GJ > 競馬ニュース > 無敗馬はジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、エコロヴァルツだけじゃない!朝日杯FS「紅一点」の素質馬に注目
NEW

無敗馬はジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、エコロヴァルツだけじゃない!朝日杯FS「紅一点」の素質馬に注目

無敗馬はジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、エコロヴァルツだけじゃない!朝日杯FS「紅一点」の素質馬に注目の画像1

 17日に阪神競馬場で行われる朝日杯フューチュリティS(G1)。15日現在、『netkeiba.com』が公開している予想オッズではジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、エコロヴァルツら無敗馬が上位人気に名を連ねている。

 そんな中でキャリア1戦ではあるものの、同じく無敗で出走するのがタガノエルピーダ(牝2歳、栗東・斉藤崇史厩舎)だ。

朝日杯FS「紅一点」の素質馬に注目

 1週前の阪神ジュベナイルF(G1)は抽選を突破できず除外。しかし斉藤師は「今の段階でG1へ挑戦することに意義がある」と、条件戦で着実に賞金を加算するよりも牡馬相手の朝日杯FSを選択した。

 タガノエルピーダはキャリア1戦とはいえ、10月京都の新馬戦でメンバー最速の上がり33秒5を披露して危なげなく快勝と内容は悪くない。

 負かした相手も強かった。2着馬クランフォードはその後の未勝利戦を難なく勝利。クランフォードの父ブリックスアンドモルタルは初年度からゴンバデカーブースやイーグルノワールなど重賞馬を送り出しており、クランフォードも有望株の1頭だ。

 今年は「ダービーは乗り替わりでは勝てない」「帝王賞(G1)は連覇できない」「宝塚記念(G1)で1番人気の関東馬は勝てない」など、多くのジンクスが破られた年として競馬ファンの間で話題になった。新馬勝ちから2戦目で朝日杯FSを連勝した2015年リオンディーズの例もある。

 同レースの牝馬による勝利はG1格上げ前の80年テンモンが最後。近年牝馬が好走した例は18年のグランアレグリアによる3着があった。「名牝グランアレグリアですら3着なのか……」と感じるかもしれないが、同馬を管理していた藤沢和雄調教師は当時「カイ食いが悪い割に体重は増えていた」とコンディションに不安があったとも振り返っていた。

 その点、タガノエルピーダは心配なさそうだ。斉藤師は「(阪神JFから)レースが1週延びた分でさらに調整が進んで、よりいい状態に仕上がってくると考えています」と好調をアピール。「阪神に替わるが、坂路でも力強く動けているので直線の坂は大丈夫」とコース適性についても自信があるようだ。

無敗馬はジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、エコロヴァルツだけじゃない!朝日杯FS「紅一点」の素質馬に注目の画像2
団野大成騎手 撮影:Ruriko.I

 新馬戦に続き鞍上は団野大成騎手。今年12番人気ファストフォースで高松宮記念(G1)を制した期待の若手は、新馬戦後に「能力がある事はわかっていました」「今後が楽しみです」と好感触を掴んでいる。

 グランアレグリアですら突き当たった壁を、タガノエルピーダが突破できるか注目だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

無敗馬はジャンタルマンタル、ダノンマッキンリー、エコロヴァルツだけじゃない!朝日杯FS「紅一点」の素質馬に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 父キタサンブラック似イケメンの「超抜追い切り」にファン騒然!中京記念(G3)出走馬を「子供扱い」した2歳馬の正体
  3. 種牡馬ドゥラメンテ「最終世代」が2歳戦初白星! 荒削りながら逃走劇を決めた「一番星」に期待する声
  4. 「馬券購入ほう助疑惑」の名手や世界のデットーリも騎乗…日本で唯一の産駒オフトレイルが重賞制覇、注目の種牡馬「ファー」ってどんな馬?
  5. 武豊「面目は保ったと思います」今年もWASJ参戦決定! 初年度から唯一の皆勤、「表彰台率」は脅威の7割超え
  6. 種付け料の「300倍」でマカヒキ産駒、悲運の名馬シャケトラの半弟を落札…ディープインパクト、キングカメハメハの素質見抜いた金子真人オーナーの思い入れ
  7. 武豊「40連敗中」弱点発覚で100万馬券ゲット!「武豊だから消し」で荒稼ぎする競馬予想AIとは
  8. 大江原比呂が「魔法少女」に大変身!? 注目の良血馬もデビュー、「独断と偏見」で選ぶオススメ2歳新馬たち
  9. 「さらば小牧太」そしておかえり…地方競馬再デビューに祝福の声続々!12番人気で大穴開けた「700万馬券」やバラ一族悲願のG1奪取にも貢献
  10. 武豊に米ブリーダーズC参戦プラン浮上! ドウデュース凱旋門賞白紙も「2頭の無敗の怪物」で米国競馬を席巻?