GJ > 競馬ニュース > 大阪杯は最強5歳世代に注目!イクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレスを【完封】したジオグリフに復活の予感!
NEW

大阪杯は最強5歳世代に注目!イクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレスを【完封】したジオグリフに復活の予感!

【この記事のキーワード】, ,
大阪杯は最強5歳世代に注目!イクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレスを【完封】したジオグリフに復活の予感!の画像1
今年の大阪杯は昨年のダービー馬よりも最強5歳世代に注目!

■トップホース不在の大混戦!

 今週末は春の古馬中距離王決定戦、大阪杯(G1)が行われる。残念ながらリバティアイランド、ドウデュース、スターズオンアース、プログノーシスといった現役トップクラスの実力馬たちはドバイや香港への遠征を選択したため、この大阪杯には出走しない。それでも、昨年の日本ダービー(G1)を制したタスティエーラや皐月賞(G1)を勝ったソールオリエンス、秋華賞(G1)の勝ち馬スタニングローズ、キラーアビリティ、ジオグリフなど5頭のG1馬を筆頭に、エピファニー、ステラヴェローチェ、プラダリア、ベラジオオペラ、ハーパー、ローシャムパークなど出走馬のほとんどが重賞ウィナーという好メンバーが揃った。

 この大阪杯を検証する上で1つのポイントとなるのが、世代間レベルといっていいだろう。イクイノックスやドウデュースの最強世代といわれる現5歳世代は、昨年の有馬記念(G1)、宝塚記念(G1)、天皇賞・春(G1)、天皇賞・秋(G1)、ジャパンC(G1)など古馬のG1レースを席巻した。その一方で、昨年のクラシックを沸かせた現4歳世代の評価は今ひとつ。昨年の日本ダービー馬タスティエーラは有馬記念で完敗し、ソールオリエンスは有馬記念だけでなく、中山記念(G2)でも格下馬相手に敗退している。果たしてこれがその世代の実力なのか、如何とも判断し難い。やはりこの大阪杯も登録馬20頭中8頭を占める5歳世代が中心といっていいのではなかろうか。

大阪杯は最強5歳世代に注目!イクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレスを【完封】したジオグリフに復活の予感!の画像2
皐月賞の豪脚が影をひそめるソールオリエンスの復活はあるのか?

 中でも注目されるのは、皐月賞でイクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレス、ダノンベルーガといった実力馬を完封し、見事勝利を達成したジオグリフだ。同馬は皐月賞を勝ちながら菊花賞(G1)に出走せず、3歳時で天皇賞・秋に挑戦。そして香港C→サウジC→ドバイワールドC→宝塚記念→マイルCS南部杯→チャンピオンズCとさまざまな条件のレースを転々とし、陣営の方針が迷走状態といえた。しかし前走の中山記念から芝に戻り、敗退したものの、今までと異なるレース内容で3着に好走し復活を印象づけたのである。

 そもそも同馬は芝でデビュー勝ちし、2戦目で札幌2歳S(G3)を勝利。そして皐月賞を勝利したほどの馬。皐月賞と同じ右回りの芝2000mのレースに出走するのは、国内ではその皐月賞以来というのは意外だが、G1を制した同条件であれば、この大阪杯は絶好のチャンスといえる。

 現5歳世代の強さは昨年の有馬記念でドウデュースが1着、スターズオンアースが2着、ジャスティンパレスが4着という結果でも証明されている。つまり今回のメンバーであれば、かつてその強豪たちに勝利したジオグリフの復活勝利があっても驚けないのだ。

 そんな大阪杯はどんな情報が存在しているのか、どんな関係者の思惑があるのか。さらなる詳細を聞くために、競馬情報のプロ集団である「競馬セブン」に話を聞いた。

「今年の大阪杯は昨年の天皇賞・秋(G1)上位馬や、有馬記念の上位2頭がドバイ遠征を決断したこと、さらにこのレースの優先出走権がある中山記念の勝ち馬マテンロウスカイ、そして金鯱賞(G2)の優勝馬プログノーシスが出走しないこと、昨年の菊花賞(G1)を制した現4歳世代の大将格ドゥレッツァが不在。さらにドバイデーと重なりC.ルメール騎手、川田将雅騎手、武豊騎手といったトップジョッキーが不在ということもあり、かなりインパクトの薄いレースとなっています。

