GJ > 競馬ニュース > M.デムーロ「化け物の弟」とトライアル覇者で究極の選択!? 懇意のオーナーと「G1も一緒に勝ちたい」…皐月賞を前に「鞍上問題」発生か
NEW

M.デムーロ「化け物の弟」とトライアル覇者で究極の選択!? 懇意のオーナーと「G1も一緒に勝ちたい」…皐月賞を前に「鞍上問題」発生か

M.デムーロ「化け物の弟」とトライアル覇者で究極の選択!? 懇意のオーナーと「G1も一緒に勝ちたい」…皐月賞を前に「鞍上問題」発生かの画像1
M.デムーロ騎手

 先週3日の皐月賞トライアル・弥生賞ディープインパクト記念(G2)はコスモキュランダ(牡3歳、美浦・加藤士津八厩舎)が優勝。G1・2着のシンエンペラーに1馬身1/4差をつけた走りも然ることながら、騎乗したM.デムーロ騎手の手綱さばきも光った一戦だった。

 レース前半は中団後ろを追走していたが、3コーナーでまくるように逃げ馬の直後まで進出。直線で前を交わすと最後まで後続を寄せ付けなかった。ゴール後には派手なガッツポーズも飛び出しており、デムーロ騎手にとっても会心の勝利だったに違いない。

 単勝34.9倍という低評価を覆して初タイトルをもたらした好騎乗に対し、コスモキュランダを管理する加藤士調教師が「ジョッキーがすごく上手に乗ってくれました。途中から仕掛けて行ってくれて、特徴を掴んで上手く乗ってくれました」と手放しで褒め称えたのも当然だろう。

 最大級の賛辞を与えられたデムーロ騎手も、今回の勝利に「めちゃくちゃ嬉しいです」と喜びを表し「いい馬ですし、この後が楽しみです」と、一躍クラシック候補に浮上したパートナーを評価するとともに、皐月賞(G1)を意識するようなコメントを残した。なおG1制覇を見据えるコスモキュランダは、このまま在厩調整で一冠目を目指す予定だ。

 ただ、実は皐月賞にはデムーロ騎手のもう1頭のお手馬もすでに参戦を表明している。それが先月24日のすみれS(L)を快勝したサンライズアース(牡3歳、栗東・石坂公一厩舎)である。

 このレースでもデムーロ騎手は3コーナー付近から豪快なまくりを打ち、直線で再加速して後続の追い上げを完封。レース後にデムーロ騎手も「めっちゃ強かった!」と称賛した。

 勝ち時計2分12秒0も、阪神・芝2200mのすみれSで歴代2位。後に日本ダービー(G1)を勝利するフサイチコンコルドやキングカメハメハを上回る好タイムで制したのだから、この先が非常に楽しみになったといえるだろう。

懇意にしているオーナーの所有馬

 またデムーロ騎手とのコンビでデビュー2連勝となったサンライズアースは、同騎手にとってサンライズマックスやサンライズソアなどで昔からお世話になっている松岡隆雄オーナー(名義はライフハウス)の所有馬でもある。

『日刊スポーツ』に連載している『ミルコ魂』の中でも「近いうちにぜひG1も一緒に勝ちたいね」と話しており、まだ底を見せていないサンライズアースは、そう簡単に手放せないだろう。

「最近でもサンライズホークで重賞3連勝を飾るなど、松岡オーナーとデムーロ騎手が懇意であることは知られるところ。またサンライズアースは、デビュー5連勝で昨年のみやこS(G3)を勝ち、デムーロ騎手も『netkeiba.com』のコラムで『化け物』『ヤバい』と絶賛していたセラフィックコールの弟でもあるんですよね。

実績的には重賞を勝っているコスモキュランダでしょうが、サンライズアースもここまで無敗である上に血統的にも魅力を秘めた1頭。本番ではデムーロ騎手がどちらに跨るか注目を集めそうです」(競馬誌ライター)

 ちなみにデムーロ騎手といえば2019年の皐月賞にアドマイヤマーズとのコンビで挑んだが、元お手馬のサートゥルナーリアに勝たれてしまうほろ苦い経験もしている。

 来月14日の皐月賞本番まであと1ヶ月と少し、デムーロ騎手には悩ましい日々が続きそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

M.デムーロ「化け物の弟」とトライアル覇者で究極の選択!? 懇意のオーナーと「G1も一緒に勝ちたい」…皐月賞を前に「鞍上問題」発生かのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配