GJ > 競馬ニュース > 藤田菜七子「126連敗」で崖っぷち、女性騎手ワースト更新の可能性も…現在の最多連敗は昨年未勝利だったあの若手騎手
NEW

藤田菜七子「126連敗」で崖っぷち、女性騎手ワースト更新の可能性も…現在の最多連敗は昨年未勝利だったあの若手騎手

【この記事のキーワード】, ,
藤田菜七子「126連敗」で崖っぷち、女性騎手ワースト更新の可能性も…現在の最多連敗は昨年未勝利だったあの若手騎手の画像1
藤田菜七子騎手

 3月も半ばとなり中央競馬はトライアルシーズンの真っ只中。すでに2024年度の新人ジョッキーたちもデビューしており、先週は新規開業の調教師も続々とデビューを果たした。

 中でもハナ差2着に敗れたものの、武豊騎手とのタッグで初陣を迎えた福永祐一厩舎は大いに話題を集めた。また新人ジョッキーでは柴田裕一郎騎手と長浜鴻緒騎手が早くも嬉しい初勝利を手にしている。

 来週24日の高松宮記念から春のG1シリーズも開幕。ますます盛り上がること間違いなしだが、そんな中で波に乗れていないのが藤田菜七子騎手だ。

 昨今の女性騎手ブームのパイオニア的存在であり、JRA通算160勝を挙げている同騎手だが、今年ここまで上位人気馬に騎乗する機会もありながら未勝利……。2019年には年間43勝をマークし重賞タイトルも手にしたが、近年では後輩女性騎手の今村聖奈騎手や永島まなみ騎手の台頭もあり、かつての勢いに陰りが出てきたことも否定できそうにない。

 実は最後に勝ち星を挙げたのが昨年11月5日であることから、実に4ヶ月以上も白星に見放されるスランプが続いている状況。連敗記録は先週終了時点で126まで伸びてしまっている。

「藤田騎手の最多連敗記録は2021年から22年にかけての126。つまり現時点でワーストに並んでおり、今週末の最初の騎乗で白星を挙げなければ記録を更新する恐れもあります。

またJRA女性騎手の最多連敗記録が板倉真由子元騎手の132。藤田騎手は今週末の騎乗数次第では、こちらの数字も更新してしまう可能性も出てきました。それだけに、早い段階で何とか1勝を挙げておきたいですね」(競馬誌ライター)

現在の最多連敗騎手は…

 現在126連敗中と、もはや崖っぷちに近い状況といえる藤田騎手だが、この数字は石田拓郎騎手と並んで6位タイ。さらに長い連敗街道に突入しているジョッキーが上に5人いるのでちょっと確認してみたい。


■現在連敗中の騎手上位5名 ※()は最後に勝利を挙げた日付

1位 大久保友雅騎手 175連敗 (22年8月20日)
2位 江田照男騎手 163連敗 (23年8月5日)
3位 木幡巧也騎手 130連敗 (23年12月23日)
4位 井上敏樹騎手 128連敗 (20年5月17日)
5位 高倉稜騎手 127連敗 (23年5月13日)


 現在ワースト1位は3年目の大久保騎手で175連敗。昨年は年間を通して未勝利に終わったが「現状を変えたいと思い、ニュージーランドに行くことを決意した」と一念発起し、1月30日に日本から南半球に飛び立った。まだまだ若く伸びしろもあるだけに、復帰後の巻き返しに期待できそうだ。

 52歳のベテラン・江田照騎手も連敗が長引いているが、地方ではテリオスベルと重賞を制している。同馬とは6日のダイオライト記念(G2)でも2着に入り、その腕の健在ぶりをアピールしている。そう遠くないうちに白星を手にしても不思議ではない。

 藤田騎手もスマイルアップやアイファーバトル、ヨリノサファイヤなど上位人気に支持される馬にも騎乗していることから、決してチャンスが無いわけではないだろう。同騎手を含め連敗中のジョッキーたちには今週末にも待望の勝利を期待したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

藤田菜七子「126連敗」で崖っぷち、女性騎手ワースト更新の可能性も…現在の最多連敗は昨年未勝利だったあの若手騎手のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配