GJ > 競馬ニュース > ホープフルS(G1)に「4頭出し」の大攻勢、キズナが初の2歳リーディング奪取へ!ライバル・エピファネイアは「3年連続」2位が濃厚?
NEW

ホープフルS(G1)に「4頭出し」の大攻勢、キズナが初の2歳リーディング奪取へ!ライバル・エピファネイアは「3年連続」2位が濃厚?

ホープフルS(G1)に「4頭出し」の大攻勢、キズナが初の2歳リーディング奪取へ!ライバル・エピファネイアは「3年連続」2位が濃厚?の画像1
撮影:Ruriko.I

 2023年の中央競馬も残すところあと1日。最終日の28日には、中山と阪神の2場で計24レースが組まれている。

 やはり最大の注目は、中山のメイン・ホープフルS(G1)だろう。2017年にG1へ昇格すると、2歳馬の中距離王決定戦として定着。これまでサートゥルナーリアやコントレイルといった名馬が、ここを勝った翌年に大きく飛躍している。

 そして、ここ数年はホープフルSの結果をもって、中央2歳リーディングサイヤーの座が決しており、そういう意味でも注目の一戦といえそうだ。

2歳世代のリーディングサイヤー争いが大激戦

 結論から先に言うと、今年の2歳リーディングサイヤー争いは、キズナとエピファネイアの一騎打ち状態。最終日を前に4億1555.8万円を稼いで1位のキズナに対し、4億1443.3万円のエピファネイアは2位という大激戦となっている。

「今年の中央2歳リーディングは、ロケットスタートを見せた新種牡馬のスワーヴリチャードが秋口までリードする展開でしたが、10月に入ってエピファネイアが逆転しました。朝日杯フューチュリティS(G1)の週を終えた時点で、エピファネイアが首位を守っていましたが、有馬記念(G1)の週を終えて、キズナがその座を奪取。2013年の日本ダービー(G1)で接戦を演じた2頭が100万円ほどの差で開催最終日を迎えます。

僅差でトップに立っているキズナですが、ホープフルSの4頭(サンライズジパング、インザモーメント、ショウナンラプンタ、センチュリボンド)を含めて8頭の2歳馬がスタンバイ。一方のエピファネイアは、ホープフルSに登録があったニューステソーロが抽選に漏れてしまったため、出走するのは未勝利戦の3頭のみ。数的にもキズナが圧倒的に優勢となりそうです」(競馬誌ライター)

 僅差の2位で最終日を迎えることになったエピファネイアだが、実は過去2年のホープフルSデーを同ランキング1位で迎えていたという。

「2年前の2021年は、エピファネイアが2歳リーディング1位で最終日を迎えましたが、ホープフルSでディープインパクト産駒のキラーアビリティとジャスティンパレスがワンツーフィニッシュを決めたため、4000万円ほどあった差をひっくり返されました。

そして昨年は、人気薄のドゥラエレーデがホープフルSを勝利したため、その父であるドゥラメンテに逆転され、エピファネイアは約86万円差の2位に終わっています。

エピファネイアにとっては、まるで連続2着に敗れた現役時代の皐月賞(G1)とダービーのような展開。三度目の正直で、今年こそ2歳リーディングサイヤーに輝いてもらいたいところですが、永遠のライバル・キズナが大きく立ちはだかることになりそうです」(同)

 エピファネイアはこのまま3年連続の2位に終わってしまうのか、それとも奇跡の逆転劇を演じることになるのか。木曜日の午後にその結果が判明する。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

ホープフルS(G1)に「4頭出し」の大攻勢、キズナが初の2歳リーディング奪取へ!ライバル・エピファネイアは「3年連続」2位が濃厚?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 福永祐一絶賛「未完の大器」近親はダービー馬と同配合!「能力は高いですよ」期待の好素材がスピードの違いでデビューV
  2. 「17対3」の雪辱に燃える社台ファームが絶好調!ノーザンファームは宝塚記念に精鋭ズラリ…覇権をかけた直接対決が面白い
  3. C.ルメールと「確勝級」デビュー? 母はG1を2勝、叔母はグランプリ3連覇…宝塚記念前に期待の超良血が登場
  4. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  5. イクイノックスの母が制した9年前のマーメイドS! 勝利に導いた鞍上は藤岡康太…2着馬は宝塚記念で最強馬相手に大金星
  6. 武豊×福永祐一「注目タッグ」の好素材とC.ルメールの良血が激突! 宝塚記念「当日」の新馬戦は今年も見逃せない一戦
  7. シンザン記念1番人気に推された「良血」が復活V! 名牝エアグルーヴの孫が重賞に匹敵の好時計で快進撃の予感
  8. JRAマーメイドS、栗東トレセンから届いた福永祐一厩舎エーデルブルーメ「本当の評価」とは
  9. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  10. 「6戦合計40馬身差」“川崎のヤマニンウルス”がついに中央へ殴り込み!? 妹は『ウマ娘』藤田晋オーナーが1億円超で落札の血統馬