GJ > 競馬ニュース > シュトラウス「後方ポツン」の荒療治に復活の予兆見えた?クラシック候補の再登板はあるか…北村宏司「ドン詰まり」に田原成貴も苦言
NEW

シュトラウス「後方ポツン」の荒療治に復活の予兆見えた?クラシック候補の再登板はあるか…北村宏司「ドン詰まり」に田原成貴も苦言

【この記事のキーワード】, ,
シュトラウス「後方ポツン」の荒療治に復活の予兆見えた?クラシック候補の再登板はあるか…北村宏司「ドン詰まり」に田原成貴も苦言の画像1
シュトラウス 撮影:Ruriko.I

 16日に中京競馬場で行われたファルコンS(G3)。NHKマイルC(G1)を見据える重要なステップを制したのは、7番人気の伏兵ダノンマッキンリーだった。

 2戦無敗で臨んだ昨年の朝日杯フューチュリティS(G1)で3番人気に支持された逸材だったが、レースでは好位から伸びを欠き8着と振るわなかった。その後も1番人気に推されたクロッカスS(L)を5着に敗れ、ついにはC.ルメール騎手から北村友一騎手に乗り替わったこともあり、大きく人気を落としたものの、鞍上の好騎乗が見事な復活勝利を導いた。

 その一方、別の意味で最も注目を集めたのは、3番人気に支持されたシュトラウス(牡3、美浦・武井亮厩舎)である。

 本馬は昨秋にクラシックの登竜門といえる東京スポーツ杯2歳S(G2)を制し、朝日杯FSでも2番人気に推された実力の持ち主。このときは出遅れた上に、道中で折り合いを欠いて暴走気味にハナに立ち、最後の直線で失速して10着に大敗した。それまで手綱を取ったルメール騎手やJ.モレイラ騎手をして前進気勢の強さと乗り難しさに課題があると言わしめた“ヤンチャ坊主”だ。

 クラシック戦線に向かうのであれば、日曜中山のスプリングS(G2)に出走する選択肢もあったはずだが、陣営が選択したのは意外にも前日の芝1400m戦。2000m超のクラシックを見据えるには常識外れにすら映る距離短縮だが、シュトラウスの気性を考えれば、これくらいの荒療治も悪くなかったのかもしれない。

 レースでは9着に敗れはしたが、この着順のみで陣営の選択が大失敗だったとは、言い切れないことも確かだ。というのも、これまで制御が利かないほど行きたがっていたシュトラウスが、予想以上に後方からのレースで常識にかかる競馬をしていたからである。

「前走は出遅れての後方でしたが、今回はまるで横山典弘騎手の“後方ポツン”。道中で北村宏司騎手がなだめるのに苦労するシーンもありましたが、思っていた以上にスムーズな追走をしていました。

最後の直線で内に進路を取ったのが仇となって詰まってしまいましたが、楽な手応えで上がっていく姿は、今回の作戦が成功だったと思えるのに十分でした。まともに追えないままで9着はさすがです。進路さえあれば突き抜けたかもしれませんね」(競馬記者)

「ドン詰まり」に田原成貴氏も苦言

 レース後に「脚を余すような形になり申し訳ないです」とコメントした北村宏騎手に対し、元JRA騎手の田原成貴氏が『東スポレースチャンネル』でロジリオンの三浦皇成騎手と同じく「挟まりにわざわざ内に」「挟まらないでしょう、上手な人って」と苦言を呈していたように、敗因の比重が馬よりも騎手の方に大きかったと考えられる内容でもあった。

 そういう意味では結果的に大敗したものの、あれだけ行きたがる馬が“後方ポツン”で一変の可能性を見せたのだから、ファルコンSに使ったことがすべて無駄だったとは言い切れない。

「注目したいのはシュトラウス陣営の今後の路線選択ですよね。皐月賞(G1)を視野に入れても東スポ杯を勝っているので賞金的にはおそらく足りるでしょう。見方を変えればファルコンSは公開調教のような結果でした。

北村宏騎手にしても追い切りからコンタクトを取って、レースでは初騎乗でした。この敗戦でパートナーの癖を掴んだと思いますし、継続騎乗するようなら進展もあるでしょう。個人的には皐月賞で見てみたい馬ですね」(同)

 ネットの掲示板やSNSなどでは、一部のファンからメイケイエールの牡馬版と評する声も出ていたシュトラウス。非常に個性的な馬ではあるが、やんちゃな馬を見るとつい応援したくなるのも競馬ファンの性だ。

 NHKマイルCという選択肢ももちろんあるが、開催は5月とまだ先。少なくともファルコンSを使ったことに意味があったと思える内容だった。このまま短距離路線に切り替えるにしても、皐月賞で追試をしてからでも遅くはない。今後の陣営の動向に引き続き注目しておきたい。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

シュトラウス「後方ポツン」の荒療治に復活の予兆見えた?クラシック候補の再登板はあるか…北村宏司「ドン詰まり」に田原成貴も苦言のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配