GJ > 競馬ニュース > 何故、ディープインパクトが「ダート1600m」!? JRAも見て見ぬふりをせざるを得ない違和感の中、偶然ドゥラメンテが残した“胸熱”展開とは
NEW

何故、ディープインパクトが「ダート1600m」!? ドゥラメンテに有馬記念挑戦の“胸熱”展開?

何故、ディープインパクトが「ダート1600m」!?  JRAも見て見ぬふりをせざるを得ない違和感の中、偶然ドゥラメンテが残した胸熱展開とはの画像1
撮影:Ruriko.I

 ディープインパクトと、キタサンブラック――。2頭とも21世紀を代表する名馬であり、芝3000mの菊花賞(G1)や芝2500mの有馬記念(G1)の優勝馬という共通点もある。

 しかし、ディープインパクトが「東京・ダート1600m」で、キタサンブラックが「阪神・芝1400m」というのは、2頭の現役時代を知るファンからすれば、まったくピンと来ない条件に違いない。

 何なら「もし出走すれば、さすがに苦戦するだろうな」と思ってしまうほど、2頭とは縁がないレース条件である。もちろん、現役時代の出走もない。

 何の話をしているのか、わからないという人が大半だと思う。ならば今週末24日にロードカナロアCが「中京・ダート1800m」で行われると言えばどうだろうか。そう、JRAが70周年記念事業の一環として実施している「JRAウルトラプレミアム」である。

 JRAウルトラプレミアムとは、従来の「JRAスーパープレミアム」の払戻率80%に加えて、「JRAプレミアム」として売上げの5%相当額を上乗せするという、読んで字の如く「ウルトラ」でプレミアムな企画である。

 G1開催直前のレースなどが対象となり、レース名は70周年メモリアルヒーローファン投票によって決まった名馬の名が充てられる。ちなみに2月にはコパノリッキーCというJRAウルトラプレミアムがフェブラリーS(G1)の当日に芝2000mで行われた。

 競馬ファンにとっては非常にありがたい企画なのだが、JRAスーパープレミアムを知らない人からすれば、「何故、コパノリッキーCなのに芝2000m?」と思ってしまうことだろう。ちなみにコパノリッキーは、通算33戦すべてダートという砂の歴史的名馬。引退式になって、騎乗した武豊騎手がDr.コパこと小林祥晃オーナーに「芝も行けるかも」と語ったのは有名なエピソードだが、だから芝2000m開催というわけではないはずだ。

「難しいところですね。JRAの番組としては、なるべく同じ条件が続かないように組まれているため、G1の直近となるJRAウルトラプレミアムの対象レースは、どうしても本番とかけ離れた条件で施行されます。そこにG1の優勝馬の名がレース名になるため、ディープインパクトCがダート1600mなど、違和感を覚える方も当然いるでしょうね。

ただ、現役時代を知っている人はイメージ似合わないかもしれませんが、せっかく超お得な払い戻しになるレースですので、ぜひ参加してほしいです」(競馬記者)

偶然ドゥラメンテが残した“胸熱”展開とは…

 ちなみに、他にもウオッカCの東京・ダート1600mやエアグルーヴCの東京・ダート2100mなど、やはり多くのレースが現役時代のイメージとは大きく異なった条件で開催されるJRAウルトラプレミアム。

 だが、そんな中でもダイワスカーレットCの阪神・芝2000mは普通に本馬が勝ちそうだし、ドゥラメンテCの中山・芝2500mは現役時代を知る人からすれば、「もしドゥラメンテが有馬記念に出ていれば……」と少しワクワクする条件ではないだろうか。

 最後に、ライスシャワーCが芝1200mで開催されることに思わずクスリと笑ってしまったのは、きっと筆者だけではないはずだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

何故、ディープインパクトが「ダート1600m」!? ドゥラメンテに有馬記念挑戦の“胸熱”展開?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  3. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  6. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  7. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  8. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  9. 【皐月賞】「無敗の二冠」視野に入る戸崎圭太の悲願は叶うか?近年の挑戦者は1勝3敗の苦戦…リベンジしたい5年前の悪夢
  10. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート