GJ > 競馬ニュース > 武豊も気付いていた「Vルート」が最内に出現!マッドクール、ナムラクレアが激闘も…「外枠全滅」高松宮記念に不公平感ありあり?
NEW

武豊も気付いていた「Vルート」が最内に出現!マッドクール、ナムラクレアが激闘も…「外枠全滅」高松宮記念に不公平感ありあり?

【この記事のキーワード】, ,
武豊も気付いていた「Vルート」が最内に出現!マッドクール、ナムラクレアが激闘も…「外枠全滅」高松宮記念に不公平感ありあり?の画像1
撮影:Ruriko.I

 雨の桶狭間決戦には、やはり波乱の結末が待っていた。

 24日、中京競馬場で開催された春のスプリント王決定戦、高松宮記念(G1)は、坂井瑠星騎手が騎乗した6番人気のマッドクール。8着に敗れた昨年12月の香港スプリント(G1)以来のレースとあって、発表された540キロの馬体重は前走から18キロ増となるデビュー最高体重でもあった。

 前走で減っていた馬体を戻したとはいえ、3ヶ月の休み明け。重賞未勝利馬が大金星を手に入れると信じたファンは、それほど多くなかったかもしれない。

 ただ、パートナーの能力を信じた主戦の坂井騎手の好騎乗も光った。1枠2番からスタートを決めると、逃げた香港のビクターザウィナーと2番手につけたウインカーネリアンの直後の3番手を追走。最後の直線でも内ラチに張り付くようにしっかり伸びた。ゴール前で猛然と追い上げたナムラクレアの底力も素晴らしかったが、何とかアタマ差だけ凌ぎ切った。

内の馬しか伸びなかった今年の高松宮記念

 もちろん、人馬一体で勝利を掴んだ坂井騎手とマッドクールの走りは素晴らしかったものの、G1レースとしては内外の馬場に不公平感があったように思う。

 終わってみれば、1枠2番のマッドクールが1着で2枠3番のナムラクレアが2着。レースをご覧いただいた方ならわかると思うが、どちらも最内から末脚を伸ばしていた馬である。結果的に好走した馬が強いことは間違いないのだが、2頭がもし外枠に入っていたら同じように走れたのかというと、少々疑問が残る馬場状態でもあった。

「この日の中京は最内に“グリーンベルト”でもあるのかと疑いたくなる馬場でした。当日の8Rと9Rでも武豊騎手の騎乗馬がインベタで逃げてそのまま押し切り。道中のラップも超スローという訳でもなくイーブンでしたから、この時点でもう高松宮記念は内を通れる馬しか好走できなさそうな雰囲気でした。

3着ビクターザウィナー、4着ウインカーネリアンは逃げ馬なので外から内に移動できたのがよかったですね。上がり3ハロン最速をマークしたのもナムラクレアですし、マッドクールも2位タイ。極端な話をすると枠順が発表された時点で勝負が決まっていたようにも感じます」(競馬記者)

 前後半3Fのラップを確認してみると34.9-34.0のスローペース。しかも内を走ったナムラクレアが33秒2でマッドクールは33秒7。これでは外を回した馬が全滅したのも無理はなかったか。一言でいうと内しか伸びなかった。馬場が味方したことについては運も実力の内ともいえる。

 その一方で、マッドクールやナムラクレアにとって、真価を問われるのが秋のスプリンターズS(G1)だろう。両馬がスプリント路線でトップクラスの実力馬だったことは、戦前から分かっていた話。偶然の好走ではなかったことを次走でも証明したいところだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

武豊も気付いていた「Vルート」が最内に出現!マッドクール、ナムラクレアが激闘も…「外枠全滅」高松宮記念に不公平感ありあり?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?