GJ > 競馬ニュース > 【大阪杯】ノーザンファームの「締め出し作戦」が大成功?フルゲート16頭に11頭の大攻勢…「幻の1番人気候補」が無念の門前払い
NEW

【大阪杯】ノーザンファームの「締め出し作戦」が大成功?フルゲート16頭に11頭の大攻勢…「幻の1番人気候補」が無念の門前払い

【この記事のキーワード】, ,
【大阪杯】ノーザンファームの「締め出し作戦」が大成功?フルゲート16頭に11頭の大攻勢…「幻の1番人気候補」が無念の門前払いの画像1
撮影:Ruriko.I

 2017年にG1昇格を果たした大阪杯(G1)だが、初年度に優勝したキタサンブラック以外は、現役最強馬に相応しいとは言い難い馬もいた。今年の出走メンバーに関しても、本来なら主力を形成してもおかしくない4歳世代が低調で、ネットの掲示板やSNSなどでは「まるでG2」「ドバイに全部持っていかれた」「そろそろ開催時期を見直した方が……」と存在意義を心配する声も見られる。

 一部のファンからレースレベルの低下を危惧する声が出る理由として、真っ先に思い浮かぶのは、同時期に開催されるドバイワールドカップデーの存在である。今年もドウデュースやリバティアイランドをはじめ、トップクラスの馬が複数遠征するため、例年以上に小粒なメンバーとなりそうだ。

苦戦が続く4歳世代のニュースターに注目が集まったが……

 ただ、そんな顔触れが揃った中でもニューヒーローとして大きな注目を集めたのが、現在2連勝中のロードデルレイ(牡4、栗東・中内田充正厩舎)である。

 本馬はデビューからここまでの成績は6戦5勝。出走したレースすべてで上がり3ハロン33秒台の切れ味を披露している逸材だ。自身初の重賞挑戦となった昨年の神戸新聞杯(G2)で4着に敗れはしたものの、クラシックで上位を争った馬たちと遜色ない実力を証明した。

【大阪杯】ノーザンファームの「締め出し作戦」が大成功?フルゲート16頭に11頭の大攻勢…「幻の1番人気候補」が無念の門前払いの画像2
川田将雅騎手はドバイシーマクラシックにリバティアイランドと参戦

 2走前からコンビを組んだ川田将雅騎手との相性も良く、ウェルカムS(3勝クラス)と白富士S(L)を危なげのない競馬で快勝。一線級が不在の大阪杯なら勝ち負けを期待されたのも無理はない。

 しかし、高いポテンシャルを評価する陣営が大事に使ってきたこともあり、G1に出走するためには賞金不足の現実も立ちはだかった。

 フルゲート16頭の大阪杯でロードデルレイの出走馬決定順は、20頭中の17番目というボーダーライン。賞金上位の馬が1頭回避してくれなければ、晴れ舞台に参戦が叶わないという危機に直面した。滑り込みで出走が叶えば、1番人気に支持されても不思議ではなかったが、残念ながら28日の出馬確定に本馬の名前はなし。結果的に“幻の1番人気”となってしまった。

【大阪杯】ノーザンファームの「締め出し作戦」が大成功?フルゲート16頭に11頭の大攻勢…「幻の1番人気候補」が無念の門前払いの画像3
ソールオリエンスらノーザンファーム勢はチャンス

「邪推かもしれませんが、ノーザンファームに危険な1頭としてマークされた可能性もありそうです。大阪杯には登録の段階からノーザンファームの生産馬が12頭もエントリーしていたんです。モリアーナはロードデルレイより下の18番目でしたが、残りの馬はすべて出走に漕ぎつけました。

個人馬主では真似をすることは不可能ですが、生産界の一大勢力を誇る最大手のノーザンファームであれば、とにかく出られそうな馬を大量に投入することも可能です。そういう意味では、最大の脅威となりそうなロードデルレイを“締め出す”こともできなくはありません。もちろん出る馬すべてに勝つチャンスはありますし、別に悪いことをやっている訳でもないです」(競馬記者)

G1でもはや恒例となったノーザンファームの運動会

 記者がそう話した通り、最終的に今年の大阪杯で出走馬16頭中11頭がノーザンファームの生産馬だったため、G1でもはや恒例となった“ノーザンファームの運動会”といったところか。

 ロードデルレイの陣営としては無念の門前払いとなってしまったが、次走以降でしっかりと賞金を上乗せすることに成功すれば、今回のような不戦敗も避けられるはずだ。本馬のG1制覇を期待していたファンから恨み節が出たのも、それだけロードデルレイに期待していたということだろう。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【大阪杯】ノーザンファームの「締め出し作戦」が大成功?フルゲート16頭に11頭の大攻勢…「幻の1番人気候補」が無念の門前払いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

17:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「出禁」になったO.ペリエ「税金未払い」騒動!? L.デットーリ「コカイン使用」K.デザーモ「アルコール依存症」過去の”外国人騎手トラブル”に呆然……
  2. 「素行不良」で干された若手の更生に関西の大御所が名乗り! 福永祐一を担当した大物エージェントもバックアップ…関係者から「優遇され過ぎ」の声
  3. 目を掛けた愛弟子の「造反」に師匠がブチ切れ!? 今村聖奈、角田大河の謹慎中に存在感発揮も…安田記念前に師弟関係で遺恨勃発か
  4. 【青葉賞】武豊「ダービーに出さないといけない」キタサンブラック弟シュガークン出陣! 相性抜群レース完勝も、本番に不安材料?
  5. 【天皇賞・春(G1)】馬券圏内100%の激走で5万馬券的中!? 四位洋文が福永祐一に授けた「金言」とは… 11番人気2着スティッフェリオにあった鉄板級の法則
  6. 須貝尚介厩舎「重賞50連敗」ゴールドシップ、ソダシら手掛けた名門が苦戦…相次いだ誤算と見えてきた光明
  7. 横山武史「乗り替わり」の無念を晴らす重賞勝利に会心ガッツポーズ! 初のメイン勝ちなど大暴れ「妹弟子」の活躍も刺激に?
  8. 【マイラーズC】団野大成がソウルラッシュで代役V!安藤勝己氏、田原成貴氏も安田記念に好感触…「申し訳ない気持ちです」元主戦が悔やんだ2年前の大失態
  9. 【天皇賞・春】天才・福永洋一も嘆いた稀代のクセ馬「気まぐれジョージ」…ドゥレッツァら逃げ馬に注意を払いつつ今年狙うのは【東大式必勝馬券予想】
  10. 「ニューヒロイン候補」小林美駒が見せた著しい成長!リーディング争いに敗れても勝負強さでベテランを圧倒…女性騎手戦線に「新時代到来」の予感