GJ > 競馬ニュース > 園田の名手を父に持つ「大型新人」が離れ業で初白星!「僕の所有馬にも騎乗してもらいたい」有言実行の有名オーナーも好騎乗を称賛
NEW

園田の名手を父に持つ「大型新人」が離れ業で初白星!「僕の所有馬にも騎乗してもらいたい」有言実行の有名オーナーも好騎乗を称賛

【この記事のキーワード】, ,

園田の名手を父に持つ「大型新人」が離れ業で初白星!「僕の所有馬にも騎乗してもらいたい」有言実行の有名オーナーも好騎乗を称賛の画像1

「ゴールの瞬間は勝利を確信できませんでしたが、周りから声をかけていただいてようやく確信できました」

 勝利騎手インタビューでレースをそう振り返ったのは、24日の阪神メイン・六甲S(L)をボルザコフスキー(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)で制し、デビュー34戦目にして嬉しいJRA初勝利を飾ったルーキーの吉村誠之助騎手だ。

 同騎手は、地方通算3300勝以上をマークしている園田の名手・吉村智洋騎手を父に持つ期待の大型新人。ただ今月2日のデビューから3週間で未勝利……。23日の阪神12Rは2番人気ネイトで5着に敗れた後、父から「あんな騎乗するならもう2度と乗るな」と叱責もされてしまったようだ。

 結果を出せぬまま迎えたのが、この日のメインレースだった。すでに初白星を挙げた同期もおり、焦りを感じ始める時期ながら、冷静な手綱捌きが光った。

 吉村誠騎手のパートナー・ボルザコフスキーは15頭立て9番人気と低評価だったが、スタートを五分に決めると道中は中団後ろのインコースでじっくりと脚をためる。

 4コーナーもインコースをロスなくタイトに回って直線に入ると、内から3頭目のスペースから馬群を割ってスルスルと末脚を伸ばした。ゴール前では外からワールドウインズが猛追してきたが、最後はハナ差しのいで1着となった。2着馬との差を考えると、両馬の通った進路の違いが結果的に明暗を分けたといえるだろう。

「これがメインレース初騎乗でもあった吉村誠騎手でしたが、肝の据わった好騎乗でした。デビューしたばかりの新人とは思えない見事な立ち回りだったと思います。

ボルザコフスキーは前走重賞で5着と、実績の割に9番人気と低評価でしたが、鞍上が未勝利のルーキーだった影響もあったでしょうか。ただしっかりと結果も残しましたし、これから注目の騎手であることは間違いありません」(競馬誌ライター)

 前日の騎乗については厳しい言葉もかけていた父・吉村智騎手も、息子の待望の初白星に「初勝利まではと毎週競馬場に来ていましたが、これでもう来なくてよさそうです(笑)」と安堵のコメント。吉村誠騎手も「馬主さんをはじめ、先生や関係者の皆様が良い馬を僕の為に用意してくださって本当に感謝しています」と、騎乗を依頼したオーナーはじめ関係者に感謝の気持ちも忘れなかった。

犬塚悠治郎オーナーも好騎乗を称賛

「ボルザコフスキーを所有するのは『ぐりぐり君』の愛称でも知られる犬塚悠治郎オーナーですが、実は吉村誠騎手は競馬学校を卒業したタイミングでその犬塚オーナーに挨拶の手紙を送っていたようです。

これには犬塚氏も『機会があれば僕の所有馬にも騎乗してもらいたいです』とポスト。今回はそれを実行した形となりましたが、実際には期待の所有馬、それもメインレースでデビューしたばかりの新人騎手を乗せるというのは、なかなかできることではないと思いますよ」(同)

 ちなみに犬塚オーナーはボルザコフスキーが勝利した後、自身のXに「ルーキー吉村誠之助騎手が好騎乗してくれました」「JRA初勝利おめでとうございます」と愛馬を勝利に導いた鞍上を褒め称えるポスト。これには2000以上の「いいね」がついており、この中には今村聖奈騎手のアカウントからの「いいね」も含まれている。

「ゆくゆくは日本のトップジョッキーとして名を上げられるように頑張っていきたいです」

 初勝利のインタビューではそう宣言した吉村誠之助騎手。競馬学校卒業生としては史上6人目となるメインレースでの初勝利という離れ業をやってのけたルーキーのこれからの活躍に期待だ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

園田の名手を父に持つ「大型新人」が離れ業で初白星!「僕の所有馬にも騎乗してもらいたい」有言実行の有名オーナーも好騎乗を称賛のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配