GJ > 競馬ニュース > 【スプリングS(G2)】シックスペンス「皐月賞を目指すには1800mくらいこなしてくれないと」ジュンゴールド「前回はイレ込みがきつかった」コスモブッドレア「ここでも好勝負に」極選現場ネタ!
NEW

【スプリングS(G2)】シックスペンス「皐月賞を目指すには1800mくらいこなしてくれないと」ジュンゴールド「前回はイレ込みがきつかった」コスモブッドレア「ここでも好勝負に」極選現場ネタ!

【スプリングS(G2)】シックスペンス「皐月賞を目指すには1800mくらいこなしてくれないと」ジュンゴールド「前回はイレ込みがきつかった」コスモブッドレア「ここでも好勝負に」極選現場ネタ!の画像1

 17日、中山競馬場の芝・1800mで行われるスプリングS(G2)。3着以内には皐月賞(G1)の優先出走権が付与されるとあって、今年も激しい争いが予想されている。

 そんな大事な一戦に向かう陣営の情報が編集部に届けられた。今回はその一部を紹介しよう。

 シックスペンス(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)は、勢いそのまま皐月賞への切符をゲットしたい。

 昨秋の中山2歳新馬戦(芝・1600m)でC.ルメール騎手を背に快勝。暮れの中山で開催されたひいらぎ賞(1勝クラス/芝・1600m)では石川裕紀人騎手に乗り替わったが、外目の2番手追走から早めに抜け出し、危なげない形で連勝を飾った。

「前走後は放牧に出されて、ここを目標に調整されていたようです。追い切りの動きも問題ないですね。これまではマイルしか走っていませんが、潜在能力の高さは周囲も認めるところ。

国枝師も『以前より体も成長しているので、距離延長にも対応可能』と語り、『皐月賞を目指すには1800mくらいこなしてくれないと困ります』と強気でした」(美浦関係者・A)

 今回はデビュー戦でコンビを組んだルメール騎手が鞍上を務める。クラシック出走に向けて視界良好か?

 

 ジュンゴールド(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)には巻き返しの期待がかかる。

 デビュー戦、紫菊賞(1勝クラス)と、いずれも2着に3馬身半の差をつけて快勝。だが、今年の初戦となった京成杯(G3)では1番人気に支持されるも、まさかの12着と大敗を喫する。鞍上の坂井瑠星騎手が控えて後方追走の戦略を取るも、前に行きたがる素振りを見せるなど、気性面の悪さが出て脚を溜められなかったのが痛かった。

「本来はセンスのいい馬なのですが、前回はイレ込みがきつかったですね。さらに外枠が響いて掛かってしまい、レースになりませんでした。

終わってからひと息入れたことで、リフレッシュできたようです。スタッフも『ここに向けてしっかりと乗り込んで力の出せる態勢』と巻き返しに自信をのぞかせていましたよ。中山も2回目とあって慣れもありますしね」(栗東関係者・A)

 今回は1枠1番の最ウチをゲット。前走から距離短縮もプラスに働くだろう。ジュンゴールドが捲土重来を果たすか。

 

 連勝中のレイデオロ産駒ペッレグリーニ(牡3歳、美浦・手塚貴久厩舎)も虎視眈々と上位を狙う。

 デビュー戦、2戦目ともに2着に終わるも、2歳未勝利、セントポーリア賞(1勝クラス)を連勝し、トライアルに挑む。

「先週の追い切りは最後がイマイチ伸びませんでしたね。ただ手塚師は『調教は動かないタイプなので、心配はいりません』と気にしていませんでした。これまでの戦績を見る限り、上がりの時計がかかる展開の方が向いていそうですね」(美浦関係者・B)

 父レイデオロに重賞初制覇をプレゼントできるか。

 

 ゴールドシップ産駒のコスモブッドレア(牡3歳、美浦・小野次郎厩舎)は今年に入って評価を上げている。

 前走の京成杯では10番人気ながら3着と激走。逃げ馬を見る形の2番手で進むと4角から進出し、一度は直線で先頭へ。しかし、外から伸びてきた2頭に交わされてしまった。

「前走で重賞の舞台でも通用する力を秘めていることは証明できましたね。

小野師は『器用さが売りで図太く粘れる根性もある』。前回から距離が短くなるのも『プラス材料。ここでも好勝負になりますよ』と前向きでしたよ」(美浦関係者・C)

 実績上位陣を脅かす1頭になる!?

 

 侮ると痛い目にあいそうなのが、アレグロブリランテ(牡3歳、美浦・上原佑紀厩舎)。

 前走の若竹賞(1勝クラス)で2着と好走。不良馬場の中で行われた1戦で、先行策を取り、一時は先頭に立つも外から伸びた勝馬の末脚に屈している。

「前走は乗っていたR.キングスコート騎手が『コーナーでフッと気を抜くところがある』と教えてくれました。全体的にしっかり走っていたんですけど、勝敗にはそれが影響したようです。

この中間はノーザンファーム天栄に放牧に出し、ここを目標に調整してきました。前走も馬体重は増えていましたけど、ここでもだいぶ増加傾向にあります。ただ、太め感はなく、むしろいい感じに見えますね。

先週の追い切りは引っ掛かるような面を見せて、スタッフたちをヒヤッとさせましたけど、今週の追い切りは落ち着いて走ってくれました。乗っていた横山和生騎手も状態の良さを感じてくれたようです」(美浦関係者・D)

 前走で顔をのぞかせた悪癖さえなければ好勝負も?

 皐月賞に名乗りを上げるのはどの馬になるのだろうか? 発走は15時45分を予定している。

【スプリングS(G2)】シックスペンス「皐月賞を目指すには1800mくらいこなしてくれないと」ジュンゴールド「前回はイレ込みがきつかった」コスモブッドレア「ここでも好勝負に」極選現場ネタ!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配