GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!
NEW

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!

【この記事のキーワード】, ,

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!の画像1

古馬王道G1シリーズの初戦・大阪杯を紐解く!

 今回は春の中距離王決定戦にして、古馬王道G1シリーズの初戦・大阪杯(G1)を予想していく。

 まずは過去10年、馬券に絡んだ30頭の前走データを見ていこう。17年からG1格付けに変更されているが、ここではG2時代のデータもまとめて見ていく。
金鯱賞 6頭
中山記念 5頭
有馬記念、京都記念 各4頭
ジャパンC 2頭
凱旋門賞、香港C、菊花賞、秋華賞、アメリカジョッキークラブC、神戸新聞杯、小倉大賞典、チャレンジC、中日新聞杯 各1頭
となっている。G1昇格以降、目立つのが金鯱賞(G2)からの臨戦。次いで中山記念(G2)をステップに臨む馬も多い。前走G1で休み明けぶっつけで臨む馬がいないわけではないので、前哨戦を使った馬とぶっつけ本番の馬との比較や分析は欠かせない。

 続いて人気順の成績を見ていく。
1番人気 2-2-3-3
2番人気 4-1-1-4
3番人気 0-1-0-9
4~6番人気 2-5-4-19
7~9番人気 2-1-1-25
10番人気以下 0-0-1-44
となっている。1番人気は手堅く走っている反面、3番人気の凡走が目立つ。近5年では1番人気、2番人気がともに3頭、1頭だけの3番人気も近5年の話なので、上位人気は平均的に来ているように見える。上位人気がすべて飛んだ年はないので、必ず何かは来ると思って良さそうだ。また、割って入る馬も基本は中穴クラスだと思っていていいが、昨年は10番人気が3着に来ているので、取捨は慎重にした方が良さそうだ。

 

これらを踏まえて「◎」は6番ジオグリフとする。

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!の画像2
ジオグリフ 撮影:Ruriko.I

 一昨年の皐月賞(G1)を最後に、勝ち星がない。3歳時は日本ダービー(G1)のあと天皇賞・秋(G1)を使うなど、国内で王道のローテーションを使われていたが、結果が出ず。そこから4歳時の半分は海外遠征に費やし、サウジC(G1)の4着が目立つ程度の成績で帰国。そこからは宝塚記念(G1)→南部杯(G1)→チャンピオンズC(G1)と狙いが定まらず、迷走していた感も。結果もついては来なかった。

 それが、前走の中山記念で約1年10カ月ぶりの馬券圏内入り。このレースの前哨戦として使ったつもりだったのだろうが、馬も復調気配にあって、水の合う中距離で結果が出た、といったところか。

 陣営も用意周到に「先週末、ジョッキーに乗ってもらって課題を見つけ、それを修正しながら調整を続けてきた」とのこと。「フットワークも馬の雰囲気も上がっている」ということで、「滞在競馬でギリギリまでしっかり調整したい」と、今回は気合いの入り方が違う。

 3歳クラシックの当時は、イクイノックスを下して皐月賞を獲り、ドウデュースと互角の競馬をしていた馬。トンネルは長いが、ようやく光が見えてきた。G1馬で、かつ前走好走している割に人気がないのも、馬券妙味がある。

 

「○」は7番ハーパーを挙げる。

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!の画像3
ハーパー 撮影:Ruriko.I

 昨年の牝馬三冠レースでは、桜花賞(G1)こそ4着だったが、オークス(G1)2着、秋華賞(G1)3着と善戦。続くエリザベス女王杯(G1)でも3着と、同世代の牝馬でもトップクラスの実力があることを見せつけた。

 陣営は「前走(有馬記念)は相手も含めて条件的に厳しかった」と振り返り、敗戦止むなしといった雰囲気。今回に関しては「ここを目標に順調に乗り込み、きっちり仕上がった」と自信ありげだ。

 ただ、前走の有馬記念(G1)からぶっつけ本番になること、さらに鉄砲駆けにも一抹の不安があることも事実。今回のメンバーはハナを主張したい馬がおらず、一団でスローの流れになった場合、決め手勝負になると見劣りするのも不安点ではある。

 だが、この馬自身が前目につけて直線押し切るタイプなので、展開ひとつで有利にも働くはず。実績上位の割に人気がなく、美味しい馬だけに押さえてみたい。

 

