GJ > 競馬ニュース > 【ドバイターフ】ドウデュースが証明する「伝説の朝日杯組」の実力!最強世代の強さ際立つ4歳世代の不振…「武豊の夢」に近づく第一歩となるか
NEW

【ドバイターフ】ドウデュースが証明する「伝説の朝日杯組」の実力!最強世代の強さ際立つ4歳世代の不振…「武豊の夢」に近づく第一歩となるか

【この記事のキーワード】, ,
【ドバイターフ】ドウデュースが証明する「伝説の朝日杯組」の実力!最強世代の強さ際立つ4歳世代の不振…「武豊の夢」に近づく第一歩となるかの画像1
ドウデュース 撮影:Ruriko.I

 最近よく耳にする4歳世代の低レベル疑惑。短距離や牝馬限定の重賞では結果を残しているものの、芝の王道である中距離重賞では年長馬の前に悉く敗戦を喫した。

 ただ、昨年の有馬記念(G1)で皐月賞馬ソールオリエンス、ダービー馬タスティエーラがそろって力負けをしていただけに、それほど大きな驚きがあったのかとなると微妙なところ。本来なら両馬を菊花賞(G1)で一蹴したドゥレッツァに名誉挽回の期待が集まったが、金鯱賞(G2)でプログノーシスから5馬身も置き去りにされる完敗。目標とする天皇賞・春(G1)の制覇に黄色信号が灯った。

 そんな4歳世代とは逆に最強世代といえそうなのが、ひとつ上の5歳世代である。

 世界最強馬に上り詰めたイクイノックスを筆頭に、本馬をダービーで退けたドウデュース、マイルCS(G1)を制したセリフォスやナミュール、スプリンターズS(G1)を制したママコチャらもこの世代。今年の芝王道路線でも5歳世代の躍進が目立つ。

 中でも5歳世代のレベルの高さを証明したのは、2021年の朝日杯フューチュリティS(G1)だろう。

■2021年朝日杯FS(G1)

1着 ドウデュース    日本ダービー、有馬記念
2着 セリフォス     マイルCS
3着 ダノンスコーピオン NHKマイルC
4着 アルナシーム
5着 ジオグリフ     皐月賞

 ご覧の通り、このレースに出走した複数の馬が、後にG1を優勝している。同じレースに出走していた馬がG1を勝つと「伝説の~」のように例えられることもあるが、この朝日杯FSも伝説といってもおかしくない豪華メンバーが集まっていたといえる。

 また、この世代の層の厚さは2022年のセントライト記念(G2)でも改めて浮き彫りとなった。

■2022年セントライト記念(G2)

1着 ガイアフォース   マイラーズC(2着)、フェブラリーS(2着)
2着 アスクビクターモア 菊花賞
3着 ローシャムパーク  函館記念、オールカマー
4着 セイウンハーデス  七夕賞
5着 ラーグルフ     中山金杯
13着 マテンロウスカイ  中山記念

 こちらは3~5着馬が古馬になって重賞を制覇。近年のセントライト記念でもかなりの好メンバーが出走していた年といえるだろう。そしてこの世代の総大将があのイクイノックスだった訳だから、ハイレベル世代として今後も語り継がれるのではないか。

 イクイノックスがターフを去り、後を任されたドウデュースが挑む30日のドバイターフ(G1)。昨年は左前肢跛行のため、無念の出走取消を経験したが、主戦の武豊騎手が「ボクがワクワクする気持ちも想像がつくでしょう」と自身の公式サイトで伝えたように、調整過程はいたって順調だ。

 陣営としても昨年の忘れ物を取りに行く今年。結果次第ではレジェンドの夢でもある「凱旋門賞制覇」にも大きく近づけるだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【ドバイターフ】ドウデュースが証明する「伝説の朝日杯組」の実力!最強世代の強さ際立つ4歳世代の不振…「武豊の夢」に近づく第一歩となるかのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配