1位で、川田騎手が2位で、横山武騎手が3位。競馬界を代表する2大ジョッキーに名実ともに食い込めるか、若手No.1ジョッキーに試練の時が訪れようとしている。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

有馬記念(G1)ソールオリエンス×川田将雅「内定」か。ジャスティンパレス継続も危うい状況…若手No.1横山武史に試練の時のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  4. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  5. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?
  8. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  9. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  10. 【クイーンS(G3)展望】秋を見据え「逆襲」の武豊ボンドガール登場! 秋華賞馬スタニングローズ、ウンブライルら古馬陣が迎撃