GJ > 競馬ニュース > 【皐月賞】「遅れてきた超大物」シックスペンスの出走は未確定?定年間近の国枝師の願いは叶うのか…前哨戦楽勝でも「ルメール争奪戦」を避けられない裏事情
NEW

【皐月賞】「遅れてきた超大物」シックスペンスの出走は未確定?国枝師の願いは叶うのか…楽勝でも「ルメール争奪戦」を避けられない裏事情

【この記事のキーワード】, ,

【皐月賞】「遅れてきた超大物」シックスペンスの出走は未確定?国枝師の願いは叶うのか…楽勝でも「ルメール争奪戦」を避けられない裏事情の画像1

 先週はトライアルの若葉S(L)、スプリングS(G2)が開催され、皐月賞(G1)のメンバーが少しずつ見えてきた。

 共同通信杯(G3)で2歳チャンピオンのジャンタルマンタルがジャスティンミラノに完敗、その後の弥生賞ディープインパクト記念(G2)も上位人気馬が伏兵コスモキュランダに敗れた。現時点では昨年のホープフルS(G1)を制したレガレイラが一歩リードといったところだろうか。

 そんな状況の中、スプリングSを楽勝したシックスペンス(牡3、美浦・国枝栄厩舎)は、勢力図を塗り替えてもおかしくないパフォーマンスを演じた。定年間近の国枝師にとっても、ようやく牡馬クラシックを狙える逸材が登場したかもしれない。

鞍上の起用やローテーションに厩舎サイドと牧場サイドで温度差も

「ただ、3戦無敗で意気揚々と皐月賞に向かうのかと思いきや、レース後の国枝師の表情やコメントからは少し微妙な雰囲気だった気がします。どうやら国枝師はノーザンファームの使い方やローテーションに不満がありそうなんですよね。

例えば牝馬のステレンボッシュについても、チューリップ賞(G2)を使って、栗東滞在で桜花賞(G1)に行きたかったようなんですが、賞金が足りているということでノーザンサイドが早々に直行のローテを確定。馬本位の厩舎サイドと、生産馬全体で捉える牧場サイドで考え方に相違があるということでしょう。

調教師は管理馬の最適ローテと状態を優先するのが当然であり、牧場サイドは他の生産馬との兼ね合いでクラシックの出走枠をどれだけ占められるかを最優先に考えますから」(競馬記者)

 例えば牝馬路線の場合、ノーザンファーム系の馬は阪神ジュベナイルF(G1)の勝ち馬アスコリピチェーノ、2着ステレンボッシュ、アルテミスS(G3)勝ちのチェルヴィニアは直行。その他の賞金の足りない馬をトライアルに使って権利を取るのが今の主流になっている。

 こういった“使い分け”については牡馬も同様であり、シックスペンスに関して厩舎サイドは弥生賞に使いたかったようだが、ノーザンファームサイドはトロヴァトーレの方を評価していたため、シックスペンスがスプリングSに回される形になったらしい。

 結果的にノーザンサイドの目論見は外れ、シックスペンスが想像以上の強さを見せたことで皐月賞に参戦する可能性が濃厚。今後については東京農工大の先輩後輩の間柄でもある国枝師と天栄の木實谷場長との話し合いになるだろう。

 万全を期して国枝調教師の悲願である日本ダービー(G1)1本に絞るのか、ローテーションは厳しくなるが、皐月賞を使ってからダービーになるのかは気になるところ。いずれにしても馬の状態を見て今週末には発表されるはずだ。

【皐月賞】「遅れてきた超大物」シックスペンスの出走は未確定?国枝師の願いは叶うのか…楽勝でも「ルメール争奪戦」を避けられない裏事情の画像2
C.ルメール騎手 撮影:Ruriko.I

 とはいえ、そこで鞍上問題も浮上する。基本的にトライアルまでは“使い分け”の関係でC.ルメール騎手に任せるが、当然ながら本番で乗れるのは1頭のみ。競馬ファンの興味はルメール騎手がどの馬を選ぶのかとなるが、ノーザンファームがどの馬にルメール騎手を乗せるのかを決めるのが実際のところである。

「競馬場でルメール騎手が木實谷場長に『牡馬ではどの馬が一番いいですか?牝馬の方は?』などと確認する光景は何度も目にしたことがあります。木實谷場長は関東に入厩するノーザンファーム生産馬のほとんどを把握しているので、情報や進捗状況は誰よりも持っていますからね。

ルメール騎手もその辺は把握しているので、一番いい馬に乗れるように情報収集しているのでしょう。今のところ桜花賞はチェルヴィニア、皐月賞はレガレイラに騎乗する予定ですが、結果次第でオークス(G1)や日本ダービーで違う馬に乗っている可能性もありそうですよ」(同)

 記者が話したようにシックスペンス陣営としては思うところもあるだろうが、調教師や騎手の思惑はどうであれ、最終的にはノーザンファームの裁量ひとつ。引退までに何としてでも牡馬クラシックのタイトルが欲しい関東の名伯楽としては、何とも頭が痛い話となりそうだ。

GJ 編集部

GJ 編集部

真剣勝負の裏にある真実に切り込むニュースサイト「GJ」の編集部です。これまで作成した記事は10000本以上。競馬歴10年超えの情報通が業界の「しがらみ」を取り払った「本音」や「真実」にも臆することなく、他のサイトとは一線を画したニュース、サービス提供を行っています。

真剣勝負の真実に切り込むニュースサイト「GJ」

Twitter:@GJ_koushiki

Instagram:@goraku.horse.racing0505

【皐月賞】「遅れてきた超大物」シックスペンスの出走は未確定?国枝師の願いは叶うのか…楽勝でも「ルメール争奪戦」を避けられない裏事情のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上?モチベーション低下に近年の風潮も関係…「ラスト騎乗」は皐月賞開催日の中山か
  2. 武豊、C.ルメール、川田将雅らも一度だけ! 急遽の代打・北村宏司に「最高級の栄誉」レガレイラ1番人気ならグレード制導入以降5度目の快挙
  3. ドウデュース、イクイノックスも「足をすくわれた」超難解レース…皐月賞(G1)春の中山最終日で馬場悪化?「激走必至の超強力穴馬!」
  4. 「長い距離は合います」C.ルメールも高評価の「長距離砲」が武豊と天皇賞・春へ! 皐月賞参戦レガレイラと「歴史的快挙」が一気に2つ見られる可能性?
  5. 【皐月賞】前走で失敗した武豊に「秘策」あり?エコロヴァルツは2枠3番、「ボクが長所を引き出せれば」「勝負になっていい」と虎視眈々
  6. 【皐月賞】M.デムーロ「クロフネに似ている」“化け物”の弟と芝G1制覇へ! 新たな「二刀流伝説」幕開けの予感?
  7. 【皐月賞】衝撃のルメール離脱でレガレイラ陣営がトーンダウン?一気に浮上した社台グループ“陰の主役”とは
  8. 「どうして自分ではダメなのか」降板告げた師匠に直訴…G1で乗り替わりが珍しくなかった時代、引退まで義理を貫いた名手が見せた恩返し
  9. 関東のベテランに「電撃引退」の噂が急浮上? 【桜花賞】武豊スウィープフィート4着善戦も!?  「ゲートに尻尾が挟まった?」2番人気が「大出遅れ」で…【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  10. 皐月賞3頭出し矢作芳人厩舎の「期待度MAX」はシンエンペラーにあらず!?「決め手は世代トップクラス」秘密兵器導入の“2番手”に勝負気配