 しかし、これはこれで我々としては大歓迎。混戦模様になればなるほど、配当妙味が上がり、我々の情報が活きるからです。すでにこのレースで鍵となる【隠れ穴馬】を発見しており、この馬が馬券に絡めば想定配当は馬連で30~50倍、3連単では300~500倍の配当が見込めるほどです」(競馬セブン関係者)

 このように語る競馬セブンは、総監督に元JRA騎手で元競馬学校教官の徳吉一己を置き、嶋田潤、二本柳俊一の元JRA調教師、元社台グループの重鎮である林勲、ベテラン競馬記者の古川幸弘など、本物の競馬関係者が多数所属しており、その情報力と分析力に定評がある。

大阪杯は最強5歳世代に注目!イクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレスを【完封】したジオグリフに復活の予感!の画像3
武豊×ドウデュースの復活を見抜いた有馬記念の完全的中

 実際に先々週のフラワーC(G3)では、特別な社台グループ情報によって、勝利したミアネーロを本命に8番人気2着ホーエリート、3着カンティアーモの決着を見抜いて3連単3万4620円の万馬券を含む馬連4590円、3連複6650円のパーフェクト的中を達成。さらに過去の大阪杯は万馬券を含め何度も的中させており、昨年の有馬記念では4万馬券を含む完全的中を成し遂げている。これほどの実績があるのだから、大阪杯で把握している【隠れ穴馬】がどんな馬なのか、そこに注目が集まるのは当然といえる。

「この大阪杯は世代別の戦いという視点で見ても面白いと思います。特に4歳世代は社台グループが力を入れており、巻き返しに全力投球という話も聞きます。確かに彼らの生産したクラシック馬がその後結果を出せないとなれば、大きなマイナスイメージになりますからね。

 しかし関係者の話を聞くと、4歳勢の成長具合が思ったほどではないという声もあり、現状では4歳馬は苦戦傾向にあるといえます。それでもその状況を打破するために逆転の一手を狙う作戦もあるようで、その思惑が嵌まればファンもマスコミも驚く激走もあり得るでしょう。

 対して6歳馬はステラヴェローチェのみですが、関係者にとって同馬の復活は明るい材料。前走から相手関係は一気に強化されますが、底力のある馬なので前走からの上積みをしっかりチェックしています。

 そして最強世代の5歳馬ジオグリフは、さすがにイクイノックスやドウデュースには劣るものの、その世代で皐月賞を制した馬ですし、このメンバーであれば上位の評価にあるといっていいでしょう。他にもプラダリアやローシャムパークなども侮れないといえます」(競馬セブン関係者)

 今年の大阪杯はやはり難解な一戦といっていい。傑出馬不在は間違いなく、どの馬を本命にすべきか、誰もが最後まで悩むのではなかろうか。そしてもう1つ重要なポイントとして、阪神内回り2000mの枠順と馬場状態に関して語ってくれた。

「阪神内回りコースで行われる大阪杯は、コース適性と展開、そしてトラックバイアス(日々変わる馬場状態の傾向や枠順による有利不利)が非常に重要です。展開の鍵を握る馬がどの枠に入るのか。内枠が苦手な有力馬がどの枠に入るのか。最新のトラックバイアスもしっかり分析し、どの馬に有利に働くか、どの馬に不利になるのかを正確に把握して買い目を決めることが重要です。

 競馬セブンとしては、総監督である徳吉のもと、陣営の思惑や各馬の状態、力関係をしっかりと分析し、重要な社台グループ情報は、林勲のチームが徹底的にリサーチ。フラワーCは社台グループ情報で、【隠れ穴馬】である8番人気2着ホーエリートの激走で完全的中をお届けしましたが、ここもかなりの手応えがありますよ。

