GJ > 競馬ニュース > 武豊×藤田晋オーナーの「遅れてきた好素材」がデビュー戦V! シンエンペラー、フォーエバーヤングなどに続く「世代5頭目」、重賞級の出世に期待
NEW

武豊×藤田晋オーナーの「遅れてきた好素材」がデビュー戦V! シンエンペラー、フォーエバーヤングなどに続く「世代5頭目」、重賞級の出世に期待

【この記事のキーワード】, ,
武豊×藤田晋オーナーの「遅れてきた好素材」がデビュー戦V! シンエンペラー、フォーエバーヤングなどに続く「世代5頭目」、重賞級の出世に期待の画像1
武豊騎手 撮影:Ruriko.I

 15日に55回目の誕生日を迎えた武豊騎手。55歳最初の騎乗となった土曜の阪神2Rではグランオースの手綱を取ると2、3番手につける積極策からゴール前で抜け出して見事に勝利を飾った。

 レース後の武豊騎手は「55歳には厳しい馬でしたね(笑)。半マイル追いっぱなしでしたよ」とジョークを交えながら喜びを語るなど、改めてその役者ぶりを見せつける結果となったが、これだけで終わらないのがレジェンドだ。

 次の騎乗となった5Rをラファミリア、6Rをトーラスシャインでそれぞれ1着となり、約1ヶ月ぶりとなる騎乗機会3連勝を達成。区切りのJRA通算4500勝にもこの時点であと「11」と迫っている。

 中でも既走馬相手のデビュー戦で白星を挙げたラファミリア(牡3歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、今後も覚えておきたい1頭だ。

 同馬は2021年のセレクトセールにおいて『ウマ娘 プリティーダービー』(Cygames)でおなじみの藤田晋オーナーが1億5000万円で購入したレイデオロ産駒。母は重賞4勝のアイムユアーズで、母系はエアグルーヴやドゥラメンテ、ルーラーシップなどと同じダイナカールの一族という血統馬である。

 その取引価格と血統背景からも陣営からの期待の高さは推し量れるところだが、かなりデビューが遅くなった上、坂路の最終追い切りも4ハロン54秒台ともうひとつ。ここは前走2着のテイクザクラウン、アリストテレスの全弟コンフェルマなど骨っぽいメンバー構成だったこともあり5番人気に留まった。

 ただ、芝2400mの一戦でラファミリアと武豊騎手のコンビは五分のスタートからハナに立つと、1000m通過61秒7のマイペースに持ち込み最後の直線に入る。一旦はコンフェルマに前に出られたが、再び盛り返す勝負根性を見せると最後は2着に半馬身差をつけてゴールを駆け抜けた。

「完全にコンフェルマの勝ちパターンに見えましたが、あの体勢から差し返したということは、かなりの実力を秘めている証でもあるでしょう。調教がいまひとつだったことから、ここを使われての上積みも見込めますし、血統的にも楽しみな馬が初陣を飾ってくれました」(競馬誌ライター)

3歳世代5頭目のデビュー勝ち

 また、藤田オーナーはこの日、中京3Rでもアウェイキングが白星を挙げており、現3歳世代はラファミリアで11頭目の勝ち上がりになるなど非常に好調だ。

 ちなみにラファミリアと同じくデビュー勝ちを決めた馬は他にも4頭おり、シンエンペラーがその後、京都2歳S(G3)を制してホープフルS(G1)でも2着。フォーエバーヤングは全日本2歳優駿(G1)を勝利し先月のサウジダービー(G3)も勝つなど目下4連勝中である。

 ボンドガールもサウジアラビアロイヤルC(G3)2着、ソンシがファルコンS(G3)3着と重賞クラスで活躍しているのだから、ラファミリアもこの先が非常に楽しみといえるのではないか。

 藤田オーナーとは昨年7月以来、久々の白星となった武豊騎手も「最後差し返してくれましたからね。能力がありそうです」とラファミリアの素質を評価。遅れてきた好素材の次のレースにも注目したい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊×藤田晋オーナーの「遅れてきた好素材」がデビュー戦V! シンエンペラー、フォーエバーヤングなどに続く「世代5頭目」、重賞級の出世に期待のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?