GJ > 競馬ニュース > 【東京大賞典】終わってみれば「チョー簡単」だった?無敗の三冠馬ミックファイア轟沈も…最後の大一番でファンが試されたのは記憶力
NEW

【東京大賞典】終わってみれば「チョー簡単」だった?無敗の三冠馬ミックファイア轟沈も…最後の大一番でファンが試されたのは記憶力

【この記事のキーワード】, ,
【東京大賞典】終わってみれば「チョー簡単」だった?無敗の三冠馬ミックファイア轟沈も…最後の大一番でファンが試されたのは記憶力の画像1
撮影:Ruriko.I

 中央競馬では有馬記念(G1)、ホープフルS(G1)が終わり、正真正銘今年ラストのG1となった東京大賞典。精鋭9頭が集結したダートの祭典を制したのは、昨年に続く連覇を飾ったウシュバテソーロだった。

 最後の直線に入っても、後方3番手という苦しい位置からの差し切り勝ち。管理する高木登調教師は、「届くのかなと心配して見ていました」と振り返っていた一方、騎乗していた川田将雅騎手は、「自信を持っていますのでゴールまでには届くなと思っていました」と見た目以上に余裕があったようだ。

上位に入った騎手の手腕が目立つ結果に……

 また、2着に入ったウィルソンテソーロに騎乗した原優介騎手も、見事としか言いようがない好騎乗でパートナーの好走を導いている。本人曰く「逃げる予定はなかった」らしいのだが、逃げると見られていたミックファイアがゲートで突進して行けなかったため、「ならば行かせていただこう」と思い切った逃げを選択したらしい。

 逃げ馬不在のレースにもかかわらず、どの騎手も消極的な乗り方に終始した結果、超スローペースとなるケースは日常茶飯事。そんなとき、後方で脚を余した騎手がファンからの批判に晒されることも珍しくはない。臨機応変に対応した原騎手の柔軟性が、大穴を連発した今年の大活躍を物語っているのだろう。

 そして、3着ドゥラエレーデに騎乗していたB.ムルザバエフ騎手も乗り慣れない大井競馬場で抜群の安定感。ウィルソンテソーロの原騎手同様、「乗れる穴騎手」として、ますますファンの支持が集まりそうである。

 その一方で、単勝1.7倍の断然人気を集めたウシュバテソーロはともかく、2着が6番人気ウィルソンテソーロ、3着が4番人気ドゥラエレーデという結果は、有馬記念(G1)の反省を生かせたファンにとっては、「チョー簡単」な予想だったのかもしれない。

「2番人気キングズソードが5着に敗れ、3番人気に無敗で南関三冠馬に輝いたミックファイアが8着に凡走したこともあり、3連単の払戻は1→6→4番人気の組み合わせで6950円と悪くない配当となりました。

まじめに予想をした人からすると少々難解だったかもしれませんが、有馬記念でしっかり反省できていた人なら“一発回答”で結論を出せたという声もSNSで見掛けました。あくまで結果論に過ぎませんけども、これってほぼチャンピオンズC(G1)の再現なんですよ」(競馬誌ライター)

東京大賞典でヒントになったのは有馬記念の結果?

 一瞬何の話かと疑問に思ったものの、言われてみれば確かに2着ウィルソンテソーロ、3着ドゥラエレーデは、チャンピオンズCとまったく同じ着順。レモンポップが不在だったとはいえ、勝ち馬が昨年の覇者で大本命のウシュバテソーロなら納得せざるを得ない。

 それがどうして有馬記念と関係があるのかというと、ジャパンC(G1)で4着だったドウデュースが優勝し、3着スターズオンアースが2着、5着タイトルホルダーが3着というわけである。それでも2→7→6番人気の3連単で4万2110円という高配当が飛び出していた。

 つまり、「直近のJRA・G1で上位に入った馬をそのまま上から買うだけでよかった」ということになる。

 ジャパンC優勝のイクイノックス、2着リバティアイランドが有馬記念で不在だったように、チャンピオンズCで1着のレモンポップが東京大賞典でも不在。なら2着ウィルソンテソーロ、3着ドゥラエレーデと大本命ウシュバテソーロの組み合わせは、そこまで難しい予想をする必要もなかったというオチらしい。

 こちらについては、有馬記念が終わった後に「そうだったのか」「忘れていた」と悔やんでいるファンもSNSで見られたため、当時の反省を生かして最後に大逆転を成功させたファンもいたはずだ。

 終わってからなら何とでもいえるのは確かだが、実際にそれで的中したという話もチラホラ……。そういう意味では「記憶力も試された」今年の東京大賞典ではなかったか。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【東京大賞典】終わってみれば「チョー簡単」だった?無敗の三冠馬ミックファイア轟沈も…最後の大一番でファンが試されたのは記憶力のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

23:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 今村聖奈、小林美駒、古川奈穂が戦線離脱…「新人女性騎手」にかかる期待 過怠金「計16万円」若手騎手が土日で4回の制裁! 2年目若手騎手「まるで宝くじ」と話題!?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. 「怪物候補」に早くもイクイノックス二世の声!?鞍上はドゥラメンテ、スターズオンアースで無念の降板…「7馬身差」より際立った加速と爆発力
  3. 【アイビスSD】“新婚”藤田菜七子騎手が得意の千直でビッグチャンス!超穴馬マウンテンムスメが大波乱を演出か?
  4. 「G1・3勝」の名牝も彷彿? 武豊&ナムラローズマリーが3連勝達成!「力もスピードもある」北海道で急上昇の短距離牝馬
  5. 「計224歳」横山典弘、武豊、柴田善臣、小牧太の爺祭り!?小倉、札幌、福島で大活躍…ラストライドの名手は「131万馬券」で有終の美
  6. 小牧太「JRAラストライド」は12番人気V!「好判断」の連続がこの日唯一の100万馬券もたらす
  7. 福永祐一厩舎「良血2歳馬」が仕切り直しのデビュー戦! 川田将雅が騎乗する「同期」の血統馬がライバル?
  8. 「ドゥラメンテ×フランケル」良血2歳馬がレコードV!パドックで放馬もなんの「矢作厩舎×DMMドリームクラブ」から新たな大物候補が誕生
  9. ヤマニンウルスに次ぐ2位の好タイムで「6馬身差」圧勝劇! 新たな怪物候補の登場に横山武史「大きなところも狙える」
  10. 「伝説の朝日杯」から新たな重賞ウイナーが誕生! ドウデュースはじめG1馬が4頭…遅れてきた「好素材」が初タイトル