 この大阪杯で我々が把握するホーエリート級の【隠れ穴馬】に関する詳細は、マスコミへの転載を危惧して現時点では明かせません。しかしその懸念が払しょくされるレース当日、さらに枠順と馬場傾向を踏まえた上で最終決定となりますが、かなりの好配当が期待できる状況となっており、我々も今か今かと週末が待ち遠しいです。

 なお今回の大阪杯は春競馬を盛り上げる特別イベントとして、当日に決定する【隠れ穴馬を含む大阪杯の馬連3点買い目】を無料で公開することになりました。プロの視点で提供する本物の情報を参考にして、この大阪杯を勝負してください」(競馬セブン関係者)

 一般的なスポーツ紙や競馬専門紙に記載されている競馬記者の予想や印は、印刷や流通の都合もあって枠順が確定する前に決定することが多い。つまり大阪杯の重要な要素である、枠順やトラックバイアスは正確に反映されていないということになる。その情報を参考にすることがいかに危険か、これ以上の説明は不要だろう。つまり正確な情報を余すことなく入手するためには、競馬セブンの情報を活用することがベストなのだ。

 今年の大阪杯は例年以上に難解だが、競馬セブンの情報があれば安心して勝負できるのはいうまでもない。来週以降も桜花賞(G1)や皐月賞、天皇賞・春と大きな勝負が待っている。そこに向けて確かな的中を手にするためにも、今週末の大阪杯は競馬セブンの無料情報をしっかりと活用しよう。

CLICK→特別無料公開!【大阪杯「馬連3点勝負買い目(穴馬含む)!」】競馬セブン

※本稿はPR記事です。

大阪杯は最強5歳世代に注目!イクイノックス、ドウデュース、アスクビクターモア、ジャスティンパレスを【完封】したジオグリフに復活の予感!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. ジャンタルマンタル、NHKマイルC(G1)大本命に急浮上!? 川田将雅「素晴らしいレース」もう1頭の有力お手馬「鞍上未定」の裏事情
  2. 福永祐一厩舎「G1出走権獲得」に胸中複雑!? 皐月賞トライアル「ハナ差4着」で出走権逃した3日後に転厩決定
  3. 関東のホープが永島まなみ、藤田菜七子ら抑え「史上最多」注目レースV! 東西の名門厩舎からも騎乗依頼、「頼れる男」がいよいよカムバック
  4. 【皐月賞】パンサラッサ級「大暴走」でまさかの最下位…「力みが強かった」浜中俊も制御できず、メイショウタバルに抱いたファンの不安
  5. J.モレイラ「これからも楽しめる」ハクサンムーン弟が超出世レースを快勝! 7戦5勝「遅れてきた大物」が兄の果たせなかったG1制覇に王手!
  6. 【マイラーズC】2連敗中の川田将雅騎手×セリフォスのコンビ継続に疑問の声?「やっぱりレーンじゃなきゃ」「なぜ藤岡佑介を乗せない?」。一方、逆転を狙うノーマークの穴馬が急浮上!
  7. 【皐月賞】戸崎圭太「康太が後押し」ジャスティンミラノ無敗戴冠!「この馬と共にダービー勝って、いい景色を」5年前の“忘れ物”回収へ最高のスタート
  8. 【皐月賞】メイショウタバル「史上最速」タイムでシンガリ大惨敗…「ゲート入りに手間取った時に」父ゴールドシップの難しさが露呈?
  9. 【福島牝馬S(G3)展望】今年「50戦0勝」騎手が本命馬に騎乗!? リバティアイランドに迫った実力を示せるか
  10. 古川奈穂「重賞チャンス」3歳快速馬で圧巻の逃走V! 「最後も余裕がありました」矢作芳人厩舎「30.5%→21.8%」でも進む“親離れ”?