GJ > 競馬ニュース > C.ルメールVS川田将雅ばかりじゃつまらない?最強外国人や活きのいい若手にも注目!春G1であなたが最も期待している騎手は【GJ読者アンケート】
NEW

C.ルメールVS川田将雅ばかりじゃつまらない?最強外国人や活きのいい若手にも注目!春G1であなたが最も期待している騎手は【GJ読者アンケート】

【この記事のキーワード】, ,
C.ルメールVS川田将雅ばかりじゃつまらない?最強外国人や活きのいい若手にも注目!春G1であなたが最も期待している騎手は【GJ読者アンケート】の画像1
撮影:Ruriko.I

 2月のフェブラリーSも終わり、今週末の高松宮記念から本格的な春のG1シーズンが到来。この後は31日の大阪杯、4月7日の桜花賞、14日の皐月賞と続き、1週間の中休みを挟んだ後には天皇賞・春から安田記念まで6週連続のG1が控えています。

 また、その間にはドバイワールドカップデーもあり、ドウデュースやリバティアイランドをはじめとする国内トップクラスの馬たちが海外で躍動。各路線の最強馬争いも春競馬を大いに盛り上げてくれそうです。

 もちろん、3歳世代のクラシックを含め多くの実力馬が登場しますが、今回は馬ではなく騎手にスポットライトを当ててみたいと思います。そこで読者の皆様には、「春G1であなたが最も期待している騎手」というテーマでアンケートを実施します。

 近年はC.ルメール騎手と川田将雅騎手の一騎打ちが話題となることも増えましたが、中央競馬にはレジェンドの武豊騎手を筆頭に個性豊かなジョッキーたちもいます。

■C.ルメール

 世界最強馬イクイノックスとのコンビはあまりにも有名。謎のスランプに陥った2022年に王座を明け渡すが23年にあっさり奪還した。今年も既に全国リーディングを独走中。このまま大差勝ちを決める可能性も十分だ。

■川田将雅

 かつての乗れる若手も今やトップジョッキーの仲間入り。22年には天敵ルメール騎手から日本人騎手のリーディングを奪い、川田時代の到来をアピールした。寡黙でストイックなキャラクターだが、馬に対しては優しい。

■戸崎圭太

 憎めないキャラクターで人気者。腕は確かで大舞台でも活躍する関東の第一人者。G1で騎乗する機会をもっと増やして欲しい騎手でもある。ミスした際にはしっかりと謝罪する姿も好感。空き巣?何の話ですか?

■坂井瑠星

 国際派の名伯楽としても知られる矢作芳人調教師の秘蔵っ子。端正な顔立ちと積極的な逃げ先行で人気。次代を担うホープとしても注目度NO.1かもしれない。上位人気の逃げ馬になったら迷わず買いだ。

■武 豊

 競馬を知らない人でも武豊なら知っている。かつてオグリキャップやメジロマックイーンとのコンビで名を馳せた若き天才も今年で55歳を迎えた。騎乗馬の質こそ全盛期から落ちたものの、騎手としての腕はまだまだ現役トップクラス。凱旋門賞優勝の夢は続く。

■B.ムルザバエフ

 人気薄の穴馬に乗せたらとにかく怖いドイツの最強助っ人。その手腕はR.ムーア、D.レーン、J.モレイラと比較しても引けを取らない。重賞で何事もなかったかのように二桁人気の大穴を連れてくる穴党にとって非常に頼もしい存在だ。

 ここで名前の挙がった騎手の他にも、注目の若手として活躍している田口貫太騎手や、フェブラリーSで6年ぶりにG1を制覇した藤岡佑介騎手、武豊騎手と並ぶ天才肌の横山典弘騎手とその息子たちなど、大レースに欠かせない騎手もいます。

 選択肢はリーディング上位の騎手をピックアップしていますが、他の騎手でも当然OKです。推している理由も含めて褒め倒してください。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

C.ルメールVS川田将雅ばかりじゃつまらない?最強外国人や活きのいい若手にも注目!春G1であなたが最も期待している騎手は【GJ読者アンケート】のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感