GJ > 競馬ニュース > 【東京新聞杯】ジャスティンカフェに「燃え尽き症候群」? エフフォーリア、デアリングタクトと重なるエピファネイア産駒の残念な傾向
NEW

【東京新聞杯】ジャスティンカフェに「燃え尽き症候群」? エフフォーリア、デアリングタクトと重なるエピファネイア産駒の残念な傾向

【東京新聞杯】ジャスティンカフェに「燃え尽き症候群」? エフフォーリア、デアリングタクトと重なるエピファネイア産駒の残念な傾向の画像1

 今週末に行われる東京新聞杯(G3)は、安田記念(G1)とヴィクトリアマイル(G1)に続く重要なレース。過去にこのレースをステップに大一番で結果を残した馬も多く、今年も目が離せないレースだ。

 主な出走馬は昨年のマイルCS(G1)3着ジャスティンカフェ、秋華賞(G1)2着マスクトディーヴァ、NHKマイルC(G1)2着ウンブライル、さらに昨年の優勝馬ウインカーネリアンや、ドルチェモア、コナコースト、マテンロウスカイなどハイレベルなメンバーが揃いそうだ。

 1番人気はジャスティンカフェかマスクトディーヴァになりそうだが、どうもジャスティンカフェは期待より不安の方が大きい。というのも、早熟傾向が否めないエピファネイア産駒であること、そして同産駒で4歳以降まったく結果が出なかったエフフォーリアやデアリングタクトと重なる部分があるからだ。

 エピファネイアは現役時代に菊花賞(G1)を制し、4歳時にはジャパンC(G1)を快勝。5歳初戦のドバイワールドC(G1)を最後に引退したため、6歳以降の成長力に関しては未知数であった。種牡馬としては皐月賞(G1)、天皇賞・秋(G1)、有馬記念(G1)を制したエフフォーリア、無敗で牝馬三冠を達成したデアリングタクトを輩出し、強烈なインパクトを見せつけたのはご存知の通り。

 しかしここまでの産駒を見てみると、どちらかというと早熟傾向がみられる。日本中央競馬会(JRA)の重賞を17勝しているが、その内訳は2歳馬が2勝、3歳馬が10勝、4歳馬が2勝、5歳馬が3勝となっており、勝利した7つのG1レースは2~3歳時でのもの。6歳以上は重賞未勝利、4歳以上のG1は未勝利なのだ。

 実際に初年度産駒の現7歳馬で現役なのはアリストテレス、メイショウボサツ、タイセイシリウス、ヤマニンエルモサのわずか4頭しかいない。さらに6歳以上でJRAで勝利した馬は一頭もいないという現実がある。つまり2~3歳での成績はトップクラスであるものの、古馬になってからは完全に尻すぼみとなっているのだ。この傾向からも、エピファネイア産駒の6歳馬ジャスティンカフェにとって、この東京新聞杯だけでなく安田記念でも成長力を問われるところだ。

 さらに追い打ちをかけるのが、エピファネイアの代表産駒として飛ぶ鳥を落とす勢いで勝ち続けながら、ばったりと勢いが止まり4歳以降に1勝もできなかった、エフフォーリアやデアリングタクトと通ずる点があることだ。

ジャスティンカフェに「燃え尽き症候群」?

 それは「燃え尽き症候群」のようなものかもしれない。

 具体的には前年に出走した最後のG1レースで馬券圏内に好走すると、年明け初戦は人気に応えられず敗退するというもの。有馬記念を制したエフフォーリアは翌年の大阪杯(G1)で9着に敗退し、そのまま未勝利で引退。同様にデアリングタクトもジャパンCで3着に好走した翌年の金鯱賞(G2)で敗退。その後は6戦未勝利で引退している。

 他にも阪神ジュベナイルF(G1)を勝利したサークルオブライフ、菊花賞2着オーソクレースも同様のケースとなっている。アリストテレスは菊花賞2着後のアメリカジョッキークラブC(G2)を勝利したが、同馬はそれを最後に13連敗とかつての勢いは見る影もない。

 これらの事実からも、前年のG1レースで好走したエピファネイア産駒には、燃え尽き症候群のような傾向がみられるといって過言ではない。ちなみに父エピファネイアもその傾向があり、菊花賞を制した後の大阪杯(G2・当時)で1.9倍の1番人気ながら3着に敗退している。

 つまりここまで17戦のキャリアがあり、前走のマイルCSで3着に好走したジャスティンカフェは、むしろあの激走で燃え尽きてしまった疑惑があるのだ。

 実績のないエピファネイア産駒の6歳馬。G1レースを激走したことによる燃え尽き症候群。以上の理由からも、ここでジャスティンカフェが人気になるようならバッサリ斬って勝負するのも悪くはないのではないか。その場合、狙いは活きのいい4歳牝馬マスクトディーヴァやウンブライルあたりだろう。

仙谷コウタ

仙谷コウタ

初競馬は父親に連れていかれた大井競馬。学生時代から東京競馬場に通い、最初に的中させた重賞はセンゴクシルバーが勝ったダイヤモンドS(G3)。卒業後は出版社のアルバイトを経て競馬雑誌の編集、編集長も歴任。その後テレビやラジオの競馬番組制作にも携わり、多くの人脈を構築する。今はフリーで活動する傍ら、雑誌時代の分析力と人脈を活かし独自の視点でレースの分析を行っている。座右の銘は「万馬券以外は元返し」。

【東京新聞杯】ジャスティンカフェに「燃え尽き症候群」? エフフォーリア、デアリングタクトと重なるエピファネイア産駒の残念な傾向のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 武豊「器用さが全くない」、川田将雅「時間が必要なタイプ」辛口評価は期待の裏返し!? 単勝1.3倍のスマートワイスがオープン入りに王手
  2. 宝塚記念に「匹敵」の豪華メンバー集結!?「スーパーG2」札幌記念にクラシックホース続々参戦、有力馬「分散」の懸念も
  3. 「意識しないといったら嘘になる」武豊の記録更新狙うも大敗…かつての大型新人・三浦皇成が13年間の「絶縁」を経て名門とメイン初勝利
  4. T.オシェア「52連敗中」G1騎乗なしのまま帰国の途へ…青葉賞1番人気のヘデントールもC.ルメールに乗り替わり完勝
  5. 永島まなみ、川田将雅の1、2着馬を凌ぐ将来性!?「馬っぷり抜けてた」元JRA安藤勝己氏が高評価を与えた新星ホールネス
  6. 【さきたま杯(G1)展望】ダート王・レモンポップ登場! 坂井瑠星「一番の敵は…」小回り適性でシャマル、イグナイターらに逆転の可能性あり
  7. 宝塚記念(G1)「大本命」武豊×ドウデュースも戦々恐々!? 昨年は世界No.1イクイノックスが「冷や汗もの」の勝利…C.ルメールが「最も戦いたくなかった」相手とは
  8. 「ユタカァ、あけろー!」藤田伸二氏が明かした“恐喝”日本ダービー制覇の裏話…“怒り心頭”武豊から掛けられた恐怖の言葉とは
  9. “謹慎解除”D.レーンはやっぱり凄かった?宝塚記念に続き「帝王賞でダートの怪物」とコンビ決定…モレイラロスでも最強助っ人は健在
  10. 17年前の武豊が最後…宝塚記念「鉄の掟」C.ルメール×ジャスティンパレスは買うな? ゴールドシップの「120億円事件」など悲惨すぎるジンクス