「▲」は8番プラダリアを推す。

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!の画像4
プラダリア 撮影:Ruriko.I

 前走の京都記念(G2)の予想で自信の◎を打ち、見事勝利してくれた。京都コースは水が合うのか重賞を2走して2勝という好成績を挙げている。

 陣営からは「有馬記念では調整の結果、気持ちが乗りすぎてしまったところがあった。前走はそこを変えた結果、最後ももう一伸びしてくれた」と高評価。「一瞬の脚は使えないが、併せれば勝負根性を見せてくれる。近走のレースぶりなら阪神2000mでも」と期待は大きい。

 陣営も触れているように、2000mという距離がこの馬には微妙なところで、適距離はもう少し長いはず。それだけに脚を余したり、難しいレースを強いられる可能性がある。

 だが、前哨戦の重賞を勝って臨む勢いは捨てがたいところがある。前走・京都記念もローテーションとして好走例が多いだけに無視はできない。

 

「△」は11番ベラジオオペラと、穴馬12番キラーアビリティの2頭

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!の画像5
ベラジオオペラ 撮影:Ruriko.I

 ベラジオオペラは、昨年日本ダービーを4着したあと、菊花賞(G1)をスキップして中距離のチャレンジC(G3)に出走して勝利。前走は▲プラダリアに競り負けての2着となったが、この2戦で歴戦の古馬とも遜色ない実力は示した。

 陣営も「前走は上手く競馬したものの、相手にもう一伸びされてしまった。本質的に距離が影響したかも知れない」と振り返る。「中間の動きはスムーズで、前走より一段階上がった感じ」として、「阪神コースとは好相性で、2000mの方がいいので期待している」と色気たっぷりのコメントを出している。

 阪神コースは2戦2勝。皐月賞こそ10着に大敗しているが、1800~2000mで4勝を挙げており、中距離が適距離であることは一目瞭然だ。今回の人気馬の中で、最も現実的に来そうな馬として押さえておきたい。

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!の画像6
キラーアビリティ 撮影:Ruriko.I

 キラーアビリティは21年のホープフルS(G1)の覇者。だが、春のクラシックではまったくいいところがなく、結果的に都落ちするような格好で一昨年の中日新聞杯(G3)を勝って一度は復活したかに見えた。だが、その後が続かず。いいところ掲示板までといったレースが続いていた。

 しかし、前走サウジアラビアに遠征したネオムターフC(G2)で人気薄ながら2着に食い込み、再度復活の狼煙を上げたかのように見える。

 陣営も「(2走前の)中日新聞杯あたりからいい頃の雰囲気に戻ってきた」とやはり復調を実感している様子。その上で「帰国後は阪神競馬場で調整を進め、最終追い切りでも折り合いに問題なく良い動きだった」「今のデキで上手く立ち回れば出番もあると思う」とデキの良さを強調している。

 5歳ながら、すでに「過去の馬」的な存在になりつつあるキラーアビリティ。だが、ここで馬券圏内に入るような好走を見せれば、また人気も出てくる。いろいろ条件は付いてくるが、復調した実力馬と考えて、一発狙いの押さえをしておきたい。


 人気しそうな3番タスティエーラは、今回のメンバーでは実績最上位。まがりなりにもダービー馬でもあるが、ノド鳴りの“爆弾”を抱えている。陣営は今のところ症状は出ていないとしているが、自信を持って押さえるほど信用できまい。

 10番ソールオリエンスも実力ならタスティエーラと互角なはずだが、中山記念を完敗しただけに、馬が本調子ではない可能性がある。陣営のコメントも冴えず、黙って消し。2番ローシャムパークは香港ではいいところなしに負けているだけに、危険な人気馬と見ている。

 ということで、今回は6番、7番、8番、11番、12番の5頭で3連複BOX10点勝負とする。人気しそうな馬は1頭のみ。G1馬が実力通りに来てしまえば、馬券も紙くずになってしまうが、今回は一昨年のような大荒れになると見て、穴馬たちの激走に期待したい。

トーラス神田

トーラス神田

オグリ引退の有馬記念をリアルタイムで見ている30年来の競馬好き。ウマ娘キャラがドンピシャの世代。競馬にロマンを求め、良血馬にとことん目がない。おかげで過去散々な目に遭っている。そのくせ馬券は完全データ派。座右の銘は「トリガミでも勝ちは勝ち」。

【大阪杯(G1)予想】タスティエーラ&ソールオリエンスは黙って消し! 最強イクイノックス世代の大物の復活に懸ける!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?