GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】戸崎圭太「継続騎乗」で大物とコンビ! 最も勝ちたいレースに「ダービー3勝」トレーナーが援護射撃
NEW

【皐月賞】戸崎圭太「継続騎乗」で大物とコンビ! 最も勝ちたいレースに「ダービー3勝」トレーナーが援護射撃

【この記事のキーワード】, ,
【皐月賞】戸崎圭太「継続騎乗」で大物とコンビ! 最も勝ちたいレースに「ダービー3勝」トレーナーが援護射撃の画像1
戸崎圭太騎手 撮影:Ruriko.I

 先月11日の共同通信杯(G3)を無敗で制したジャスティンミラノ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)が、引き続き戸崎圭太騎手とのコンビで皐月賞(G1)に向かうことが分かった。

 前走はキャリアわずか1戦、約3ヶ月ぶりの休み明けをものともせず、上がり3ハロン32秒6という切れ味で1馬身半差の完勝。昨年暮れの朝日杯フューチュリティS(G1)でワンツーを決めていたジャンタルマンタル、エコロヴァルツをまとめて撃破したことから、一躍クラシック候補に浮上したのも当然だ。

 このときが初コンビだった戸崎騎手も「乗りやすかったですし、強い勝ち方ができたと思います」とジャスティンミラノをべた褒め。その後、皐月賞での鞍上はしばらく宙に浮いていたが、正式に戸崎騎手の続投が発表されることとなった。

「昨年から今年にかけてレモンポップやドライスタウト、オメガギネスといった有力馬の悔しい乗り替わりが続いていた戸崎騎手にとっても、大物の騎乗依頼は朗報でしょう。

もとより今年の戸崎騎手は先週終了時点で27勝をマークし関東トップ、全国リーディングでも川田将雅騎手を上回る3位と絶好調。しかも過去10年で共同通信杯の勝ち馬は皐月賞で【3-1-2-4】と好相性であることから、2018年のエポカドーロ以来となる皐月賞2勝目も夢ではありませんね」(競馬誌ライター)

トップトレーナーと初の称号獲得へ

 また、過去に戸崎騎手の手綱で共同通信杯を制しクラシックに臨んだ馬といえば、2019年のダノンキングリーが思い出される。

 同馬も共同通信杯で朝日杯FS勝ち馬アドマイヤマーズを破り、クラシック候補に浮上。ただ皐月賞ではサートゥルナーリアからアタマ+ハナ差の3着、日本ダービー(G1)でも2番手から抜け出したロジャーバローズを捕えることができず、クビ差2着と涙を呑んだ。

 なお戸崎騎手はこの前年のダービーでも、エポカドーロで半馬身差の2着。後日『競馬ラボ』に連載しているコラム『週刊 戸崎圭太』の中で「今年は俺だったのになぁ」と悔しさを滲ませ、それから今日に至るまで日本ダービーのタイトルには手が届いていない。ちなみに戸崎騎手にとってダービーは「騎手として最も勝ちたいレース」だという。

 仮に今年、ジャスティンミラノとのコンビでダービーにも臨むこととなれば、悲願の初制覇を目指す戸崎騎手にとっては、同馬が友道厩舎の管理馬であることは大きなアドバンテージとなってきそうだ。

 というのも川田騎手がマカヒキ、そして福永祐一元騎手(現調教師)がワグネリアンと、それぞれ友道厩舎の管理馬で初となるダービージョッキーの称号を手にしているからである。

 その後、ドウデュースで1勝を加算し、ダービー3勝トレーナーとなった友道調教師も、ジャスティンミラノの素質を高く評価している。共同通信杯の頃から「調教の動きはマカヒキ、ワグネリアン、ドウデュースと現時点で遜色ない」と、自身が手掛けたダービー馬を引き合いに出したほどだった。

 戸崎騎手にとってはこの上ない陣営とともにダービーへ進むためにも、まずは無傷の3連勝でジャスティンミラノを皐月賞馬へと導きたいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】戸崎圭太「継続騎乗」で大物とコンビ! 最も勝ちたいレースに「ダービー3勝」トレーナーが援護射撃のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?